ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

Facebook Twitter Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE

ダイビングを始めよう!
ダイビングライセンス(Cカード)
取得にかかる費用

ダイビングライセンス(Cカード)取得にかかる費用

ダイビングを始めるのに、まず気になるのはお金のこと。ダイビングに必要なダイビングライセンス(Cカード)はダイビングショップで講習を受けることで取得できる。講習にかかる費用はこんな感じ。目安にしてみて。

ダイビングの始め方徹底ガイド

Cカード取得にかかる費用の目安

だいたい4~8万円くらいが目安。
というのも、ダイビング講習でかかる費用は、ダイビングショップによってさまざま。なぜ違うのかというと、ダイビング講習は①学科講習 ②プール講習 ③海洋実習の3つから構成されているのだが、それぞれについて料金に含まれるもの、泊まりなのか日帰りなのか、どこの海で潜るかなどで違ってくるから。ダイビング講習には、教材費や講習費のほかにもさまざまなものが必要なのだ。

費用の内訳

  • ●教材費:講習で使用するテキスト、DVDなどの費用
  • ●講習費:学科、プール、海での講習費
  • ●Cカード申請料:認定後、Cカード発行の申請にかかる費用
  • ●施設使用料:プールや海で利用する施設の使用料
  • ●器材レンタル料
    • ①ダイビング器材:フィンやマスク、BCやレギュレーターなどの講習中に使用する器材のレンタル料。自分の器材を買う場合は、その代金がかかる。すべてをそろえなくても一部を購入することもできる(実際そういう人は多い)。
    • ②タンク・ウエイト レンタル料:プール講習と海洋実習で使用するタンク・ウエイトのレンタル料。自分で購入することはまずないので、レンタルする場合がほとんど。
  • ●交通費:プール施設や海までの交通費。
  • ●宿泊費:宿泊して講習を受ける場合の宿泊費。ホテル・ペンション・クラブハウス等、利用する宿泊施設によって金額が大きく変わる。
  • ●食費:講習中の食事にかかる費用。

自分の器材は買うべき?

ダイビングショップによっては、ダイビング講習申込時に器材の購入を勧めるところも。もちろん自分に合ったマイ器材を使えば、快適だし、モチベーションも上がる。でも迷っているなら、最初はレンタル器材、少しずつ自分の器材を買い揃えていくという選択もあり。3点セットを持っていればシュノーケリングも楽しめるので、それだけ最初に買うという人も多い。

マイ器材を購入したら、一緒に世界中の海を旅しよう!

マイ器材を購入したら、一緒に世界中の海を旅しよう!

注意すること

“安い”だけで、講習を受けるダイビングショップを選ぶのはおすすめしない。
「3万円でダイバーになれる」など一見安い料金設定の場合は、実は器材レンタル料や海洋実習の交通費や宿泊費が別だった……なんてことがありがち。見た目の安さだけで判断せずに、料金に含まれるものは何なのか、トータルでいくらかかるのかをしっかりと見極めることが大事。

ダイビングショップの選び方

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE
トップページへ戻る

関連書籍Book concerned

DIVING スタート&スキルBOOK2020

DIVING スタート&スキルアップ2020

「マリンダイビング」最新号

「マリンダイビング」最新号

スクーバダイビング読ん得ガイド

スクーバダイビング読ん得ガイド

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • AQROS
  • 北海道観光振興機構
  • おきなわトロピコ
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • 地球の海フォトコンテスト
  • おすすめダイビングツアー
  • 海のBooks&Goods
  • メルマガ登録解除
  • 海を守ろう 考えよう
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK

Present今月のプレゼント