ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

第18回 冬の海を撮ろう~マクロ編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ちょっとの工夫でこのうまさ 水中写真の取り方

バックナンバー

第1回 水中写真を楽しむ

第2回 シチュエーション別撮影のポイント

第3回 写真の構図の話

第4回 編集の基本

第5回 解決!ストロボ活用術

第6回 レンズの読み解き方

第7回 マクロ撮影、基礎の基礎

第8回 ワイドレンズで海の迫力を表現する!

第9回 水中写真の撮り方・アクセサリーパーツひとまとめ

第10回 イルカを撮る

第11回 ジオを撮る

第12回 旅先での陸写真の撮り方

第13回 ダイバーの撮り方

集中連載 地球の海フォトコンテスト2015 第1回

集中連載 地球の海フォトコンテスト2015 第2回

集中連載 地球の海フォトコンテスト2015 第3回

第17回 冬の海を撮ろう~ワイド編~

第18回 冬の海を撮ろう~マクロ編~

第19回 浅瀬でキラキラ写真

第20回 ピント合わせの基本

第21回 マクロ撮影でのピント合わせを上達させよう!

第22回 画面構成を考える~マクロ編~

第23回 画面構成を考える~ワイド編~

第24回 背景で写真が変わる!!

第25回 ライティングを工夫する

第26回 マンタ撮影のコツ

第27回 ウミウシ撮影のコツ

第28回 回遊魚撮影のコツ

第29回 クマノミ撮影のコツ

第30回 ウミガメ撮影のコツ

第31回 ハゼ撮影のコツ

第32回 イルカ撮影のコツ

第33回 カエルアンコウ撮影のコツ

第34回 魚群撮影のコツ

第35回 ギンポ、カエルウオ撮影のコツ

第36回 地形撮影のコツ

次回更新予定日 2016年10月5日

第18回 冬の海を撮ろう~マクロ編~

原田 雅章 みなさん、こんにちは。カメラマンのはらだまです。 前回は、透明度の高い冬の海でワイドの練習をという話をしました。今回は水温の低さを逆手に取って、この時期ならではのマクロ生物を撮ってみましょう。

冬の海の代表的アイドルといえば、やっぱりダンゴウオ。かわいい表情を狙いましょう。
冬の海の代表的アイドルといえば、やっぱりダンゴウオ。かわいい表情を狙いましょう。
撮影地:伊豆・須崎

撮影機材を準備しよう

 冬の海は、夏に比べると、透明度はいいものの、太陽光の日差しは弱く、水中も太陽サンサンということは少ないでしょう。晴れた日でも太陽の高さが低いので、すぐに薄暗い海中になってしまいます。そこで、手ブレを防ぐためにもISO感度を上げ、手ブレしにくい設定にしましょう。手ブレ補正機能がついているデジカメは、それも活用するといいですね。
 また、岩陰にいる生き物などは、暗いとピントが合いません。そんな時に持っていると便利なのが水中ライト。明るく照らすことで、生き物を見つけやすくなるだけでなく、ピント合わせの補助光としても使えますので、冬の海には持っていきたい撮影機材です。

デジカメのISO感度設定を高めにして、手ブレを防ぎましょう

デジカメのISO感度設定を高めにして、手ブレを防ぎましょう

筆者のマクロ撮影機材

筆者のマクロ撮影機材。明るい海ならば、水中ライトはつけませんが、冬の近海での撮影には、ストロボのほかに水中ライトをセットして、ピント合わせの補助光として活用しています

冬ならではの被写体を撮る

その1 ウミウシを撮る

 ウミウシは通年いる被写体ではありますが、各地のガイドさんの話や、今までの取材からみても、冬場の水温の低い時期の方が、ウミウシの数が多い気がします。冷たい水温の中で見つかるカラフルな被写体は、撮影意欲を駆り立てますね。ウミウシの撮り方として注意したいのは、ピントを合わせる位置です。魚を撮るときは、目にピントを合わせるのが、基本ですが、ウミウシの場合は触覚にピントを合わせましょう。どこが触角かわからないときは、まずはよく観察し、体の部位を確認してから撮影しましょう。魚のように泳いで逃げてしまうことがないので、観察してどこから撮るといいか構図も研究しましょう。
 色のきれいな被写体ですから、ストロボや水中ライトで色をしっかりと再現してあげることが大切です。

撮影地:江の
ウミウシは、撮りやすくマクロの練習にぴったりの被写体。触角にしっかりピントを合わせましょう。
撮影地:江の島

その2 ダンゴウオを撮る

 冬の大人気被写体と言えば、ダンゴウオ。わずか1cm前後の生き物が、それを見たいがために水温の低い海へ人間を誘うなんて、ものすごい求心力ですよね。せっかくがんばって潜って出会うのですから、いい写真を撮って帰りたいもの。しっかり準備と練習をして撮りに行ってください!!

 まずは機材準備から。これだけ小さな被写体になってしまうと、デジカメのマクロモードだけでは、小さくしか写りません。クローズアップレンズを取り付けて撮影しましょう。また、近距離まで被写体に接近できる機能があるコンデジも有利です。被写体までの距離が近すぎると、内蔵ストロボの光が画面全体に当たらないこともあるので、外部ストロボや水中ライトを使用するといいと思います。このとき、いつも以上にピントの合う範囲が狭くなり、シビアなピント合わせになりますので、注意して撮影してください。

 次に撮影する高さですが、見下ろすような角度で撮影すると、あまりかわいらしさが表現できません。口元が見える高さで撮影すると、より一層被写体の個性が引き出せると思います。また、「天使の輪」がある幼魚のときや、これ以上大きく撮れないという状況のときは、空いた空間をうまく利用しましょう。具体的には、被写体を画面中央に配置せず、位置をずらすことで、空いた空間に意味を持たせるのです。体の色に近い環境にいることが多いので、背景に溶け込まないように絞りを開けて背景をぼかすというのも、被写体を目立たせるコツです。

クローズアップレンズは必携

ダンゴウオの撮影ではクローズアップレンズは必携です。ピント合わせは陸上で練習しておきましょう

撮影地:葉山

ダンゴウオと同じ目線で撮ることで、口元まで見え、表情がわかるようになります。
撮影地:葉山

撮影地:葉山

被写体が大きく撮れないときは、背景の処理などで、ダンゴウオが目立つように工夫してみてください。
撮影地:葉山

撮影地:葉山

 

防寒対策もしっかりと

 寒さ対策もしっかりしておきましょう。陸上での寒さ対策はもちろんですし、水中でも体を冷やさないように注意してください。ドライスーツやインナー、フード、グローブなど、装備も大切です。あまり寒すぎると、体が震え、手ブレの原因にもなりますし、なにより撮影に集中できなくなってしまいます。こうした器材はメーカー各社から発売していますので、調べてみるといいでしょう。

快適な装備で、冬の海を楽しく撮ろう!!

快適な装備で、冬の海を楽しく撮ろう!!

手ブレ

寒さで体が震えてくると、マクロ撮影では、その影響が顕著に表れます。小さな手ブレも起こらないように、防寒対策をしっかりとしましょう。

まとめ

冬の海は、寒さ対策をしっかりとして、楽しく潜りたいものですね。そして潜ったあとは、体をしっかりと暖めて、風邪などひかないように注意しましょう。

次回は
第19回 浅場を撮る

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんの疑問、質問にお答えします!!

皆さんの疑問、質問にお答えします!!「どうしてこんな風に写ってしまうの?」、「このボタンは操作すると、写真がどう変化するの?」など質問があれば、どんどんお答えします!!

疑問・質問を投稿する

原田 雅章Masaaki Harada

原田 雅章 1972年3月埼玉県生まれ。
日本大学芸術学部写真学科卒業。
大学在学中に沖縄を何度も訪れ、島の風景や人々に感動しスクーバダイビングを始める。
卒業後、(株)水中造形センターに入社。
同社出版物である『マリンダイビング』、『マリンフォト』などの雑誌で活躍中。
国内は、伊豆半島、紀伊半島、沖縄各島など、海外は南の島を中心に、太平洋、インド洋、カリブ海など20ヵ国以上を撮影。
ダイビング経験は20年、約4000本の潜水経験を数える。
雑誌での取材はもちろん、各地でフォトセミナーを開催。"はらだま"の愛称で親しまれる。

関連書籍Book concerned

関連する雑誌・書籍

DIVINGスタート&スキルアップBOOK 2015

DIVINGスタート&スキルアップBOOK 2015

DIVINGスタート&スキルアップBOOK

DIVINGスタート&スキルアップBOOK

上手くなる!水中写真

上手くなる!水中写真

関連するMarinePhoto

2015年春号

2015年春号

2015年冬号

2015年冬号

2014年秋号

2014年秋号

2014年夏号

2014年夏号

2014年春号

2014年春号

2014年冬号

2014年冬号

関連するMarineDiving

Marine Diving 2015年6月号

2015年6月号

Marine Diving 2015年5月号

2015年5月号

Marine Diving 2015年4月号

2015年4月号

Marine Diving 2015年3月号

2015年3月号

Marine Diving 2015年2月号

2015年2月号

Marine Diving 2014年8月号

2014年8月号

Marine Diving 2014年7月号

2014年7月号

2014年6月号

2014年6月号

2014年3月号

2014年3月号

2014年2月号

2014年2月号

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • 久米島観光協会
  • オリオン
  • AQROS
  • マリンダイビングフェア2019
  • MDShop Amazon
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • おすすめダイビングツアー
  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビングクラブ
  • 海のBooks&Goods
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • マリンダイビングフェア2019
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント