ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

第17回 冬の海を撮ろう~ワイド編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ちょっとの工夫でこのうまさ 水中写真の取り方

バックナンバー

第1回 水中写真を楽しむ

第2回 シチュエーション別撮影のポイント

第3回 写真の構図の話

第4回 編集の基本

第5回 解決!ストロボ活用術

第6回 レンズの読み解き方

第7回 マクロ撮影、基礎の基礎

第8回 ワイドレンズで海の迫力を表現する!

第9回 水中写真の撮り方・アクセサリーパーツひとまとめ

第10回 イルカを撮る

第11回 ジオを撮る

第12回 旅先での陸写真の撮り方

第13回 ダイバーの撮り方

集中連載 地球の海フォトコンテスト2015 第1回

集中連載 地球の海フォトコンテスト2015 第2回

集中連載 地球の海フォトコンテスト2015 第3回

第17回 冬の海を撮ろう~ワイド編~

第18回 冬の海を撮ろう~マクロ編~

第19回 浅瀬でキラキラ写真

第20回 ピント合わせの基本

第21回 マクロ撮影でのピント合わせを上達させよう!

第22回 画面構成を考える~マクロ編~

第23回 画面構成を考える~ワイド編~

第24回 背景で写真が変わる!!

第25回 ライティングを工夫する

第26回 マンタ撮影のコツ

第27回 ウミウシ撮影のコツ

第28回 回遊魚撮影のコツ

第29回 クマノミ撮影のコツ

第30回 ウミガメ撮影のコツ

第31回 ハゼ撮影のコツ

第32回 イルカ撮影のコツ

第33回 カエルアンコウ撮影のコツ

第34回 魚群撮影のコツ

第35回 ギンポ、カエルウオ撮影のコツ

第36回 地形撮影のコツ

次回更新予定日 2016年10月5日

第17回 冬の海を撮ろう~ワイド編~

原田 雅章 みなさん、こんにちは。カメラマンのはらだまです。 日本の海は一番水温が低い時期ですね。冬の間は、海はお休みという冬眠ダイバーもいるかもしれませんが、透明度が高く、南の海とは違った青が撮れるこの季節ならではの風景があります。今回はワイドレンズを持って近場の海へ出かけようというお話です。

透明度の高い冬の海で、ワイド写真のスキルアップ!!撮影地:西伊豆・安良里
透明度の高い冬の海で、ワイド写真のスキルアップ!!
撮影地:西伊豆・安良里

撮影機材を準備しよう

 せっかくの高い透明度、ワイド撮影の練習を行なう絶好のチャンスです。コンデジであれば、通常の本体のみのセットに加えて、ワイドコンバージョンレンズ(通称ワイコン)を用意して潜りましょう。それまでは被写体から離れないと広く撮れなかったものが、ワイコンを使うと、撮影できる範囲(画角といいます)がグンと広くなります。ハウジングへの取り付けは、直径が異なってもステップアップリングという変換リングが各種ありますので、対応するものを選びましょう。
ただ、ワイコンは直径が大きいので、内蔵ストロボを隠してしまいます。トップの写真のように、鮮やかな色を再現する場合は、外部ストロボを使用することをおすすめします。

変換リング

ワイコンとデジカメのフィルター径が異なっても、サイズ展開もある変換リング(写真内赤いパーツ)を使えば、さまざまな機種に対応できます

ワイコンと外部ストロボをコンデジに取り付けた例

ワイコンと外部ストロボをコンデジに取り付けた例。見た目には大きくなりますが、これだけで、何倍もきれいなワイド写真が撮れます

撮影のコツその1「寄る」

 ワイドレンズの特徴は、被写体に接近しても、周囲を写し込むことができることです。ワイコンなしで広い範囲を撮影していたときは、被写体から離れることで、広く撮ろうとしていたと思います。陸上であれば、ある程度被写体との距離が変化しても画質に影響は少ないですが、水中は浮遊物などの影響を多く受けますので、被写体との距離が離れると、画質が顕著に劣化します。ですから、被写体に寄るというのは、水中撮影の基本スキルなのです。広く撮ろうとする気持ちから、つい被写体から離れてしまいがちですが、画面からはみ出るくらいまで寄って撮ると、案外いい大きさで撮影できているということもあります。被写体にググッと寄って撮影しましょう。

撮影地:東伊豆・八幡野
ソフトコーラルを撮影した写真。縦位置で背景に太陽のハイライトが入るように撮影。撮影地:東伊豆・八幡野

撮影のコツその2「あおる」

 透明度の高いこの季節、それを利用しないのはもったいないですね。撮影時は、青い海をうまく利用して画面を構成していきましょう。具体的には、背景に海が配置できる構図を考えて被写体を撮影してみてください。同じ被写体でも、見下ろすように撮って、背景が岩肌や、海底になるよりも、見上げて背景が海になるように撮影したほうが、画面がすっきりし、被写体もより一層映えます。こうした見上げるように撮影することを、写真の用語では「あおる」といいます。あおって撮影すると、海の青さが表現できますし、角度によっては太陽を写し込むこともできます。明るい雰囲気の写真になるので、ワイドは「寄り」と「あおり」と覚えてください。

撮影地:串本

赤いソフトコーラルが鮮やかな写真です。背景の青とのコントラストを意識しました。撮影地:串本

撮影地:早川

冬場の海は海藻が茂り、「海の森」の雰囲気もありますね。カジメが太陽光で透けた感じを出すためにノーストロボで撮影。撮影地:早川

浅瀬も楽しい冬の海

 ビーチエントリーが多い近場の海ですが、そのエントリー口付近も普段とは違った透明度を楽しむことができます。夏場なら濁ってしまい、遠くまで見えないところでも、浅瀬ならではのキラキラした明るい写真を撮れるチャンスです。ここで紹介している2点も、どちらもひざ下くらいの水深で撮影したもの。普段なら立ち上がり、フィンを脱いで歩いているような水深ですね。普段ホームグラウンドに通っている海にも新しい撮影アングルが見つけられるかもしれません。

撮影地:早川

エントリー、エグジット付近は、水深が浅いため、明るいブルーの写真が撮れます。体をしっかり固定して撮影しましょう。撮影地:早川

撮影地:葉山
一面を鮮やかな海藻が覆い、穏やかな水面に写り込む不思議な世界を表現。撮影地:葉山

遠景だって撮れるんです

 透明度の高い時期は、遠景でダイバーを写すのも楽しいです。この場合、ある程度の水深があれば、この写真のように、ダイバーを見下ろし、上がってくる泡をうまく利用して、空間を構成していくといいでしょう。いつも潜っている場所がどんな地形で、どんなルートで移動しているか撮ってみるのも楽しいでしょう。新しい発見があるかもしれません。このとき、ストロボは発光させても効果がないばかりか、ハレーションの原因にもなりますので、発光禁止モードにしておきましょう。

 
撮影地:西伊豆・安良里
ダイバーそれぞれの動きのおもしろさと、吐いた泡による動きを表現。透明度がいい近場の海ならではの光景ですね。撮影地:西伊豆・安良里
発光禁止にセット
ストロボはあらかじめ発光禁止にセットしておきましょう

撮影後のお手入れ

 強い日射しのあたたかい海とは違い、陸上も寒い冬の海はさっさと片付けをして休憩したいところ。でもデジカメの手入れも大切です。冬の空気は乾燥しているので、レンズやハウジングについた水滴は、短時間で乾いてしまいます。そのままにしておくと、乾燥し水滴あとが残ってしまうので、すぐに吸い取ってあげましょう。注意点としては、あまり強くこすらないこと。拭くというよりも吸うくらいの感じがいいと思います。また、電池交換などでフタを開けるとき、あたたかく湿った空気の場所で行なうと、湿度の多い空気がハウジング内に入り、そのまま海に持ち込むと結露の原因にもなります。シリカゲルもすぐには吸湿しませんので、ダイビングの合間にハウジングを開く場合は、注意しましょう。

 
ワイコンはレンズの面積も広いので、水滴を残さないように手入れしましょう
ワイコンはレンズの面積も広いので、水滴を残さないように手入れしましょう

まとめ

近場の海で、ワイドレンズを使うにはもっともよい時期です。いつもはマクロ撮影メインのホームグラウンドの海で、ワイド撮影をしてみると、また違った魅力を見つけることができるでしょう。

次回は
第18回 冬に撮りたいおすすめ被写体

水温の低い時期だからこそ撮れる被写体を撮影のコツと併せて解説していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんの疑問、質問にお答えします!!

皆さんの疑問、質問にお答えします!!「どうしてこんな風に写ってしまうの?」、「このボタンは操作すると、写真がどう変化するの?」など質問があれば、どんどんお答えします!!

疑問・質問を投稿する

原田 雅章Masaaki Harada

原田 雅章 1972年3月埼玉県生まれ。
日本大学芸術学部写真学科卒業。
大学在学中に沖縄を何度も訪れ、島の風景や人々に感動しスクーバダイビングを始める。
卒業後、(株)水中造形センターに入社。
同社出版物である『マリンダイビング』、『マリンフォト』などの雑誌で活躍中。
国内は、伊豆半島、紀伊半島、沖縄各島など、海外は南の島を中心に、太平洋、インド洋、カリブ海など20ヵ国以上を撮影。
ダイビング経験は20年、約4000本の潜水経験を数える。
雑誌での取材はもちろん、各地でフォトセミナーを開催。"はらだま"の愛称で親しまれる。

関連書籍Book concerned

関連する雑誌・書籍

DIVINGスタート&スキルアップBOOK 2015

DIVINGスタート&スキルアップBOOK 2015

DIVINGスタート&スキルアップBOOK

DIVINGスタート&スキルアップBOOK

上手くなる!水中写真

上手くなる!水中写真

関連するMarinePhoto

2015年春号

2015年春号

2015年冬号

2015年冬号

2014年秋号

2014年秋号

2014年夏号

2014年夏号

2014年春号

2014年春号

2014年冬号

2014年冬号

関連するMarineDiving

Marine Diving 2015年6月号

2015年6月号

Marine Diving 2015年5月号

2015年5月号

Marine Diving 2015年4月号

2015年4月号

Marine Diving 2015年3月号

2015年3月号

Marine Diving 2015年2月号

2015年2月号

Marine Diving 2014年8月号

2014年8月号

Marine Diving 2014年7月号

2014年7月号

2014年6月号

2014年6月号

2014年3月号

2014年3月号

2014年2月号

2014年2月号

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • 久米島観光協会
  • オリオン
  • AQROS
  • マリンダイビングフェア2019
  • MDShop Amazon
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • おすすめダイビングツアー
  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビングクラブ
  • 海のBooks&Goods
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • マリンダイビングフェア2019
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント