ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

サイパン・テニアン・ロタの観光スポットを巡る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現地ガイドの最新口コミ情報満載! サイパン・テニアン・ロタの観光スポットを巡る!

南の楽園、サイパン・テニアン・ロタの行き方は?

 どこまでも透き通る美しい“マリアナブルー”の海が堪能できる、サイパン・テニアン・ロタ。
 アクセスは成田から直行便で約3時間30分でサイパンに到着。各地方からはグアム経由でサイパンへ行く方法もある。テニアン・ロタへはサイパンから国内線で移動し、所要時間はテニアンへは10分、ロタは30分だ。
 ダイビングはビーチもボートも有名スポットが目白押し! 抜群の透明度を誇るビーチスポットから、洞窟や地形、沈船、マニアなマクロ生物まで見どころ満載だ。また、地形に差し込む光が美しい「グロット」や「スポットライト」は絶対に押さえたいスポット。さらには「ディンプル」のカスミチョウチョウウオの群れに取りかこまれれば、まさに夢見心地な気分に。

日本(成田)から直行便で約3時間30分、あっという間に常夏の楽園サイパンへ!
日本(成田)から直行便で約3時間30分、あっという間に常夏の楽園サイパンへ!

現地ガイドに聞く!

これからの時期(8〜11月)の見どころは?

●「ラウラウビーチ」「オブジャンビーチ」「ディンプル」「ナフタン」といったサイパン定番スポットの透明度、海況が良好で、スキルレベルに左右されずに気持ちの良いダイビングができるでしょう。
(《MSCサイパン》Shunjiさん)

●夏場限定のポイント「スポットライト」におけるレーザービームかのような太陽光は必見!また同様に夏の午後にしか見られない「グロット」における光のカーテンも必見の価値有り!!この夏のサイパンは誰しもが魅了される光の島です☆
(《MAKESURE DIVING》高橋卓さん)

●海況も引き続き安定し、透明度も上がり、非常に良いコンディションが続きます。11月に入ると少し北方面からの風が強くなり始め、日によっては水面がサワサワする日もありますが、比較的まだ安定しています。
(《MOCダイブセンター》HIROさん)

●これからの時期は「ラウラウビーチ」のアジの群れ、「グロット」の光のカーテンが美しく、ぜひ見て頂きたいシーンです。
(《PALDIVERS CLUB》吉村香さん)

●9月いっぱいまでは「ロタホール」ですね。 ロタのスポットでもあり、光のシャワーはダイバーだからこそ味わえるものです。ただ、10月以降になると太陽の光がホールの上を通らなくなるので光のシャワーは見られなくなります。 よく耳にするのが光の入らない「ロタホール」なら行かないと言われることもありますが、光が入らないときの方が、よりロタブルーが味わえるんですよ。地形的にもおもしろいですしね。そんなときは「ロタホール」のアレンジバージョンでご案内しております。
(《SIRENA MARINE SERVICE ROTA》林万記さん)

●「ディンプル」のカスミチョウチョウウオが一番たくさんいる季節です。「オブジャンビーチ」は、午後日射しの高い時間の水中の明るさが最高です。
(《S2CLUBサイパン》若杉忠昭さん)

●11月までは29度前後とまだ水温も高く、どのスポットでもじーっくり楽しめると思います。のんびり潜るなら特にビーチダイブがおすすめです。なかでも「オブジャンビーチ」は白砂がキレイな南の島らしいスポットです。人気のガーデンイールにどこまで寄れるか勝負!
(《アクアマリン》押領時蘭子さん)

●「ロタグロット」の洞窟内の水面から差し込む光のシャワー、外洋のドロップオフは透明度60m以上の絶景です。クリスタルブルーの中に閉じ込められたような感覚をぜひお楽しみください。
(《ROTA SCUBA CENTER RUBIN》山本博さん)

●雨季から乾季へ変わる時期で、海況が安定して透明度も高いビーチダイブがオススメです! 「ラウラウビーチ」のアジ玉、「オブジャンビーチ」のリゾート感たっぷりの真っ白な砂地、「グロット」の豪快な地形。
(《Peace Divers》廣木大志さん)

●8〜11月はちょうど雨季から乾季に変わる時期です。乾季のメインのスポットのインリーフの透明度が上がってきます。インリーフのスポットは有名な「沈船・松安丸(ショウアンマル)」「カワニシ弐式飛行艇」があります。ここ近年マダラトビエイが集まるということで、人気が上がった「ダブルレック(ランディングクラフトとも呼ばれる)」から始まり、「カワニシ弐式飛行艇」から「松安丸」まで見所をダイジェストでお届けする「インリーフドリフト」と言うコースも人気があります。
(《WONDERSEA SAIPAN Inc》AKARIさん)

●「バンザイ」「スポットライト」「ウィング」等の北部ポイントがおすすめ。地形と透視度がすばらしい。
(《ブルージャスパー・サイパン》皆川治彦さん)

光のカーテンが美しい人気地形スポット「スポットライト」
光のカーテンが美しい人気地形スポット「スポットライト」
冬場になるにつれ見られるようになってくるのがマダラトビエイ「アイスクリーム」
冬場になるにつれ見られるようになってくるのがマダラトビエイ「アイスクリーム」
「ディンプル」ではイエロー×ホワイトが美しいカスミチョウチョウウオがたくさん!
「ディンプル」ではイエロー×ホワイトが美しいカスミチョウチョウウオがたくさん!
ダイナミックなロタの沈船スポット「松運丸」
ダイナミックなロタの沈船スポット「松運丸」

現地ガイドに聞く!

おすすめの記念撮影スポットは? —水中編—

●「グロット」の左穴前は荘厳なる青い光をバックに撮る記念写真は絶対価値あり! ほかにも人気ビーチスポット「オブジャンビーチ」は、現地語で「白い砂」という意味。真っ白なビーチに真っ青な海と空をバックに撮る写真はThe南国☆
(《MAKESURE DIVING》高橋卓さん)

●3〜9月までは「ロタホール」ですね。光のシャワーの中ではスポットライトが当たっているかのようです。 ホール以外でも沈船やドロップオフなどいろいろですが、どのポイントで撮影してもロタのこの透明度が写真を引き立ててくれます。
(《SIRENA MARINE SERVICE ROTA》林万記さん)

●「オブジャンビーチ」の水中の石文字は、場所と日付が入ってザ・記念撮影といった雰囲気です。透明度も抜群で記念ダイブなどにも最適。
(《S2CLUBサイパン》若杉忠昭さん)

●「ナフタン」は冬にかけてだんだんと透明度が高くなり、地形派のダイバーに人気のドロップオフスポット。浅瀬はホソカマスの群れが見られたり、深い場所にはシコンハタタテハゼ、アオマスクが見られます。
(《AQUACONNECTIONS,INC》星野真男さん)

●ありきたりではありますが、「グロット」の穴の前での撮影。撮るのも撮られるのも非常に簡単で、ノンダイバーの友人も感動するはずですよ!
(《アクアデルレイ・サイパン》小島輝秋さん)

●定番ですが「オブジャンビーチ」の石カレンダー! その日一番のエントリーなら、日付を直せる特典も!
(《アクアマリン》押領時蘭子さん)

●「ロタグロット」の光の中で記念写真は一押し。
(《ROTA SCUBA CENTER RUBIN》山本博さん)

●オブジャンの水中の日付の石文字。毎日一番最初にそのエリアに到着したチームが日付を変更しています。誰がはじめたかわかりませんが、ここ何年かずーっと続いています。
(《WONDERSEA SAIPAN Inc》AKARIさん)

「オブジャンビーチ」は白砂には石で日付が書かれた記念撮影スポットが有名!
「オブジャンビーチ」は白砂には石で日付が書かれた記念撮影スポットが有名!

マニャガハ島のアクティビティも楽しい!

 サイパンに訪れたらダイバー、ノンダイバーを問わず必ず訪れたい場所がマニャガハ島だ。マニャガハ島はサイパンから船でわずか15分のところにあり、ここのビーチはダイブ&トラベル大賞2013にて10年連続1位を受賞したほど美しさ、楽しさを兼ね備えたビーチだ。マニャガハ島に行ったら、ビーチにパラソル&チェアを置いてゆっくりくつろぐもよし、アクティビティでパラセイルからバナナボート、スノーケル、体験ダイビングまでマリンアクティビティを思う存分楽しもう(《ターシーツアーズ》にてアクティビティを楽しめる)。

マニャガハ島に行ったら、パラセイルからバナナボートまでマリンアクティビティを思いっきり楽しみたい!
マニャガハ島に行ったら、パラセイルからバナナボートまでマリンアクティビティを思いっきり楽しみたい!

現地ガイドに聞く!

おすすめの記念撮影スポットは?—陸上編—

●5〜6月はマリアナリゾートホテル前の火炎樹(フレームツリー)はとてもキレイ。広大に広がる芝生にそびえる紅の火炎樹に何処までも続く青い空との配色はビビット感100%! さらにはサイパン島を一望出来るサイパン一の山、タポチョ山から眺める景色、写真は360度大パノラマですよ。
(《MAKESURE DIVING》高橋卓さん)

●《マリアナリゾート&スパ》や《マンディアジアンスパ》。夕方はここでの撮影は一番のオススメスポットです。落ち着いた大人の雰囲気がとても素晴らしいですよ!
(《MOCダイブセンター》HIROさん)

●《ハイアットリージェンシーサイパン》のマイクロビーチのサンセットがとてもキレイです。
(《PALDIVERS CLUB》吉村香さん)

●当社オフィス前で晴天時に見られる夕焼けは、絵葉書のような最高の記念写真が撮れます。見てもヨシ、撮ってもヨシ。
(《AQUACONNECTIONS,INC》星野真男さん)

●陸上はクロスポイントからの夕陽をバックに。
(《ROTA SCUBA CENTER RUBIN》山本博さん)

●ガラパン(中心街)のマクドナルドの裏のビーチ! 遠浅が続いていて、サンセット時には海も空もオレンジに染まります♪ イイ構図が作れるヤシの木もあり、簡単に「南国リゾート写真」が撮れますよ。
(《Peace Divers》廣木大志さん)

美しいビーチがいっぱいあるサイパン。もちろんショッピングモールのお買い物もはずせない!
美しいビーチがいっぱいあるサイパン。もちろんショッピングモールのお買い物もはずせない!

ビーチ&ビュースポット

タポチョ山

タポチョ山

標高474mのサイパン島が一望できるビュースポット。晴天であればサイパン島内が360度眺めることができ、緑と美しいマリアナブルーの海まで一度に楽しめる。

ウイングビーチ

ウイングビーチ

人気のダイビングスポットでもある「ウイングビーチ」。午後はプライベート感あるひっそりとした雰囲気のビーチでまったりできる。

マニャガハ島のビーチ

マニャガハ島のビーチ

人気のマニャガハ島のビーチはひときわ美しいビーチと海が印象的。その美しさは1度訪れたら何度も足を運びたくなるほど。

現地ガイドに聞く!

おすすめのお食事処といちおしメニューを教えてください。

●《海坊主》の鰹のたたきがおすすめです!
(《MOCダイブセンター》HIROさん)

●《SALTY‘S》のポキ丼を始めとしたサイパンローカル料理とBBQetcや、《747レストラン》バーニャカウダ,ミートフォカッチャ,渡り蟹のパスタもおすすめ。さらには《アグライア》チキンケラグエン,アヒカツ(マグロの生焼きカツレツ),冷静バジルスパゲッティも美味です。さらには《波レストラン》のハンバーグカレー,魚介類のブイヤベース(要事前予約)、《CASA URASHIMA》のアボガドとマグロのワサビクリーム,ラムチョップグリル,クリームブリュレも人気。
(《MAKESURE DIVING》高橋卓さん)

隠れ家レストラン《CASA Urashima》はこだわりのパスタやピザはもちろんのこと、アボガドとマグロのわさびクリームは絶品。一度食べたらやみつきに
隠れ家レストラン《CASA Urashima》はこだわりのパスタやピザはもちろんのこと、アボガドとマグロのわさびクリームは絶品。一度食べたらやみつきに

●《SALTY'S》チャモロ料理(現地料理)の「ビーフキャラグエン」「カツオのポキ」がおすすめ。
(《MOCダイブセンター》HIROさん)

●《ハイアットリージェンシーサイパン》の中にある《都》の土曜日の夜限定のお寿司バイキングは絶品です! あとはガラパン地区にある《波レストラン》は全体的にリーズナブルでハンバーグは絶品です。
(《PALDIVERS CLUB》吉村香さん)

