ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

水中写真がうまくなる!!
第31回 
春濁りの海で、ワイド写真を撮る

水中写真がうまくなる!! ~プロが教える撮影テクニック~

みなさん、こんにちは。月刊『マリンダイビング』のカメラマンのはらだまです。
この連載では、水中写真の撮影機材や操作の方法、撮影のコツなどを、水中写真を始めたい、うまくなりたいという方に紹介していきます。ぜひ撮影のときに参考にしてみてください。

  • 「水中写真を撮ってみたい」「水中写真をきれいに撮りたい」という方はクリック!ゼロからわかる基礎ガイド上手くなる!水中写真
  • びっくりするほど上手くなる!水中写真の学校 一人でもOK 初心者、大歓迎!プロがお悩み解決♪参加者大募集!
いつもこんな透明度だといいんですが…。撮影地:静岡県・伊東市・富戸

いつもこんな透明度だといいんですが…。
撮影地:静岡県・伊東市・富戸

春濁りの季節

 例年、春先から日本近海の海では、透明度が落ちることがあります。「春濁り」と呼ばれる現象で、秋から冬にかけてスコーンと抜けていた透明度が、徐々に悪くなり数メートルの視界ということもあります。こんな透明度では、マクロ撮影オンリーになってしまいそうですが、逆転の発想で、季節感のあるワイド写真を撮ってみるのはいかがでしょうか。
 もちろん、本来青く写るはずだった海は緑がかった色になってしまいます。さらにそのまま撮ると、緑を通り越して黒くつぶれた背景になってしまうことも。そんな悪条件下でもきちんと撮れるように、撮影のヒントを解説していきます。

透明度の悪い海でも、ワイド写真にチャレンジ!!

透明度の悪い海でも、ワイド写真にチャレンジ!!

なぜ背景が暗くなってしまうのか

 透明度の悪い環境では、太陽の光も届きにくく、海中のようすも暗くなります。そんな状況で、ストロボを発光させても、ストロボ光が届かない遠くの背景は、暗いままになってしまいます。陸上で例えると、夜景をバックに人物をストロボで撮ると、見た目以上に背景が写らないというシチュエーションと似ています。そこで、背景の明るさを考慮したカメラの設定をしてみましょう。

透明度の悪い海況では、いつもと同じように撮ると、背景が暗くなってしまう

透明度の悪い海況では、いつもと同じように撮ると、背景が暗くなってしまう

マニュアル露出で撮ってみよう

 普段あまりカメラを操作せずに撮っていると、こうした海況のときは、背景を明るく撮るのは難しいと思います。少し難しくなりますが、デジカメを自分で操作して撮影技術をワンステップ向上させてみましょう。
 まずは、写真の明るさを決める露出を調整するために、露出モードを変えてみます。いつもP(プログラムオート)や、水中モードで撮っている人は、露出モードダイヤルをM(マニュアル)に切り替えてみましょう。これは、写真の明るさを決める「絞り」と「シャッタースピード」を撮影者が決めるモードで、できあがる写真の明るさ=露出を撮影者が決めることができます。この「絞り」と「シャッタースピード」の組み合わせを知ることは、写真の基礎ではあるのですが、ここでは、「シャッタースピードを遅くする」とだけ覚えておいてください。シャッタースピードとは、液晶画面やファインダーに1/125とか1/30と表示されるもので、125分の1秒とか30分の1秒と読みます。分母が大きいほど速いシャッタースピードとなり、動くものでもピタッと止めて写すことができます。

露出モードをマニュアルに変えて撮ってみよう

露出モードをマニュアルに変えて撮ってみよう

 透明度の悪い海況では、普段より遅いシャッタースピードで撮影すると、背景を明るく撮ることができます。絞りは普段設定している値と同じで大丈夫です。普段の露出値がわからない人は、これまでに撮った画像を見て、露出値を確認してみましょう。
 具体的にどのくらいのシャッタースピードがいいのかは、その状況によって変化しますので、何段階かシャッタースピードを変えながら撮ってみるといいでしょう。

露出モードをマニュアルに変えて撮ってみよう

露出モードをマニュアルに変えて撮ってみよう

シャッタースピードを1/50秒で撮影。背景の海の色が暗くなってしまった

シャッタースピードを1/50秒で撮影。背景の海の色が暗くなってしまった

シャッタースピードを1/50秒で撮影。背景の海の色が暗くなってしまった

同じところで、1/13秒で撮影。背景が明るくなった。どちらも絞りはf16という値で撮影

遅いシャッタースピードでの注意点1
手ブレに注意

 シャッタースピードが遅くなると、手ブレをしやすくなります。ただでさえ不安定な姿勢で撮る水中ですから、しっかりとカメラをホールドして撮りましょう。コンパクトデジカメであっても、両手できちんとデジカメを持って、ブレを防ぎましょう。

筆者の撮影姿勢。両手でデジカメをホールドしながら、マスクをファインダーにつけて、泳ぎながらでも上半身が動かないようにしている

筆者の撮影姿勢。両手でデジカメをホールドしながら、マスクをファインダーにつけて、泳ぎながらでも上半身が動かないようにしている

遅いシャッタースピードでの注意点2
浮遊物の写り込みに注意

 透明度が悪いということは、海中に浮遊物が多く漂っているということなので、ストロボ光に反射して、浮遊物が写り込みやすくなります。ですので、ストロボをレンズから離して、浮遊物の反射に注意して撮ってみてください。

透明度が悪い海での水中撮影では、浮遊物の写り込みに注意

まとめ

 今回は、この季節特有の、春濁りでのワイドを撮るコツを解説しました。スローシャッターで撮ることで、背景を明るくすることができるので、ぜひ試してみてください。次回もお楽しみに。

原田 雅章
原田 雅章
1972年3月埼玉県生まれ。
日本大学芸術学部写真学科卒業。
大学在学中に沖縄を何度も訪れ、島の風景や人々に感動しスクーバダイビングを始める。
卒業後、(株)水中造形センターに入社。
同社出版物である『マリンダイビング』などの雑誌で活躍中。
国内は、伊豆半島、紀伊半島、沖縄各島など、海外は南の島を中心に、太平洋、インド洋、カリブ海など20ヵ国以上を撮影。
ダイビング経験は25年、約5000本の潜水経験を数える。
雑誌での取材はもちろん、各地でフォトセミナーを開催。"はらだま"の愛称で親しまれる。

次回更新予定日 2020年6月3日

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • びっくりするほど上手くなる!水中写真の学校 一人でもOK 初心者、大歓迎!プロがお悩み解決♪参加者大募集!

バックナンバー

ちょっとの工夫でこのうまさ
水中写真の撮り方