ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

水中写真がうまくなる!!
第30回 オートフォーカスを使いこなす

水中写真がうまくなる!! ~プロが教える撮影テクニック~

みなさん、こんにちは。月刊『マリンダイビング』のカメラマンのはらだまです。
この連載では、水中写真の撮影機材や操作の方法、撮影のコツなどを、水中写真を始めたい、うまくなりたいという方に紹介していきます。ぜひ撮影のときに参考にしてみてください。

  • 「水中写真を撮ってみたい」「水中写真をきれいに撮りたい」という方はクリック!ゼロからわかる基礎ガイド上手くなる!水中写真
  • びっくりするほど上手くなる!水中写真の学校 一人でもOK 初心者、大歓迎!プロがお悩み解決♪参加者大募集!
動く被写体にも、しっかりとピントを合わせよう撮影地:静岡県・伊東市・八幡野

動く被写体にも、しっかりとピントを合わせよう
撮影地:静岡県・伊東市・八幡野

「半押し」をしっかりと!!

 デジカメではシャッターボタンを押すことでオートフォーカスが作動し、ピントを合わせてくれます。スマートフォンや、タッチパネル式のデジカメではピントを合わせたいものを液晶画面でタッチするだけで、ピントも露出も合わせてくれるようになっています。タッチパネルでのピント合わせは、水中写真では使えませんので、今回は、シャッターボタンを押すピント合わせについて解説していきます。
 通常、シャッターボタンを押し切らず、オートフォーカスが作動する深さまで押すことを写真用語で「半押し」と言います。この操作をしっかり行なわないとピントが正確に合った写真は撮れません。ピントが甘い写真ばかりという人は、この「半押し」をしっかり行ないましょう。また、普段グローブをつけて水中写真を撮っている人は、素手と感覚が違うので、グローブをつけて練習するのもいいでしょう。

半押しはピント合わせの基本動作。慣れるまでしっかりと練習しよう

半押しはピント合わせの基本動作。慣れるまでしっかりと練習しよう

ピントが合うと、ピントを合わせた枠(フォーカスエリア)が緑色に光ったり、電子音で知らせてくれる

ピントが合うと、ピントを合わせた枠(フォーカスエリア)が緑色に光ったり、電子音で知らせてくれる

水中でのピント合わせの難しさ

 半押ししてピントが合うと、被写体までの距離でピント位置がロックされます。例えば1m先の被写体に一度ピントを合わせて、半押し状態のままでいると、どの方向にも1mの距離でピントが合うということです。このオートフォーカスの方式を「シングルオートフォーカス(S-AF)」と呼びます(メーカーにより呼称が違うこともあります)。陸上で、動かない被写体や、風景などを撮る場合はこのオートフォーカスで問題ないでしょう。しかし、水中では、浮いた姿勢で撮影したり、泳ぐ被写体を撮ったりと、被写体との距離が一定ではありません。シングルオートフォーカスでピントを合わせても、次の瞬間には被写体との距離が違ってしまっているかもしれません。そんなときは、シングルオートフォーカス以外の動く被写体向きのオートフォーカスを設定しましょう。

泳ぎながら撮影することもある水中撮影では、被写体との距離が一定にならない

泳ぎながら撮影することもある水中撮影では、被写体との距離が一定にならない

シングルオートフォーカスでは、被写体との距離が変わり、ピンボケになることも

シングルオートフォーカスでは、被写体との距離が変わり、ピンボケになることも

動く被写体に有効な、
コンティニュアスオートフォーカス

 シングルオートフォーカスが、ピントが合うと、ピントの距離がロックされる方式なのに対して、コンティニュアスオートフォーカスは、半押ししている間、フォーカスエリアに入る対象物に、ピントを合わせ続けるオートフォーカスです。これであれば、泳ぎながらでも、被写体との距離が変化しても、ピントの調整をカメラがやってくれます。
 注意点としては、シングルオートフォーカスと違い、ピントが合っていないときでもシャッターが切れてしまうことです。撮影者がピントの状態をしっかりと確認しなければなりません。また、ピントを合わせたい部分をきちんとフォーカスエリアに収めること。そうしないと、違う部分にピントを合わせ続けてしまいますから。
 コンティニュアスオートフォーカス(メーカーによって、C-AFという呼称や、別の呼称もあります)は、筆者も水中でのワイド撮影時もマクロ撮影時もこのオートフォーカスを使用しています。

コンティニュアスオートフォーカスの設定は機種によって違うので、説明書で確認しよう

コンティニュアスオートフォーカスの設定は機種によって違うので、説明書で確認しよう

動く被写体でも、コンティニュアスオートフォーカスなら、デジカメがピントの調整をしてくれる撮影地:フィリピン・ボホール

動く被写体でも、コンティニュアスオートフォーカスなら、デジカメがピントの調整をしてくれる
撮影地:フィリピン・ボホール

他にもある、
オートフォーカスの種類

 機種によっては、シングルオートフォーカスとコンティニュアスオートフォーカス以外にも違うタイプのオートフォーカスがあります。被写体にオートフォーカスをロックすると、位置や距離が変わってもピントを追い続ける自動追尾オートフォーカスや、人物や動物の目にピントを合わせる、瞳オートフォーカスなどさまざまな機能があります。取扱説明書をもう一度よく読んで、自分のデジカメをきちんと理解し、もっともっと使いこなしましょう!

他にもある、オートフォーカスの種類

まとめ

 今回は、オートフォーカスについて解説しました。ピント合わせは、陸上であれば、「合っていて当たり前」な写真の基礎です。取扱説明書を再度確認して、使い方に慣れてから水中で使えるようにしておきましょう。次回もお楽しみに。

原田 雅章
原田 雅章
1972年3月埼玉県生まれ。
日本大学芸術学部写真学科卒業。
大学在学中に沖縄を何度も訪れ、島の風景や人々に感動しスクーバダイビングを始める。
卒業後、(株)水中造形センターに入社。
同社出版物である『マリンダイビング』などの雑誌で活躍中。
国内は、伊豆半島、紀伊半島、沖縄各島など、海外は南の島を中心に、太平洋、インド洋、カリブ海など20ヵ国以上を撮影。
ダイビング経験は25年、約5000本の潜水経験を数える。
雑誌での取材はもちろん、各地でフォトセミナーを開催。"はらだま"の愛称で親しまれる。

次回更新予定日 2020年4月1日

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • びっくりするほど上手くなる!水中写真の学校 一人でもOK 初心者、大歓迎!プロがお悩み解決♪参加者大募集!

バックナンバー

ちょっとの工夫でこのうまさ
水中写真の撮り方