ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

特別企画 地球の海フォトコンテスト2015
応募方法最終チェック!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ちょっとの工夫でこのうまさ 水中写真の取り方

バックナンバー

第1回 水中写真を楽しむ

第2回 シチュエーション別撮影のポイント

第3回 写真の構図の話

第4回 編集の基本

第5回 解決!ストロボ活用術

第6回 レンズの読み解き方

第7回 マクロ撮影、基礎の基礎

第8回 ワイドレンズで海の迫力を表現する!

第9回 水中写真の撮り方・アクセサリーパーツひとまとめ

第10回 イルカを撮る

第11回 ジオを撮る

第12回 旅先での陸写真の撮り方

第13回 ダイバーの撮り方

集中連載 地球の海フォトコンテスト2015 第1回

集中連載 地球の海フォトコンテスト2015 第2回

集中連載 地球の海フォトコンテスト2015 第3回

第17回 冬の海を撮ろう~ワイド編~

第18回 冬の海を撮ろう~マクロ編~

第19回 浅瀬でキラキラ写真

第20回 ピント合わせの基本

第21回 マクロ撮影でのピント合わせを上達させよう!

第22回 画面構成を考える~マクロ編~

第23回 画面構成を考える~ワイド編~

第24回 背景で写真が変わる!!

第25回 ライティングを工夫する

第26回 マンタ撮影のコツ

第27回 ウミウシ撮影のコツ

第28回 回遊魚撮影のコツ

第29回 クマノミ撮影のコツ

第30回 ウミガメ撮影のコツ

第31回 ハゼ撮影のコツ

第32回 イルカ撮影のコツ

第33回 カエルアンコウ撮影のコツ

第34回 魚群撮影のコツ

第35回 ギンポ、カエルウオ撮影のコツ

第36回 地形撮影のコツ

次回更新予定日 2016年10月5日

特別企画 地球の海フォトコンテスト2015 応募方法最終チェック!!

原田 雅章 みなさん、こんにちは。カメラマンのはらだまです。
第17回となる「地球の海フォトコンテスト2015」の応募締め切りまであとわずか。来年の1月20日(火)に当事務局必着です。
テレビなどでやっている、「当日の消印有効」ではなく

「必着」

です。くれぐれもお間違えないように。
今回は、応募の手順をまとめました。毎年起こりがちな記入ミスや、梱包ミス、開封作業を行なうスタッフからお願いも交えて解説します。
地球の海 フォトコンテスト2015

作品を準備する

 まずは、応募する作品を準備しましょう。
おそらく、悩みに悩み抜いた上での作品だと思います。そんな思いのこもった作品ですから、大切に取り扱いましょう。
応募サイズは、2Lサイズというプリントサイズです。写真屋さんのセルフプリンターでも、ご家庭用のプリンターでも2Lサイズという写真用紙がありますので、そちらを使用してください。
写真用紙には、さまざまな種類があります。水中写真の場合、光沢のある写真用紙の方が、海の透明感が表現できるかと思います。ですので、光沢紙やそれに準じた写真用紙を使いましょう。

プリントサイズ

大きなプリントが2Lサイズと呼ばれるプリント。通常のサービスサイズよりも大きいので、プリント時に注意

紙

手前が光沢紙、奥がそうでないプリント。ピカピカ反射する光沢紙がおすすめだ

応募票、データ票を記入する

 次に、作品の撮影データを記入した、応募票と作品の裏に貼るデータ票を記入します。
機材名はメーカーごとに型番なども違いますし、長い商品名のものもありますが、しっかりていねいに記入しましょう。
ワイドコンバージョンレンズや、クローズアップレンズ、外部ストロボなどのアクセサリーパーツを使った際にも記入をお忘れなく。また、コンデジ本体だけの方は、応募票のレンズの項目は不要です。デジカメ名とハウジングの型番を記入してください。

データ票にも記入を忘れずに。特に記入漏れが多いのが、作品番号という項目。タイトルが同じであれば一致しますが、念のため応募票の番号と同じ番号を記入しましょう。
複数部門に応募される方は、部門ごとに整理、保管しますので、お手数ですが、全部門の応募票にご住所やお名前なども記入してください。
データ票の記入は、必ず作品に貼る前に記入しましょう。貼ったあとからボールペンなどの硬い筆記用具で記入すると、筆圧で作品にあとが残ります。

プリントサイズ

応募票は記入漏れがないように。複数部門応募のときは、各応募票に連絡先なども記入

紙

作品の裏に貼るデータ票もしっかりと記入。作品番号の記入漏れが多いので注意(画像内赤丸部分)

プリントサイズ

コンデジ本体のみでの撮影の場合は、レンズの項目は記入不要(オプションレンズを付けた場合は通常通り気ご記入ください)

紙

データ票を作品に貼ってから記入すると、作品に筆跡が残ったり、インクが表側に染みてしまうことも

データ票を作品に貼る

 例年、この作業でのミスが目立ちます。ここで失敗すると作品がダメになってしまうので、慎重に作業してください。
記入した応募票のインクがしっかり乾いたことを確認したら、作品の裏に貼ります。このとき、上下(写真では天地と言います)を間違えないように。データ票の貼ってある向きで天地を確認しますので、くれぐれも間違えないように。

データ票を貼るとき、ノリはあまりおすすめできません。水分の多いタイプだと、作品がその水分を吸って、ふやけてヨレヨレになったり、インクがにじんでしまうこともあります。セロハンテープを使う方がほとんどだと思いますが、あまり古いテープで、テープの縁まで粘着成分が出ているものだと、重ねた際に次の作品とくっついてしまい、最悪の場合作品が破けたり、粘着成分が残ってしまうことも過去にたくさんありました。両面テープを使っている人も多いですが、データ票の縁ギリギリだと、はみ出して同じように、くっついてしまうこともあるので、データ票のやや内側に貼って留めるのがいいと思います。

作品の天地をしっかり確認してデータ票を貼ろう

作品の天地をしっかり確認してデータ票を貼ろう
(写真右:表、写真左:裏)

データ票を貼るときは、粘着成分がはみ出さないように慎重に

データ票を貼るときは、粘着成分がはみ出さないように慎重に

水分の多いノリでデータ票を貼るとその水分で作品がふやけてしまうことも

水分の多いノリでデータ票を貼るとその水分で作品がふやけてしまうことも

粘着成分がはみ出てしまい、次の作品とくっついてしまった

粘着成分がはみ出て、次の作品とくっついてしまうと、表の作品の色がはがれてしまうことも・・・。

梱包もていねいに

 ここまでしっかりていねいに行なったら、最後の発送作業です。輸送中に傷ついたり、濡れたりしないように、厚紙ではさんだあと、ビニール袋などでカバーしておくのがいいと思います。複数部門の作品を同時に一つの封筒で送る方は、部門ごとに梱包しておくと、混乱がなく作業もスムーズに行なえます。

そして、その作品データが入ったCD-Rなどの記録メディアも一緒に同封してください。例年あるのが、画像が入っていない、違う画像が入っているなどの単純ミス。書き込み完了となったあと、きちんと入っているかの確認もお忘れなく。
あとは、通常の発送と同じように、送り先の記入をした封筒などで送ってください。
複数部門に応募するときは、応募する全部門名も記入してください。

 
作品の天地をしっかり確認してデータ票を貼ろう

 

データ票を貼るときは、粘着成分がはみ出さないように慎重に

輸送中作品に傷や水濡れがないように、厚紙に挟んだり、ビニールやジップロックなどに入れて、しっかりていねいに梱包しよう

水分の多いノリでデータ票を貼るとその水分で作品がふやけてしまうことも

一通で複数部門への応募は、部門ごとに分けておくと、作品や応募票が混ざることなく、確実だ

粘着成分がはみ出てしまい、次の作品とくっついてしまった

作品の画像データが入った記録メディアも同封すること。こちらも、部門ごとに準備する

水分の多いノリでデータ票を貼るとその水分で作品がふやけてしまうことも

宛先の記入時に、応募する全部門名も記入しておくように

 

まとめ

いかがでしたか?地球の海フォトコンテスト2015には、毎回たくさんの作品が応募されます。せっかく作品も汚れたり、折れたりしては台無しです。ていねいな作業を心がけてくださいね。
応募票の記入の仕方は、『マリンフォト』秋号(10/7発売)・冬号(1/7発売)にも紹介していますので、そちらもご覧ください。 作品のご応募、お待ちしています!!

次回は
第17回 冬の海を撮ろう~ワイド編~

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんの疑問、質問にお答えします!!

皆さんの疑問、質問にお答えします!!「どうしてこんな風に写ってしまうの?」、「このボタンは操作すると、写真がどう変化するの?」など質問があれば、どんどんお答えします!!

疑問・質問を投稿する

原田 雅章Masaaki Harada

原田 雅章 1972年3月埼玉県生まれ。
日本大学芸術学部写真学科卒業。
大学在学中に沖縄を何度も訪れ、島の風景や人々に感動しスクーバダイビングを始める。
卒業後、(株)水中造形センターに入社。
同社出版物である『マリンダイビング』、『マリンフォト』などの雑誌で活躍中。
国内は、伊豆半島、紀伊半島、沖縄各島など、海外は南の島を中心に、太平洋、インド洋、カリブ海など20ヵ国以上を撮影。
ダイビング経験は20年、約4000本の潜水経験を数える。
雑誌での取材はもちろん、各地でフォトセミナーを開催。"はらだま"の愛称で親しまれる。

関連書籍Book concerned

関連する雑誌・書籍

DIVINGスタート&スキルアップBOOK 2015

DIVINGスタート&スキルアップBOOK 2015

DIVINGスタート&スキルアップBOOK

DIVINGスタート&スキルアップBOOK

上手くなる!水中写真

上手くなる!水中写真

関連するMarinePhoto

2015年春号

2015年春号

2015年冬号

2015年冬号

2014年秋号

2014年秋号

2014年夏号

2014年夏号

2014年春号

2014年春号

2014年冬号

2014年冬号

関連するMarineDiving

Marine Diving 2015年6月号

2015年6月号

Marine Diving 2015年5月号

2015年5月号

Marine Diving 2015年4月号

2015年4月号

Marine Diving 2015年3月号

2015年3月号

Marine Diving 2015年2月号

2015年2月号

Marine Diving 2014年8月号

2014年8月号

Marine Diving 2014年7月号

2014年7月号

2014年6月号

2014年6月号

2014年3月号

2014年3月号

2014年2月号

2014年2月号

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • 久米島観光協会
  • オリオン
  • AQROS
  • マリンダイビングフェア2019
  • MDShop Amazon
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • おすすめダイビングツアー
  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビングクラブ
  • 海のBooks&Goods
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • マリンダイビングフェア2019
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント