年間120万人が訪れるダイビング情報サイト

  • ホーム
  • その他
  • “人生のバディ”を見つけよう!結婚相談所の上手な使い方

ダイビングライフもさらに充実
“人生のバディ”を見つけよう!
結婚相談所の上手な使い方

“人生のバディ”を見つけよう

ダイビングを安全に楽しむのに欠かせない「バディ」の存在。それは人生においても同じこと。人生のバディを見つけるにはどうすればいいかを考えたとき、ひとつの選択肢となるのが「結婚相談所」です。本気で結婚したいダイバーの皆さんのために、結婚相談所がどんなところで、どのように利用すればいいのか、結婚相談所ならではのメリットなどを詳しくうかがってきました。

今回お話をうかがったのは・・・

岡田 弓未子さん
M’sブライダルジャパン豊洲支店
エグゼクティブカウンセラー/エレガンスマナーインストラクター

ダイビング歴25年、経験本数約2,300本。PADIダイブマスターで潜水士免許も持つ、バリバリのダイバーである岡田さん。ご主人が亡くなった際、やはり人生もダイビングもバディがいることでより豊かなものになると実感し、これまでに取得したマナーのインストラクター資格や各種アドバイザーの資格を生かして、結婚相談所のカウンセラーとして”人生のバディ”作りのサポートをスタート。コロナ禍でなかなか人とのふれあいが難しい昨今、ひとりでも多くの人が人生のバディを見つけ、心の拠り所ができるよう、日々サポートし続けています。

結婚相談所ってどんなところ?

――結婚相手を探すにはいろいろな方法があると思いますが、「結婚相談所」というとけっこう敷居が高い気がします。そもそも結婚相談所は、どのようなところなのでしょうか。

岡田:はい、最近はコロナの影響もあり、ご登録する方が急激に増えております。結婚相談所とは簡単に言えば独身の男性女性が生涯のパートナーを探していただき、ご結婚に結びつくサービスを提供する所です。

では簡単に流れを説明しますね。

①無料カウンセリング

まずは日時を決めて私とお会いしましょう! 緊張すると思いますが、私も海を愛するダイバーです。ご挨拶の後、海の話を織り交ぜながら徐々にリラックスしていただいてからシステムのご説明をします。また実際にどのような方が登録されているかを検索画面でご覧いただきながらイメージしていただきます。

そしてどんな手続きが必要かの説明を分かりやすく丁寧に行ないます。結婚相談業は法律に沿ったご案内と書類の締結が必須のため、独身証明書、公的な身分証明書、お写真、卒業証明書、収入証明書(男性のみ)、資格証明書を揃えていただくことになります。これはカウンセリングで詳しくご説明します。またご入会にあたり、内容をよくご理解いただいた上でご記入いただく幾つかの書類があります。必要な手順ですが私が全力でお手伝いしますからご安心ください。

会員登録が完了し1週間のクーリングオフ期間の後にいよいよバディ(お見合い相手)探しが始まります。一緒に頑張りましょう。

②お相手探し

ご結婚相手の条件やご希望などはしっかり伺いましたので、そこからカウンセラーが「この方にはこういうお相手がいいのではないか」と候補者様を探していきます。当社にご登録いただいている会員様の中から理想に合う方をご紹介します。と同時に「良縁ネット」という会員検索システムもご利用いただけます。カウンセラーによるオーダーメイドのお相手探しと並行して、全国の登録者様の中から24時間ネット検索も可能です。

③お見合い

男性側と女性側の両方より「お見合いOKです」というGOサインが出ましたら、いよいよお見合いです。日時や場所などのセッティングはカウンセラーが調整します。ホテルラウンジなど静かで落ち着いた場所が好ましいですね。私のお見合い前のブリーフィング(レッスン)は無料ですから、ご不安があれば何でも遠慮なくご相談ください。

④交際スタート

お見合いで双方とも好感触を得られましたら、交際をスタートしていただけます。カウンセラーは、ほどよい距離を保ちながら、お二人の恋愛を応援いたします。

結婚相談所のルールとして交際期間はフルネームと連絡先の交換はOKですが、SNSのIDなどを教え合うことはお控えいただいています。お互いのプライバシーをしっかり守り、安心して交際を進めていただく為にも、大人の婚活に一定の線引きは必要なことです。また交際期間のご旅行はNGですから、ダイバー様であれば、そうですね、例えば水族館などの近場日帰りデートなどがよろしいのではないでしょうか。

⑤ご婚約・ご成婚

おめでとうございます! お二人のお気持ちがひとつになりましたら、ご入会の際にお預かりした個人情報データをお返ししまして退会となります。

これが一連の流れになります。

――ここまででかかる費用はどれくらいですか?

