Marine Diving web

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

Facebook Twitter Instagram

ニュース・トピックス

世界初 水深120mまで測定できる機械式腕時計
「レイダー・バシィ120メモデプス」日本初展示!

 2018年10月8日(月)まで、「レイダー・バシィ120メモデプス」日本初の展示が行なわれている。「レイダー・バシィ120メモデプス」とは、2018年3月、スイスの高級時計ブランド《ファーブル・ルーバ》より発表された、機械式腕時計として世界で初めて水深120mまで測定することを可能にした時計だ。
 1968年、《ファーブル・ルーバ》は、世界で初めて水深計を搭載した腕時計「バシィ」を発売。今年が「バシィ」発売50周年ということで、その後継機として発売されたのが、最大潜水深度記録機能「メモデプス」を搭載した新作「レイダー・バシィ120メモデプス」なのだ。オリジナルのレトロフューチャーデザインと、水深計搭載機械式腕時計のコンセプトを継承。しかし機能面は、水深の計測範囲の拡大など、大進化している。
 《ファーブル・ルーバ》281年の歴史の中で生まれた機械式腕時計を手に取ってじっくり見てみるチャンスだ。

展示期間:2018年9月25日(火)~10月8日(月・祝)
場所:タカシマヤウオッチメゾン 東京・日本橋 1階

「2018 タカシマヤ プレステージ ウオッチフェア」
《ファーブル・ルーバジャパン》公式サイト
《ファーブル・ルーバジャパン》「レイダー・バシィ120メモデプス」

トップページへ戻る