●何軒かありますが、リピーターさんは《東京苑》と《ピザリア》を利用されますね。《東京苑》は日本食レストランで焼肉や丼物などいろいろです。 ときどき新鮮な魚が入っていればお刺身やローカル風刺身(キハダマグロ、カジキ、シイラ、サワラ、カツオなど)が食べられます。《ピザリア》はピザやパスタ、ステーキがおすすめ。ピザは「ハリウッド・ピザ」がおすすめで、私が昔からトッピングしていたものが名前になってしまったものです。なぜ名前がハリウッドなのかはわかりません。また、タイスタイルの手羽先も美味しいです。ちょっとピリ辛ですが、ビールに良く合いますよ〜♪
(《SIRENA MARINE SERVICE ROTA》林万記さん)

●《ダイニング&バー747》の渡り蟹のパスタ、《ABYSS》のタコのガーリック炒めはお気に入りです。
(《S2CLUBサイパン》若杉忠昭さん)

●《SALTY'S》のご当地料理ケラゲン(現地の言葉で混ぜるという意味合いの酸っぱ辛い料理)がおすすめで、チキン、ビーフ、海老などの食材が選べます。
(《AQUACONNECTIONS,INC》星野真男さん)

●新規開店が少ないサイパンですが、最近新しくできた「波レストラン」が人気です。味良し・ボリューム良しで連日ダイバーでにぎわっております。ちなみに私はカツカレーばかり食べております。
(《アクアデルレイ・サイパン》小島輝秋さん)

●ガラパンの《波レストラン》。ちょっと冷えたかな?という日のランチには豆腐チゲがサイコーです。
(《アクアマリン》押領時蘭子さん)

●《東京苑》の焼肉定食ロタペッパーを添えて、はおすすめ。
(《ROTA SCUBA CENTER RUBIN》山本博さん)

●《ダイニング&バー747》の渡り蟹のパスタ! 今やサイパンを代表するメニューで絶品です。
(《Peace Divers》廣木大志さん)

●《ジェイスレストラン》のディープフライドシュリンプ(大きな海老フライ)。また、《グロットレストラン》のガーリックステーキは、お肉が柔らかくておいしいです。次の日のレギュレーターは、ちょっとにおいますが……笑。
(《WONDERSEA SAIPAN Inc》AKARIさん)

●《ダイニング&バー747》のバーニャカウダ、《崋山亭》(中華料理) の ショウロンポウ、《将軍》(韓国料理) の サムギョプサルはおすすめです。
(《ブルージャスパー・サイパン》皆川治彦さん)

おすすめのお店

鮮な魚介料理が堪能できる

MobyDick

MobyDick

サイパン唯一のシーフード専門レストラン。サイパン近海の新鮮な魚介類を毎日仕入れ、アメリカンテイストな料理に。アメリカから空輸したメインロブスターにサイパン近海のロックロブスターも楽しめる

チャモロ料理が食べられる

SALTY’S

SALTY’S

1階はバー、2階はオープンデッキでわいわい楽しめるお店。ポキなどのおいしいチャモロ料理が食べられるほか、BBQもできて人気。

パスタからデザートまで全部食べたい

CASA Urashima

CASA Urashima

口コミ情報も多かったこのお店は、アボガドとマグロのわさびクリームというメニューがサイパン内で人気沸騰。一度味わったら、また訪れたくなるほど虜に。またデザートの種類も豊富で南国フルーツ・マンゴーをあしらったものは、ほっぺたが落ちるほどのおいしさ。

NEWオープンの人気店!

波レストラン

波レストラン

最近ガラパンエリアにオープンしたレストラン。昼は定食屋さん、夜は居酒屋に。ここのハンバーグはふっくらジューシーで美味。また付け合わせまですべて美味しいので毎日通いたくなる味だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連書籍Book concerned

関連するMarineDiving

2015年6月号

2015年6月号

2015年3月号

2015年3月号

2014年12月号

2014年12月号

2014年9月号

2014年9月号

2014年6月号

2014年6月号

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • 久米島観光協会
  • オリオン
  • AQROS
  • マリンダイビングフェア2019
  • MDShop Amazon
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • おすすめダイビングツアー
  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビングクラブ
  • 海のBooks&Goods
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • マリンダイビングフェア2019
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント