Marine Diving web

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

Facebook Twitter Instagram

ニュース・トピックス

ACQUAPAZZAよりソニーα7R3用ハウジングAPSO-A73が発売

先日開催されたカメラショー「CP+」でも注目を集めていたソニー製ミラーレス一眼「α7RIII」用のハウジング《APSO-A73》が、ACQUPAZZA(アクアパッツァ)より3月12日に発売された。
選べる16色のボディカラーや高い加工精度は言わずと知れた同社の特長だが、角度を自由に設定できるバリアングルグリップやレンズの選択肢が広がる大口径LBポート、ボタンは太径10mm、ジョグダイヤルも操作でき、細部にいたるまで考え尽くされた仕上がりとなっている。
面白いのは、ストロボ用スペースを確保することで、ソニー純正ストロボによるTTL撮影を可能にしたこと。このスペースはストロボの代わりにモバイルバッテリーを入れることもでき、より長時間(本体バッテリーのみの場合の約5.4倍)の4K動画撮影なども可能となる。
《APSO-A73》なら、ミラーレスのコンパクトなボディに35mmフルサイズセンサーを採用し、高画質4240万画素、ISO感度最高10万2400、光学式5軸ボディ内手ブレ補正など、デジタル一眼を凌駕するα7RIIIの性能を水中でもいかんなく発揮できるはずだ。

トップページへ戻る