岡田:弊社では2つのコースを設けています。
Aコースは初期費用を抑えたコースで、入会金100,000円で毎月10,000円の月会費、お見合い料を1回につき5000円いただいております。またBコースは200,000円で、こちらは月会費とお見合い料はかかりません。またどちらのコースも、めでたくご成婚が決まったら成婚料として200,000円を頂戴します。コースによってサービス内容が異なることはなく、どなた様にも同じように出会いのチャンスをご提供します。ですから、コロナ禍を鑑みながらお相手探しをしたい場合には、それぞれの人生プランにもよりますが、Bコースをお選びいただくのがいいかなと思います。※上記料金に別途消費税がかかります。

イメージ図1

結婚相談所を利用するメリットは?

――結婚相談所でお相手を見つけるまでの流れはよくわかりました。では、結婚相談所を利用することにはどのようなメリットがありますか?

岡田:結婚相談所は何となく敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、そこをメリットとして考えていただけたらと思います。

婚活アプリやSNSなど、今はいろいろなネットツールがありすぎて、かえって情報過多になってしまいましたね。リアルな形で会員様の理想に近いお相手様をご紹介できるのが、結婚相談所ならではの大きな魅力。この様な時代だからこそアナログの良さをフル活用して欲しいです! 先ほど流れの中で必要書類についてお話しましたが、お預かりした公的証明書や学歴証明書などをもとにご登録にあたり審査を慎重に行ないます。会員様には最初に少し手間はかかってしまいますが、これがお身元が確かな方と出会える理由に繋がりますよ。プライバシーを守りつつ安心してお相手を探していただけるところが結婚相談所の強みだと思います。

――身元が確かな人と出会えるのは大きなメリットですね。

岡田:はい。真剣に結婚したいと思ってらっしゃる方がご登録するのですから、おっしゃる通り大きなメリットです。特に今の時代だからなおさらですよね。日々お仕事が多忙すぎてSNSやネットはご覧になれない、コロナの影響でプライベートのお友達と疎遠になってしまった、合コンの機会が減った、ダイバーや海関連もですけど、イベントが少ない、そもそもない、など様々な理由で結婚願望があっても探しに行けない。その様な方に対してカウンセラーがしっかりフォローして理想に近いお相手を紹介しますので、結婚相談所のシステムは合理的だと思います。

――そうですね。世の中で自分の好みに合う人を探そうと思っても、見つけるのはなかなか大変ですよね。例えば「ダイビングをしている人」や「これからダイビングをやってくれそうな人」を希望すれば、紹介していただけるのですか?

岡田:私はダイバーの方を応援したいという想いが強いので、「ワイド好きなダイバーがいい」とか「マクロの一眼を教えてくれるバディがいい」など、そういったことも含めて相談していただければと思っています。実際にぴったりの方が見つかるかどうかはわかりませんが、全力で探させていただきます。

――結婚相談所だと、自分に合う人に出会える確率がぐっと上がるということですよね。

岡田:居住地や年齢、職業、ダイビングも含めた趣味嗜好、すべてがマッチする方が必ず世の中にはいると思います。その方を探すのは「ジンベエサーチ」のようなものですね。博打的に行ったり来たりするか、いくつか船があってお互いに情報交換をしながらジンベエを見つけるか。そんな感じで結婚相談所をうまく利用していただいて、人生のバディを見つけていただければ、私も幸せです。

――なるほど、自分にぴったりの相手が見つかる確率が高いというのも結婚相談所のメリットですね。
それと、お見合いをするまで名字の交換もなかったり、交際して初めてフルネームや電話番号の交換がOKになるなど、プライバシーがとても重視されているのもポイントでしょうか。

岡田:はい、「本当にこの人と合いそうだ」というところまでいって初めて、個人情報を交換するわけですから、安心だと思います。会ってみて「合わないな」と思ったら、その場では特に何も言わず、後でカウンセラーに言ってお断りしていただければいいわけです。

――ちょっと話をしてみて「この人は違うな」と思っても、その後しつこくつきまとわれることもないということですね。ここまでお話しいただいた「身元が確か」「最適な相手が見つかる確率が高い」「プライバシーがしっかり守られる」というメリットに加え、やはりカウンセラーの存在も大きいと思うのですが。。。

岡田:はい。私自身がこの道を選んで言うのはおこがましいですが、結婚カウンセラーは常にアンテナを広げ、より良いサポートができる様に日々研鑽を重ねております。M’sブライダルはカウンセラーのレベルが高く、またお人柄優れた素晴らしい会員様が多数在籍しておりますので、私もカウンセラーの一員として誇りと責任を感じながらがんばっております。

