ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

スカイマークの直行便が大好評♪
今こそサイパン!

スカイマークの直行便が大好評♪ 今こそサイパン!

スカイマーク》の東京(成田)-サイパン線のデイリー直行便がスタートしたことにより、ぐーんと身近になったサイパン。魅力いっぱいの海を楽しむなら今がチャンス! まだサイパンに行ったことがない皆さんも、サイパンが大好きな皆さんも、今すぐサイパンに行ってトコトン楽しんじゃいましょう♪

スカイマーク》の東京(成田)-サイパン線のデイリー直行便がスタートしたことにより、ぐーんと身近になったサイパン。魅力いっぱいの海を楽しむなら今がチャンス! まだサイパンに行ったことがない皆さんも、サイパンが大好きな皆さんも、今すぐサイパンに行ってトコトン楽しんじゃいましょう♪

※2020年3月現在の情報です。

サイパンがダイバーに
おすすめの理由

初心者からベテランまで、あらゆるダイバーにおすすめのサイパン。その理由を紹介します。きっと皆さんも行きたくなること間違いなし!

【その1】
抜群の透明度を誇る“マリアナブルー”!

サイパンの海の大きな魅力のひとつが、抜群の透明度。“マリアナブルー”と呼ばれる、透き通るようなブルーの海に包まれて、爽快感たっぷりのダイビングを楽しむことができます。そこに色鮮やかなトロピカルフィッシュが群れる華やかなシーンは、まさに南国の海のイメージ。また、「グロット」に代表される地形スポットでは、太陽の光が頭上から射し込む神秘的なシーンを楽しむことも。一度体験すれば、その美しさに虜になること間違いなしです。

地形スポットで見られるブルーのグラデーションも見事

地形スポットで見られるブルーのグラデーションも見事

【その2】
大物から固有種まで生物が豊富!

サイパンの海に潜ると出迎えてくれるのが、色とりどりのユニークな魚たち。人気のクマノミの仲間のほか、チョウチョウウオやハナダイといったカラフルな魚、砂地に生息する珍しいハゼ類、サメや回遊魚などの大物と、あらゆるダイバーを満足させるラインナップがそろっています。

中でも注目したいのが、サイパンならではのミクロネシア固有種。ダスキーアネモネフィッシュやトレイシーズデモイセルなど、小さくてかわいらしいものが多いので、ガイドに教えてもらうといいでしょう。一方で大物好きの人には「グロット」の外洋で見られるギンガメアジの群れや「アイスクリーム」などで見られるマダラトビエイの群れがおすすめ。ときにはジンベエザメやブラックマンタ(全身真っ黒のマンタ)が現れることもあるというから見逃せません。

ミクロネシア固有種といわれるダスキーアネモネフィッシュ

ミクロネシア固有種といわれるダスキーアネモネフィッシュ

【その3】
ビーチもボートも両方楽しめる!

ボートダイブがメインという南の島が多い中、サイパンではビーチダイブも非常に盛ん。「グロット」、「オブジャンビーチ」、「ラウラウビーチ」の3大ビーチスポットを擁し、幻想的な地形や魚群など、ボートスポットに負けないほどの大迫力の水中シーンを楽しむことができます。もちろん、ボートスポットも充実しており、島周辺のスポットに加え、海況が安定する夏場は、島の北部やテニアン島周辺などへ足を延ばす絶好のチャンス。ビーチとボートをうまく組み合わせて、サイパンの海の魅力を思う存分味わいましょう。

ビーチでもボートでも楽しめる人気スポット「グロット」。ビーチからエントリーの場合はジャイアントストライドで

ビーチでもボートでも楽しめる人気スポット「グロット」。ビーチからエントリーの場合はジャイアントストライドで

【その4】
観光やショッピングなど
陸の楽しみもいっぱい!

海の中の充実度はもちろん、陸上の充実度もサイパンの大きな魅力。島の西側の海岸線に点在するホテルは、施設充実のリゾートホテルからリーズナブルなプチホテルまでさまざまで、予算や旅のスタイルに合わせて選ぶことが可能です。ガラパン地区を中心に、レストランやギフトショップなど、アフターダイブ処も充実しており、夜遅くまで開いているお店も多いので、ダイビング後にも十分に楽しむことが可能。各リゾート内にあるスパも女性を中心に人気で、トリートメントのメニューも充実しているので、滞在中に一度は試してみては?

さまざまなお店が軒を連ねるパセオ・デ・マリアナス

さまざまなお店が軒を連ねるパセオ・デ・マリアナス

【その5】
わずか3時間半で楽々アクセス

なによりうれしいのは、《スカイマーク》の直行便を利用して、約3時間半でアクセスできること。フライトの時間も、サイパンをたっぷり満喫できるように設定されており、短い休みでもしっかりと南国ライフを楽しむことができます。《スカイマーク》のフライトの詳細は以下をチェック!

なによりうれしいのは、《スカイマーク》の直行便を利用して、約3時間半でアクセスできること。フライトの時間も、サイパンをたっぷり満喫できるように設定されており、短い休みでもしっかりと南国ライフを楽しむことができます。《スカイマーク》のフライトの詳細は以下をチェック!

わずか3時間半で楽々アクセス

《スカイマーク》で
サイパンへひとっ飛び!

2019年11月より東京(成田)-サイパン間のデイリー直行便を就航した《スカイマーク》。

2019年11月より東京(成田)-サイパン間のデイリー直行便を就航した《スカイマーク》。
そのサービスの良さで、早くも多くのダイバーから支持を集めています。

フライトスケジュール

行きはサイパンに15:00着なので、翌日に備えてゆっくりくつろげるのが魅力。また帰りはサイパン発が16:35なので、観光やショッピングなどたっぷり遊んでから日本に帰ることができます。

●運航期間:
2020年3月29日〜10月24日

便名 東京(成田)発→サイパン着
SKY811便 10:15 → 15:00
便名 サイパン発→東京(成田)着
SKY816便 16:35 → 19:30

※表示時刻はすべて現地時刻です。サイパンは日本よりプラス1時間の時差となります。
※スケジュールは変更になる可能性があります。

お得な運賃でサイパンへ!

スカイマークなら、驚くほどお得な運賃でサイパンへ! 「いま得」「たす得」は空席状況に応じて運賃額が変動するので、早めの予約がおすすめです。

「いま得」「たす得」

※別途、旅客サービス施設使用料、国際観光旅客税、燃油サーチャージ、入国審査料などが必要です。
※各運賃の販売座席数には限りがあります。便によっては販売されない場合もあります。

「いま得」「たす得」詳細はこちら

「いま得」「たす得」詳細はこちら

スカイマークだけの特典

サイパン国際空港~ホテル間の送迎シャトルバス(スカイマークシャトル)の利用が無料となるキャンペーンを実施中!(通常は片道500円) 3月31日までの予定でしたが、好評につき6月30日まで無料キャンペーンの延長が決定しました。空港~ホテル間の移動の手配を自分でしないですむので、とても楽チンです。

スカイマークだけの特典

スカイマークならではの
快適なフライトをお約束♪

スカイマーク》での空の旅は快適さも抜群! シンプルで温かなサービスと落ち着いた空間が評判で、リラックスした旅を過ごすことができます。

スカイマーク》での空の旅は快適さも抜群! シンプルで温かなサービスと落ち着いた空間が評判で、リラックスした旅を過ごすことができます。

預け手荷物は23kg×2個まで無料※

ダイバーにうれしいのが、預け手荷物が1個あたり23kgまでで、2個まで無料ということ。自分の器材でサイパンでのダイビングを楽しみたいダイバーも安心です。荷物の多いダイバーには「フォワードシート」(後述)もおすすめ。
※サイズは3辺(たて・よこ・高さ)の合計が158cm(62インチ)以内が無料です。

預け手荷物は23kg×2個まで無料

ゆったりとしたシートピッチ

スカイマークで採用している座席のシートピッチは、31インチ(約79cm)。LCCにはない、ゆったりとしたシートピッチで、快適な空の旅を楽しむことができます。

ゆったりとしたシートピッチ

食事&ドリンク類を無料提供

スカイマーク初の国際線となるサイパン線では、食事とドリンク類を無料で提供。往路の食事は季節感のある食材を用いた和食メニューで、昼食にちょうど良いボリューム。復路はサイパンの伝統的なチャモロ料理が提供されます。
※写真は2020年3月1日~5月31日期間中の東京(成田)発の機内食となります。

食事&ドリンク類を無料提供

各座席にコンセントを用意

スカイマーク》の飛行機には、各座席下にコンセントが装備。離陸して約5分後~着陸約10分前まで利用することができ、とても便利です。

スカイマーク》の飛行機には、各座席下にコンセントが装備。離陸して約5分後~着陸約10分前まで利用することができ、とても便利です。

各座席にコンセントを用意

そのほか、事前座席指定も無料で可能など、快適な旅をサポートするサービスがいっぱいのスカイマーク。この快適さを皆さんもぜひ体験してみてください。

ダイバー注目! フォワードシートの利用で旅がさらに快適に♪

「フォワードシート」は、すべての運賃に追加料金5,000円で利用可能な、最前列の足元が広い席。足元が広いだけではなく、以下の各種サービスも併せて利用することができます。 ※座席数に限りがあります。

●優先搭乗・優先降機

●枕、スリッパやデザートの無料サービス

●手荷物の優先返却サービス

●デザートプレゼント

フォワードシート

スカイマークの詳細・予約は

スカイマーク公式Webサイト スカイマーク公式Webサイト
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE