ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

第11回 ジオを撮る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ちょっとの工夫でこのうまさ 水中写真の取り方

バックナンバー

第1回 水中写真を楽しむ

第2回 シチュエーション別撮影のポイント

第3回 写真の構図の話

第4回 編集の基本

第5回 解決!ストロボ活用術

第6回 レンズの読み解き方

第7回 マクロ撮影、基礎の基礎

第8回 ワイドレンズで海の迫力を表現する!

第9回 水中写真の撮り方・アクセサリーパーツひとまとめ

第10回 イルカを撮る

第11回 ジオを撮る

第12回 旅先での陸写真の撮り方

第13回 ダイバーの撮り方

集中連載 地球の海フォトコンテスト2015 第1回

集中連載 地球の海フォトコンテスト2015 第2回

集中連載 地球の海フォトコンテスト2015 第3回

第17回 冬の海を撮ろう~ワイド編~

第18回 冬の海を撮ろう~マクロ編~

第19回 浅瀬でキラキラ写真

第20回 ピント合わせの基本

第21回 マクロ撮影でのピント合わせを上達させよう!

第22回 画面構成を考える~マクロ編~

第23回 画面構成を考える~ワイド編~

第24回 背景で写真が変わる!!

第25回 ライティングを工夫する

第26回 マンタ撮影のコツ

第27回 ウミウシ撮影のコツ

第28回 回遊魚撮影のコツ

第29回 クマノミ撮影のコツ

第30回 ウミガメ撮影のコツ

第31回 ハゼ撮影のコツ

第32回 イルカ撮影のコツ

第33回 カエルアンコウ撮影のコツ

第34回 魚群撮影のコツ

第35回 ギンポ、カエルウオ撮影のコツ

第36回 地形撮影のコツ

次回更新予定日 2016年10月5日

第11回 ジオを撮る

原田 雅章 みなさん、こんにちは。カメラマンのはらだまです。
今回は、最近耳にすることが多くなった「ジオ」をテーマに撮り方を紹介していきます。
「ジオ」とはギリシャ語で、地球や土地といった意味を表す言葉だそうです。
その地球の7割を占める海中は、陸上とは違った地球の姿を見ることができます。ぜひ撮影にチャレンジしてみてください。

岩の亀裂から、光のシャワーが射し込む。陸上では体験することのできない神々しいまでの風景 撮影地:ニューカレドニア
岩の亀裂から、光のシャワーが射し込む。陸上では体験することのできない神々しいまでの風景 撮影地:ニューカレドニア

デジカメを準備する

その1

コンデジやミラーレス一眼の内蔵ストロボは、誤発光しないように、あらかじめ発光禁止の設定しておくこと
コンデジやミラーレス一眼の内蔵ストロボは、誤発光しないように、あらかじめ発光禁止の設定しておくこと

 広い風景を撮影する場合、ストロボは不要です。ストロボを発光しても、被写体まで光が届かず、意味を成しません。外部ストロボも必要ないですし、内蔵ストロボも発光禁止に設定しましょう。例えば、洞窟内などは、岩肌があまりきれいではありません。壁一面にソフトコーラルがびっしりという状況なら、ストロボを発光してもいいでしょうが、作例のような状況では、あまりきれいとはいえません。そこで、ストロボを発光させず撮影すれば、すっきりとした作品になります。

洞窟内でストロボを発光させた失敗例。壁面が美しくないし、浮遊物の写り込みも多くなってしまう
洞窟内でストロボを発光させた失敗例。壁面が美しくないし、浮遊物の写り込みも多くなってしまう
ノーストロボで撮影。青く三角に抜けた風景が印象的になった
ノーストロボで撮影。青く三角に抜けた風景が印象的になった

その2

ISO感度の設定ができるデジカメの場合、ISO400〜800くらいの高い感度に設定するのがおすすめ
ISO感度の設定ができるデジカメの場合、ISO400〜800くらいの高い感度に設定するのがおすすめ

 水面付近や、暗い洞窟内での撮影が多くなりがちなテーマなので、ISO感度も高めに設定しておきましょう。そうすることでシャッタースピードが速くなり、手ブレを防げますし、絞りを絞って全体にピントの合った作品にすることも可能になります。

ワイドレンズが必須

 ジオ=地形撮影は広い風景がメイン被写体になりますので、広く撮影できるワイドレンズを用意しましょう。デジイチならば20mmよりも短い(数字の小さい)広角レンズ、コンデジやミラーレス一眼であれば、ワイドコンバージョンレンズを利用して、広い範囲を写せるようにしましょう。また、ワイドコンバージョンレンズ以上に広い範囲を写せるフィッシュアイレンズもおすすめです。独特のゆがみや、見えている範囲以上に広く写るなど、クセのあるレンズですが、使いこなすとそれまでとまったく違った景色が見えてきますよ。

ジオ撮影では、広い範囲が撮れるワイドレンズを準備しましょう
ジオ撮影では、広い範囲が撮れるワイドレンズを準備しましょう
ワイドレンズに慣れてきたら、独特のゆがみを持つ、フィッシュアイレンズもおすすめです
ワイドレンズに慣れてきたら、独特のゆがみを持つ、フィッシュアイレンズもおすすめです

おすすめ撮影

浅瀬を撮る

 立てるほどの水深は、タンクを背負って潜るときには、「通過点」でしかないかもしれませんが、水面下には美しい世界が広がります。水面でキラキラと反射した太陽は、砂地に不規則な模様を作り出します。これも陸上では見ることができない、太陽と海が作り出した風景ですから、ぜひ撮ってみてほしい「ジオ」と言えると思います。

砂地に写るキラキラは、日射しの強い時間帯が狙い目。ランチ休憩などでビーチに寄ったときなどに撮ってみよう。撮影地パラオ
砂地に写るキラキラは、日射しの強い時間帯が狙い目。ランチ休憩などでビーチに寄ったときなどに撮ってみよう。撮影地パラオ

洞窟を撮る

 「ジオ」といったら、必ず撮りたいのが、洞窟などの地形写真。地球が作り出したその独特の風景は、冒険心をくすぐりますね。陸上であれば、それなりの装備と経験が必要そうな風景も水中ならば、簡単に行くことができます。コツとしては、画面に黒い部分をあまり入れないこと。明るい青い部分が少ないと、暗いイメージになりますし、手ブレを起こす確率もグンと上がってしまいます。黒い部分がほんの少しでも画面に写っていれば、洞窟内であるということを認識できますから、青い部分をどれだけ写すかということを意識しながら撮影しましょう。
ピントは、コントラストの強いところで合わせてフォーカスロックの状態で撮影をしましょう。右写真だったら画面上部の光が差し込む洞窟のフチに合わせるといいです。

黒い部分が多いと、何が写っているのかわかりづらく、手ブレもしやすくなってしまう
黒い部分が多いと、何が写っているのかわかりづらく、手ブレもしやすくなってしまう

露出補正をしてみよう

 洞窟内での撮影で、ぜひ試してほしいのが露出補正です。つまり写真の明るさを変えるということ。難しそうに感じるかもしれませんが、操作は簡単。デジカメに表示されているプラスとマイナスの書かれたボタンを操作するだけ。Aの写真は、オートでカメラ任せに撮ったもの。光のにじみ具合がさほど大きくありません。Bは露出補正をして、プラス1補正したもの。光のにじんでいる範囲が広がっているのがわかるでしょうか。洞窟内での撮影の場合は、プラス側に操作すると、こうした効果が簡単に作れますので、おすすめです。ただし、プラス補正することで、さらに手ブレしやすくなるので、注意しましょう。

露出補正を使いこなして写真をレベルアップさせよう
露出補正を使いこなして写真をレベルアップさせよう
Aはデジカメの示した数値のまま撮ったもの。光のにじみが弱い。Bの写真は、露出補正をプラス1設定。光のにじみが広がり、洞窟内のイメージ表現できた。撮影地:安良里(二点とも)撮影地:ニューカレドニア
Aはデジカメの示した数値のまま撮ったもの。光のにじみが弱い。Bの写真は、露出補正をプラス1設定。光のにじみが広がり、洞窟内のイメージ表現できた。撮影地:安良里(二点とも)

まとめ

今回はジオ=地形撮影について話をさせていただきました。日射しの強いこの時期におすすめの撮影テーマだと思います。ぜひチャレンジしてみてくださいね〜。

次回は
第12回 旅先での陸写真の撮り方

旅行先で宿泊する部屋、食事、ビーチなど陸の撮影のコツをお届けします。お楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんの疑問、質問にお答えします!!

皆さんの疑問、質問にお答えします!!「どうしてこんな風に写ってしまうの?」、「このボタンは操作すると、写真がどう変化するの?」など質問があれば、どんどんお答えします!!

疑問・質問を投稿する

原田 雅章Masaaki Harada

原田 雅章 1972年3月埼玉県生まれ。
日本大学芸術学部写真学科卒業。
大学在学中に沖縄を何度も訪れ、島の風景や人々に感動しスクーバダイビングを始める。
卒業後、(株)水中造形センターに入社。
同社出版物である『マリンダイビング』、『マリンフォト』などの雑誌で活躍中。
国内は、伊豆半島、紀伊半島、沖縄各島など、海外は南の島を中心に、太平洋、インド洋、カリブ海など20ヵ国以上を撮影。
ダイビング経験は20年、約4000本の潜水経験を数える。
雑誌での取材はもちろん、各地でフォトセミナーを開催。"はらだま"の愛称で親しまれる。

関連書籍Book concerned

関連する雑誌・書籍

DIVINGスタート&スキルアップBOOK 2015

DIVINGスタート&スキルアップBOOK 2015

DIVINGスタート&スキルアップBOOK

DIVINGスタート&スキルアップBOOK

上手くなる!水中写真

上手くなる!水中写真

関連するMarinePhoto

2015年春号

2015年春号

2015年冬号

2015年冬号

2014年秋号

2014年秋号

2014年夏号

2014年夏号

2014年春号

2014年春号

2014年冬号

2014年冬号

関連するMarineDiving

Marine Diving 2015年6月号

2015年6月号

Marine Diving 2015年5月号

2015年5月号

Marine Diving 2015年4月号

2015年4月号

Marine Diving 2015年3月号

2015年3月号

Marine Diving 2015年2月号

2015年2月号

Marine Diving 2014年8月号

2014年8月号

Marine Diving 2014年7月号

2014年7月号

2014年6月号

2014年6月号

2014年3月号

2014年3月号

2014年2月号

2014年2月号

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • 久米島観光協会
  • オリオン
  • AQROS
  • マリンダイビングフェア2019
  • MDShop Amazon
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • おすすめダイビングツアー
  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビングクラブ
  • 海のBooks&Goods
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • マリンダイビングフェア2019
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント