ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

第1回 水中写真を楽しむ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ちょっとの工夫でこのうまさ 水中写真の取り方

バックナンバー

第1回 水中写真を楽しむ

第2回 シチュエーション別撮影のポイント

第3回 写真の構図の話

第4回 編集の基本

第5回 解決!ストロボ活用術

第6回 レンズの読み解き方

第7回 マクロ撮影、基礎の基礎

第8回 ワイドレンズで海の迫力を表現する!

第9回 水中写真の撮り方・アクセサリーパーツひとまとめ

第10回 イルカを撮る

第11回 ジオを撮る

第12回 旅先での陸写真の撮り方

第13回 ダイバーの撮り方

集中連載 地球の海フォトコンテスト2015 第1回

集中連載 地球の海フォトコンテスト2015 第2回

集中連載 地球の海フォトコンテスト2015 第3回

第17回 冬の海を撮ろう~ワイド編~

第18回 冬の海を撮ろう~マクロ編~

第19回 浅瀬でキラキラ写真

第20回 ピント合わせの基本

第21回 マクロ撮影でのピント合わせを上達させよう!

第22回 画面構成を考える~マクロ編~

第23回 画面構成を考える~ワイド編~

第24回 背景で写真が変わる!!

第25回 ライティングを工夫する

第26回 マンタ撮影のコツ

第27回 ウミウシ撮影のコツ

第28回 回遊魚撮影のコツ

第29回 クマノミ撮影のコツ

第30回 ウミガメ撮影のコツ

第31回 ハゼ撮影のコツ

第32回 イルカ撮影のコツ

第33回 カエルアンコウ撮影のコツ

第34回 魚群撮影のコツ

第35回 ギンポ、カエルウオ撮影のコツ

第36回 地形撮影のコツ

次回更新予定日 2016年10月5日

第1回 水中写真を楽しむ

 皆さん、こんにちは!!
水中カメラマンのはらだまこと原田雅章です。水中写真を楽しんでいただきたくて、この連載をスタートしました。簡単でわかりやすい解説を目指しますので、よろしくお願いします!!

 ダイビングの一つの楽しみ方として定着してきた「水中写真」。マンタやギンガメアジの群れなど迫力のある写真から、小さな生き物までさまざまな海の表情を捉えられます。一緒に潜った仲間と楽しみを共有したり、海に潜ったことない友人に海中世界を紹介したり、水中写真の利用方法は無限です。 カメラを持って海に行きましょう!!

水中写真を楽しむ

ワイド

群れや大物、地形など迫力の写真が撮れます
群れや大物、地形など迫力の写真が撮れます

マクロ

小さな生き物の色彩や、繊細な表情をつぶさに表現できます
小さな生き物の色彩や、繊細な表情をつぶさに表現できます

人物

一緒に潜った記念に写真に収めれば、思い出倍増!!
一緒に潜った記念に写真に収めれば、思い出倍増!!

旅の思い出は、水中だけじゃない!風景や、リゾートなど、被写体があふれています
旅の思い出は、水中だけじゃない!
風景や、リゾートなど、被写体があふれています

カメラ選びのワンポイント

 まずは、水中写真を始めるために必要な機材を揃えましょう。一番大切なのが、「ハウジング」、「防水プロテクター」、「ウォータープルーフケース」などと呼ばれる防水ケース。これがないと水中にデジカメを持ち込めません。最近はカメラ自体に防水機能があるものもありますが、ダイビングを行なう深さを考えると、防水ケースは必須でしょう。

カメラ選びのワンポイント





ミラーレス一眼
デジタル一眼
(デジイチ)
コンパクトデジタルカメラ
(コンデジ)

 主にズームレンズを内蔵しており、寄りにくい被写体などを撮るのに有利。液晶モニターを見ながら撮影できるので、共生ハゼなどファインダーを覗きにくい姿勢になってしまう被写体は、撮りやすい。

 レンズ交換が事前にできるメリットを考えれば、ワイドからマクロまで被写体を選ばない。画質もダントツと言えるだろう。ただし、防水ケース内にレンズが収納されているので、水中でのレンズ交換は不可。事前のレンズ選びが大事。

 最近のコンデジは、マクロ機能が充実しているので、マクロが好きなダイバーにおすすめ。逆にワイドはミラーレス、デジイチに比べると広く写せる範囲が狭いので、ワイドコンバージョンレンズを使うといいだろう。




 コンデジサイズながら、デジイチに匹敵する高画質。防水ケースに入れてもコンパクトにまとまる大きさも魅力的だ。
機材をコンパクトにまとめたいスマートダイバーにぴったり。

 現在、水中に持ち込めるカメラ機材で、最高の画質を誇るのがデジタル一眼レフ。 細部までリアリティあふれる描写は、一度撮ったらやみつきだ。

 ハウジングの外側に取り付けられる、さまざまなレンズ、ストロボなどのアクセサリーパーツが豊富。一つの機材で、あれもこれも撮りたいダイバーにおすすめだ。

撮影姿勢

 水中での撮影は、陸上に比べ、体を安定させるということが、何よりも大切。基本的には環境保護のために中性浮力をとって撮影したいところだが、何もない砂地など、着底できる場所であれば、ヒジ、ヒザを着き、両手でデジカメをしっかりとホールドしよう。シャッターを切るときも、強い力で勢いよく押してしまうと、カメラブレの原因になるので、落ち着いてしっかりとシャッターを切ろう。着底するときは、サンゴなどを傷つけないだけでなく、その場所に危険な生き物や、ハゼなどの巣穴がないか、よく確認すること。

体勢について

注意点

・被写体にはゆっくりと近づこう

・接近、離脱時にフィンキックによる砂を巻き上げないように

・人気の被写体は、みんなが撮りたいもの。
 順番を守って楽しい水中写真を!

・撮影に夢中になりすぎて、グループからはぐれてしまわないこと。
 常に冷静に周囲を見渡しながら撮影する

終わりに

今回から始まりました「ちょっとの工夫でこのうまさ 水中写真の撮り方」、いかがでしたか?プリントアウトするもよし、スマホやタブレット端末で海まで持って行くもよし。ぜひ海で読み返して、実際の撮影に役立ててくださいね。

次回は
第2回 シチュエーション別撮影のポイント
についてお話します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

原田 雅章Masaaki Harada

原田 雅章 1972年3月埼玉県生まれ。
日本大学芸術学部写真学科卒業。
大学在学中に沖縄を何度も訪れ、島の風景や人々に感動しスクーバダイビングを始める。
卒業後、(株)水中造形センターに入社。
同社出版物である『マリンダイビング』、『マリンフォト』などの雑誌で活躍中。
国内は、伊豆半島、紀伊半島、沖縄各島など、海外は南の島を中心に、太平洋、インド洋、カリブ海など20ヵ国以上を撮影。
ダイビング経験は20年、約4000本の潜水経験を数える。
雑誌での取材はもちろん、各地でフォトセミナーを開催。"はらだま"の愛称で親しまれる。

関連書籍Book concerned

関連する雑誌・書籍

DIVINGスタート&スキルアップBOOK 2015

DIVINGスタート&スキルアップBOOK 2015

DIVINGスタート&スキルアップBOOK

DIVINGスタート&スキルアップBOOK

上手くなる!水中写真

上手くなる!水中写真

関連するMarinePhoto

2015年春号

2015年春号

2015年冬号

2015年冬号

2014年秋号

2014年秋号

2014年夏号

2014年夏号

2014年春号

2014年春号

2014年冬号

2014年冬号

関連するMarineDiving

Marine Diving 2015年6月号

2015年6月号

Marine Diving 2015年5月号

2015年5月号

Marine Diving 2015年4月号

2015年4月号

Marine Diving 2015年3月号

2015年3月号

Marine Diving 2015年2月号

2015年2月号

Marine Diving 2014年8月号

2014年8月号

Marine Diving 2014年7月号

2014年7月号

2014年6月号

2014年6月号

2014年3月号

2014年3月号

2014年2月号

2014年2月号

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • 久米島観光協会
  • オリオン
  • AQROS
  • マリンダイビングフェア2019
  • MDShop Amazon
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • おすすめダイビングツアー
  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビングクラブ
  • 海のBooks&Goods
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • マリンダイビングフェア2019
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント