ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

Facebook Twitter Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE

ダイビングライセンス(Cカード)を取ろう!
Cカード・指導団体って何?

Cカードを取得しよう!Cカード・指導団体って何?

ダイビングをするには、「ダイビングライセンス(Cカード)」と呼ばれるカードが絶対必要。一般的には“ライセンス”と言われるがこれは「免許証」ではなく、「ダイビング指導団体」が発行する「認定証」のことを指す。今回は「Cカード」とそれを発行する「指導団体」について説明しよう!

ダイビングの始め方徹底ガイド

Cカードってそもそも何?

「Cカード」=「認定証」のこと!

「認定証(Certification Card)」の頭文字をとって「Cカード」と呼ぶ。一般的には「ダイビングライセンス」と呼ばれることが多いが、国が発行している公的な免許証ではない。民間の「ダイビング指導団体」が発行していて、ダイビングショップ(ダイビングスクール)のインストラクター指導のもと、各指導団体が定めている講習(学科・プール講習・海洋実習)を受けて、合格基準に達すれば発行される。

信頼できる「指導団体」選びも
楽しくダイビングする大事なポイント

ワールドワイドに潜るなら
「指導団体」選びにも注目!

ダイビングをするのに必要な「Cカード」を発行しているのがダイビングの教育機関「ダイビング指導団体」で、一般的には「指導団体」と呼ばれる。よく知られているところでは世界に組織があり、当サイトでも紹介しているPADIやSNSIなどがある。その数は国内だけでも何十にも登り、指導団体ごとにカリキュラムが少しずつ異なる。その知名度にも差があり、中には日本国内でしか通用しない指導団体もある。だから、ダイビングショップ(ダイビングスクール)選びはもちろん、そのダイビングショップのインストラクターがどこの指導団体の認定を受けているのか、ダイビングショップはどの指導団体の加盟店なのかにも注目して選ぶ必要があるというわけだ。

質が高く、楽しくスキルが
身につくことで評判のSNSI!

カリキュラムが違うなら、
潜れる海も違ってくるの?

各指導団体によってカリキュラムが異なると言ったが、日本では多くの指導団体が《Cカード協議会》正式には《レジャーダイビング認定カード協議会》に属していて、その組織の中ではRSTC(Recreation Scuba Training Council)の基準にのっとった、最低限の指導内容が定められている。ここに加盟している指導団体で講習を受ければ、世界に通用するダイバーになれる。ある程度の基準が統一されているからこそ、持っているCカードの指導団体の違いで潜れる海が区別されるということはないのでご心配なく!
さらに2019年現在、《WRSTC》という世界クラスの最低指導ラインを決めている団体の集まりが日本にも誕生している。

ダイビングの始め方徹底ガイド

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE
トップページへ戻る

関連書籍Book concerned

DIVING スタート&スキルBOOK2019

DIVING スタート&スキルアップ2019

「マリンダイビング」最新号

「マリンダイビング」最新号

スクーバダイビング読ん得ガイド

スクーバダイビング読ん得ガイド

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • AQROS
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • 地球の海フォトコンテスト
  • おすすめダイビングツアー
  • 海のBooks&Goods
  • メルマガ登録解除
  • 海を守ろう 考えよう
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

Present今月のプレゼント