――カウンセラーは、ダイビングでいうとインストラクターに近い感じがありますね。

岡田:そうですね。ダイビングのインストラクターは海での安全に関わってきますが、結婚相談所のカウンセラーは人生の方向性を左右する仕事だと思います。お互い信頼関係を築いて成り立つ、というところでは、ダイビングインストラクターもカウンセラーも一緒だと思います。

――自分の人生を預ける相手ですからね。そのかわりカウンセラーさんも、本気でその方の人生を考えてサポートしてくれるということですね。

イメージ図2

カウンセラーからのアドバイス

――結婚相談所を利用するうえで、何かアドバイスはありますか?

岡田:結婚相手を探す上で理想やご希望を持つことは大切ですが、最初に望みが凄く高すぎてしまうと難しいこともあります。たとえばご希望の年齢があまりにも離れてしまいますと・・もちろん、うまくマッチングする方もいらっしゃいますので一概には言えませんが、この場合あらゆる面でスーパーマクロよりワイドな視点を持たれた方がいいと思います。

――逆に自分にぴったりの人を見つけやすい人はどんな人ですか?

岡田:カウンセラーのことを信頼して、何でも相談し、きちんと自分の希望を伝えられる人ですね。その人自身の収入やスペックよりも、まずはその人が一緒に協力できるかというところだと思います。とにかく自分自身を正直に出して、その人柄がきちんと伝われば、十分チャンスはあります。例えばダイバーの場合、ダイビングという共通の趣味があればマッチングしやすいでしょうし、「ダイバーである」ということはイコール健康であるということでもありますので、心身の健康もアピールできるのではないでしょうか。どんな方でも平等にチャンスがあり、その方の良さを引き出せるのもカウンセラーの腕だと思いますので、何でも相談していただきたいですね。

――豊洲であれば岡田さんが全力でサポートしてくれるというわけですね。

岡田:はい、オフィスは豊洲ですが、極力お客様のご都合に合わせた出張カウンセリングを行なっています。ご多忙な方がスムーズに婚活に進めるためにも柔軟に出向きたいと思っていますので、詳しくは遠慮なくご相談ください。

場所についてはプライバシーがきちんと確保できるホテルのラウンジまたは落ち着いたカフェが宜しいと思います。ホテルのラウンジでは、実際にお見合いのシミュレーションを兼ねることもあります。また弊社の本社ラウンジにて面談させていただくことも可能です。東京駅から近く地方の方でもご利用しやすいと思います。全て予約制となっているので早めにお問い合わせくださいね。

本社ラウンジは東京駅からすぐ

本社ラウンジは東京駅からすぐ

――ここまで結婚相談所について、いろいろとお話をうかがいましたが、本気で結婚したいダイバーの皆さんにとって、非常に有効なものだと思いました。最後に岡田さんのほうから、読者の皆さんにひと言お願いできますか?

岡田:やはりダイビングは1人より2人で楽しむレジャーということに尽きると思います。海外のダイビングサービスだと、必ずバディシステムで潜りますから、見ず知らずの人と組むよりも、そこはやはり人生のパートナーとご一緒したほうが、より楽しいことは間違いないですよね。自分がやっていて相手がやっていなくても、「結婚して一緒にやろう」という形でも全然いいと思います。

また、ダイビングと結婚相談所の共通点として、海では男女問わず様々な年齢ご職業の方に会えますが、結婚相談所でも、普段接点のないご職業の方だったり、あるいは同業者様が良いなど、あらゆるご職種の方と縁を繋ぐことが可能です。居住地や再婚死別お子様ペットのこと等、デリケートな個々のご事情に合わせたセッティングを慎重に承ります。

私の目的は、お客様に結婚相談所という合理的なツールを上手に活用していただき、最終的に幸せになっていただくことです。この想いが、今まさに結婚したい独身ダイバーの皆様の心に響いたらうれしいです。私ががんばってご成婚のご縁を繋げたダイバーカップル様から素敵な海外ウェディングのご報告があったら最高ですよね。その頃は状況が落ち着いて海外のリゾートウェディングが普通にできるようになって、そういったハッピーな報告が聞けるといいな、なんて想像するだけでもう多幸感です。

ご夫婦ダイバーがいつしか子連れダイバーになり、海に大きな輪が広がっていく。人生のバディもダイビングバディ。そのご希望が現実になりますように精一杯心を尽くしてがんばります。

独身婚活ダイバー様を対象に応援キャンペーンを実施します。豊洲支店へのご入会者様がCカードをご提示していただくと入会金を10%OFFいたします。

※2021年8月31日迄

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE