ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

LINE Facebook Twitter Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE

現地の海から~水深別魚ッチング!~
奄美大島

奄美大島

「ここのエリアでは一体何が見られるの?」という疑問はここで解決!
現地ガイドから、水深別に見られるおすすめの生き物を教えてもらいました。
定番の生き物はもちろん、今まで知らなかった生き物情報も満載! 次に行ったらリクエストしてみよう。

 

奄美大島

水面
水深10m

パンダダルマハゼ

 サンゴの中を覗けば白黒模様のパンダダルマハゼ。夏場にはサンゴの中に卵を産んで見守る姿も、卵と一緒に写真も撮れますよ。

Comment:《ネイティブシー奄美》諏訪誉さん

ザトウクジラ

 1~4月はザトウクジラの季節。奄美ではほかではできない、ホエールスイムも開催しています。

Comment:《マリンスポーツ奄美》才秀樹さん

ニシキテグリ

 奄美大島北部の湾奥の穏やかなスポットではユビエダハマサンゴが群生しており、ニシキテグリの一大生息地となっています。

Comment:《リラックス ダイビングサービス》前田聡さん

ヒレナガネジリンボウ

 ヤシャハゼと同じく水深10mくらいから見られ、周りを見渡せはヒレナガネジリンボウだらけということも! 引っ込んでもすぐそばに出ているので安心して接写が楽しめます。

Comment:《ネイティブシー奄美》諏訪誉さん

アオウミガメ

 ダイバーになったら一度は会いたいウミガメ。 奄美大島では生息しているスポットに潜れば、1ダイブで多い時は5個体以上のウミガメに出会えることがあります。ビーチエントリーでも出会えるので、まだスキルに不安があるダイバーでも安心して見に行けます。

Comment:《ネバーランド》古田直基さん


水深20m

ホタテツノハゼ

 珍しいはずのこのハゼ。奄美のスポットでは何個体も見ることができます。帆を立てた瞬間にシャッターを!

Comment:《マリンスポーツ奄美》才秀樹さん

ピグミーシーホース

 浅い水深で見ることのできる奄美のピグミーは一つのヤギに数個体ついていることもあります! 水深浅めなので、じっくり向き合えます。

Comment:《ネイティブシー奄美》諏訪誉さん

スミレナガハナダイ

 湾内の水深20m付近ではスミレナガハナダイが見られるのですが、オスが完全にはオスに成りきっておらず、不思議な色合いをしています。

Comment:《リラックス ダイビングサービス》前田聡さん

メガネアゴアマダイ

 ちょっとシャイなジョーフィッシュですが、いつも空を向いてたそがれているような姿でボクらを待ち構えます。7月以降は口内保育をする姿もバッチリ観察できますよ!

Comment:《ネイティブシー奄美》諏訪誉さん

ヤシャハゼ

 他の地域では生息水深が深かったり、個体数が少なかったりするハゼのアイドル、ヤシャハゼは、奄美大島では水深20m前後に多く生息しており、非常に観察がしやすいのが魅力です。
夏場になるとヤシャハゼやヒレナガネジリンボウが同居しているシーンも観察できることがあります。

Comment:《ネバーランド》古田直基さん


水深30m

ムレハタタテダイ

 水深30mの砂地に点在する根に付いています。群れで泳ぐさまはなかなか見ごたえがあります。

Comment:《リラックス ダイビングサービス》前田聡さん

シライトベンケイハゼ

 深場ですが、白のラインが細くオレンジ色が濃いベンケイハゼの仲間。ちょっとレア物ですが、見つけると長い間居着いてくれるので、写真も撮りやすく、上目遣いは天下一品です。

Comment:《ネイティブシー奄美》諏訪誉さん

スジクロユリハゼ

 意外と知られていないこのハゼ。水深が少し深いので、誰でも見られる訳ではありませんが、ヒレを広げた瞬間がとてもきれいです。

Comment:《マリンスポーツ奄美》才秀樹さん

ビードロカクレエビ

 名前の通りガラスのような美しいエビ!! 無数に体に散りばめられた白と茶色の点々、ハサミには紫の化粧を施し、ほかの生物をクリーニングして職人の宝であるハサミに磨きをかけてます。

Comment:《ネイティブシー奄美》諏訪誉さん

アケボノハゼ

 深場の代表、アケボノハゼも奄美大島で観察できる人気のハゼの"一人"。 水深を落とせば個体数が多く、非常に観察がしやすいです。写真のようになかなか出会うことのできない幼魚に出会えることもあります。

Comment:《ネバーランド》古田直基さん

協力ショップ一覧

ネバーランド
兵庫県出身の古田直基さんが2014年、独立してできたお店。空港から車で5分のリゾート《ホテルコーラルパームス》内にあるので居心地抜群。施設や器材も新しくて快適! お一人様から全力投球!をモットーに古田さんらスタッフが全力で海を魅せてくれる。8月には自社ボートを導入してさらに快適に。
ネイティブシー奄美
空港から約20分の龍郷町にあるダイビングサービス。2011年に施設が移転したばかりなので施設が新しく、宿泊施設もあり。お店から人気スポットに近く、エビカニ系のマクロ生物に詳しいガイド諏訪誉さんを始めとしたスタッフが海をご案内!
マリンスポーツ奄美
奄美の中心地である奄美市名瀬にある奄美ガイド歴15年以上の才秀樹さん率いるダイビングサービス。自社ボート2艇で縦横無尽に奄美の海を案内してくれる。リクエスト次第ではお店のテラスでBBQも可能!
リラックス ダイビングサービス
奄美大島北部の龍郷町安木屋場(アンキャバ)にあるダイビングサービス。奄美北部エリアをカバーしており、フォト派ダイバーから熱い指示を受けている。地形に海洋生物に奄美北部の自然を大満喫できるはずだ。
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE
トップページへ戻る

バックナンバー

関連書籍Book concerned

フィッシュウォッチング500

フィッシュウォッチング500

海の生き物ウォッチング500

海の生き物ウォッチング500

マリンダイビング最新号

マリンダイビング最新号

「La SCUBA」最新号

「La SCUBA」最新号

楽園モルディブ2020

楽園モルディブ2020

沖縄ダイビングガイド2016

沖縄ダイビングガイド2016

最新号

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK

おすすめサイト

  • オリオン
  • AQROS
  • スタッフ募集

サイト内検索

リンク

  • 5%還元でお得にお買い物 Marine Diving SHOP
  • 地球の海フォトコンテスト
  • おすすめダイビングツアー
  • メルマガ登録解除
  • 海を守ろう 考えよう
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • マリンダイビングフェア2020
  • JLDA
  • OKマリンプロ

最新号

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK

おすすめ特集

今月のプレゼント