ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

第25回 ライティングを工夫する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ちょっとの工夫でこのうまさ 水中写真の取り方

バックナンバー

第1回 水中写真を楽しむ

第2回 シチュエーション別撮影のポイント

第3回 写真の構図の話

第4回 編集の基本

第5回 解決!ストロボ活用術

第6回 レンズの読み解き方

第7回 マクロ撮影、基礎の基礎

第8回 ワイドレンズで海の迫力を表現する!

第9回 水中写真の撮り方・アクセサリーパーツひとまとめ

第10回 イルカを撮る

第11回 ジオを撮る

第12回 旅先での陸写真の撮り方

第13回 ダイバーの撮り方

集中連載 地球の海フォトコンテスト2015 第1回

集中連載 地球の海フォトコンテスト2015 第2回

集中連載 地球の海フォトコンテスト2015 第3回

第17回 冬の海を撮ろう~ワイド編~

第18回 冬の海を撮ろう~マクロ編~

第19回 浅瀬でキラキラ写真

第20回 ピント合わせの基本

第21回 マクロ撮影でのピント合わせを上達させよう!

第22回 画面構成を考える~マクロ編~

第23回 画面構成を考える~ワイド編~

第24回 背景で写真が変わる!!

第25回 ライティングを工夫する

第26回 マンタ撮影のコツ

第27回 ウミウシ撮影のコツ

第28回 回遊魚撮影のコツ

第29回 クマノミ撮影のコツ

第30回 ウミガメ撮影のコツ

第31回 ハゼ撮影のコツ

第32回 イルカ撮影のコツ

第33回 カエルアンコウ撮影のコツ

第34回 魚群撮影のコツ

第35回 ギンポ、カエルウオ撮影のコツ

第36回 地形撮影のコツ

次回更新予定日 2016年10月5日

第25回 ライティングを工夫する

原田 雅章みなさん、こんにちは。カメラマンのはらだまです。
最近は、水中ライトの性能が向上し、ストロボを使わず、ライトだけで撮影するというフォト派も増えてきているようです。今回はそんなライトを使った撮影や、ストロボと一緒に使うような工夫したライティングを解説していきたいと思います。

背景をぼかすことで、具体的にはっきりとわかる背景を作らず、柔らかな色にまとめた。背景と被写体に距離があり、きれいにぼかすことができた撮影地:インドネシア・バリ
ライト2灯で撮影。ISO感度を少し上げて撮影するのがコツだ
撮影地:八幡野

ライト撮影のメリット、デメリット

 ライトでの撮影は、これまでのストロボでの撮影を異なる部分があります。メリットとしては、シャッターを切る前から、被写体に光が当たっているかどうかの確認ができること。作例のように、岩陰にいるような被写体は、ストロボだと撮るまで結果がわからないものです。しかし、ライトでの撮影ならば、液晶画面やファインダーでライティングを確認しながら撮影できるので、ライティングの失敗は格段に減ります。逆にデメリットは、ずっと光を当てながら撮影するので、光に敏感な生き物は隠れてしまうこともあります。これはいきなり強い光量で当てるのではなく、徐々に光量を上げて、光に慣らすという撮り方をすれば撮影ができると思います。

オーバーハング上の岩の中にいたフリソデエビ。ストロボの位置が悪く、影になってしまった

オーバーハング上の岩の中にいたフリソデエビ。ストロボの位置が悪く、影になってしまった

発光部を低くして撮影。被写体にしっかりと光が当たった。ライトであれば撮影以前にライティングの確認ができるので、失敗が少ない撮影地:串本 (2点とも)

発光部を低くして撮影。被写体にしっかりと光が当たった。ライトであれば撮影以前にライティングの確認ができるので、失敗が少ない 撮影地:串本 (2点とも)

2灯ライティングに挑戦

 海で、ストロボやライトを二つ(もしくはそれ以上)つけたデジカメを見たことがありませんか。これは2灯(それ以上なら多灯)ライティングと呼ばれるものです。なぜ一つの光源でなく、複数使うのか解説していきます。
 光源を一つだけにすると、当然影が発生します。ライティングの向きによって、その影を隠すことも可能ですが、そうなるとライティングのしかたも限られてきます。そこで、複数の光源を使って、影を薄くしてあげるのがこのライティングです。ただしあくまで影を消すのではなく、薄い影にするだけですから、光源が多ければ、影もたくさん現れるわけです。その点に注意しながら多灯ライティングをやってみましょう。

筆者のライト使用時のマクロ撮影セット。レンズを挟み、左右から光を当てるようにし、影を相殺している

筆者のライト使用時のマクロ撮影セット。レンズを挟み、左右から光を当てるようにし、影を相殺している

光源をデジカメの左上から当てた作例。画面右側に影ができている

光源をデジカメの左上から当てた作例。画面右側に影ができている

反対に、デジカメの右側から発光。当然左から発光させた作例とは逆側に影ができる

反対に、デジカメの右側から発光。当然左から発光させた作例とは逆側に影ができる

左右両方から発光。影が弱くなり、全体に明るい印象に。あまり左右均等にし過ぎても、フラットな印象になってしまうので工夫が必要だ撮影地:串本(3点とも)

左右両方から発光。影が弱くなり、全体に明るい印象に。あまり左右均等にし過ぎても、フラットな印象になってしまうので工夫が必要だ
撮影地:串本(3点とも)

スポット光で撮影してみる

  通常、ストロボやライトは光が広く均等に当たるように設計されています。それをあえて狭い範囲にだけ当たるようにして撮影したのがスポット光です。スヌートと呼ばれる商品や、狭い範囲だけを照らすライトなどを利用すると、作例のように、画面の一部にだけ光が当たったような撮影ができます。光の当たる範囲をさらに小さくすれば、舞台のスポット光のように、被写体にだけ光を当てることもできるでしょう。

スポット光のライトで撮影。被写体とその周辺にだけ光が当たっている 撮影地:八幡野

スポット光のライトで撮影。被写体とその周辺にだけ光が当たっている 撮影地:八幡野

ライトとストロボを合わせて使う

 ストロボだけでなく、一緒にライトをアクセント光として使っても雰囲気が変わる写真が撮れます。作例のミジンベニハゼはビンを住み家にしていました。一枚目はストロボだけで撮影したものです。被写体に光は当たっていますが、ビンの中は真っ暗です。そこで、ビンの底からライトを一灯当ててみました。すると、ビンの中が明るくなり、内部も見え、ミジンベニハゼも良く見えるようになりました。
 またホヤに卵を産み付けるガラスハゼの作例でも背景からライトを当て、ホヤのメタリック感が強調できるようにライティングをしています。これらのように、ストロボとライトをうまく組み合わせることで、ストロボ光だけでは、フラットになりがちなライティングに変化をつけることができます。

ストロボのみで撮影。ビンの内部は暗く、見えない

ストロボのみで撮影。ビンの内部は暗く、見えない

ビンの底にライトを当てて、内部を明るく照らした 撮影地:安良里

ビンの底にライトを当てて、内部を明るく照らした
撮影地:安良里

画面奥、ホヤの向こう側からライトを照らしつつ、ストロボ光を発光。ホヤやそこに産み付けた卵の透明感がライティングを工夫することで表現できた 撮影地:インドネシア・バリ島

画面奥、ホヤの向こう側からライトを照らしつつ、ストロボ光を発光。ホヤやそこに産み付けた卵の透明感がライティングを工夫することで表現できた
撮影地:インドネシア・バリ島

まとめ

 ストロボとライトは、うまく組み合わせることで、これまでとは一味違ったライティングを楽しむことができます。同じ被写体でも光の当て方で印象が変わってくるので、いろいろ試してみてください。

 皆さんの疑問、質問にお答えします!!「どうしてこんな風に写ってしまうの?」、「このボタンは操作すると、写真がどう変化するの?」など質問があれば、どんどんお答えします!!

次回からは、人気の被写体の撮影法について解説します。毎回被写体別のコツや持っているといいおすすめ機材などを解説します。
ぜひ撮影時の参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんの疑問、質問にお答えします!!

皆さんの疑問、質問にお答えします!!「どうしてこんな風に写ってしまうの?」、「このボタンは操作すると、写真がどう変化するの?」など質問があれば、どんどんお答えします!!

疑問・質問を投稿する

原田 雅章Masaaki Harada

原田 雅章 1972年3月埼玉県生まれ。
日本大学芸術学部写真学科卒業。
大学在学中に沖縄を何度も訪れ、島の風景や人々に感動しスクーバダイビングを始める。
卒業後、(株)水中造形センターに入社。
同社出版物である『マリンダイビング』、『マリンフォト』などの雑誌で活躍中。
国内は、伊豆半島、紀伊半島、沖縄各島など、海外は南の島を中心に、太平洋、インド洋、カリブ海など20ヵ国以上を撮影。
ダイビング経験は20年、約4000本の潜水経験を数える。
雑誌での取材はもちろん、各地でフォトセミナーを開催。"はらだま"の愛称で親しまれる。

関連書籍Book concerned

関連する雑誌・書籍

DIVINGスタート&スキルアップBOOK 2015

DIVINGスタート&スキルアップBOOK 2015

DIVINGスタート&スキルアップBOOK

DIVINGスタート&スキルアップBOOK

上手くなる!水中写真

上手くなる!水中写真

関連するMarinePhoto

2015年春号

2015年春号

2015年冬号

2015年冬号

2014年秋号

2014年秋号

2014年夏号

2014年夏号

2014年春号

2014年春号

2014年冬号

2014年冬号

関連するMarineDiving

Marine Diving 2015年6月号

2015年6月号

Marine Diving 2015年5月号

2015年5月号

Marine Diving 2015年4月号

2015年4月号

Marine Diving 2015年3月号

2015年3月号

Marine Diving 2015年2月号

2015年2月号

Marine Diving 2014年8月号

2014年8月号

Marine Diving 2014年7月号

2014年7月号

2014年6月号

2014年6月号

2014年3月号

2014年3月号

2014年2月号

2014年2月号

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • 久米島観光協会
  • オリオン
  • AQROS
  • マリンダイビングフェア2019
  • MDShop Amazon
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • おすすめダイビングツアー
  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビングクラブ
  • 海のBooks&Goods
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • マリンダイビングフェア2019
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント