Marine Diving web

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

Facebook Twitter Instagram

ニュース・トピックス

~現地の海から~ 徳島・日和佐 《海と遊ぼ屋 海逹》発信
ベストシーズン到来 タカアシガニダイビング

オスとメスのペア
撮影者は《ダイビングスクール イオ 池田校》西 博之さん

オスとメスのペア
撮影者は《ダイビングスクール イオ 池田校》西 博之さん

 2019年3月23日(土)、徳島・日和佐で今シーズン初めてタカアシガニが出た!  
 《海と遊ぼ屋 海逹》では、23日~24日、イベント「タカアシガニ &ダンゴウオ 、大捜索!!」を開催。1日目にメスの単体、2日目にオスとメスのペアが発見されたそう。
 例年、3月中旬ごろから見られるようになるタカアシガニだが、今年は出てくるのが遅かったようだ。普段は水深300m前後に生息していて、シーズンに入ると、だいたい水深25~30mの砂地やゴロタで見られるようになる。たまに磯に上がってくることもあり、水深5~10mの浅瀬で出会えることもあるとか! 世界最大の甲殻類を水深5mで見られたら、大興奮してしまいそう……。なお、タカアシガニを見ることができるのは4月中旬くらいまで。ダンゴウオも大量発生中(昼は幼魚・天使の輪、ナイトでは親が見られている)なので、どっちも見るには今がチャンスだ。
 日和佐でのダイビングは基本ボートダイビング。2019年2月よりボートでのナイトダイビングができるようになった。イセエビの群れや、スナビクニン、そして先述した大人のダンゴウオが見られているが、これからはタカアシガニも捜索するそう! 日和佐の冒険ダイビングにレッツゴー♪ 

情報・写真提供:《海と遊ぼ屋 海逹》

今月の連載「水深別魚ッチング」では日和佐をご紹介! 
こちらもチェックしてみて。

ダンゴウオもいっぱい

ダンゴウオもいっぱい

ナイトダイビングではイセエビの群れが

ナイトダイビングではイセエビの群れが

トップページへ戻る