ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

LINE Facebook Twitter Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE

現地の海から~水深別魚ッチング!~
稲取

稲取

「ここのエリアでは一体何が見られるの?」という疑問はここで解決!
現地ガイドから、水深別に見られるおすすめの生き物を教えてもらいました。
定番の生き物はもちろん、今まで知らなかった生き物情報も満載! 次に行ったらリクエストしてみよう。

海のいきもの図鑑(大)

稲取編

0mdeep

0m deep
ソラスズメダイ
ソラスズメダイ
スポット:「藤三」
初夏にかけて湾内からメインスポットの砂地までたくさんのソラスズメダイの群れが皆さまをお出迎え。
いろんな場所で見ることができるのですが、背景が違うとまた、これも見ものですね。
《稲取マリンスポーツセンター》五江渕拓磨さん
キイロウミコチョウ
キイロウミコチョウ
スポット:「藤三湾内」
シーズンが始まると大量発生するキイロウミコチョウ。
岩場や砂地、各スポットに群れで発生することもあります。小さな宝石をぜひ見つけてね。
《稲取マリンスポーツセンター》五江渕拓磨さん
クサハゼ
クサハゼ
スポット:「稲取港」
年中見ることができるハゼの仲間。湾内は砂泥のスポットなので、いたるところでいろんな種類のハゼに出会うことができます。その中でもクサハゼは個体数が多いが、臆病な子も多い……。
《稲取マリンスポーツセンター》五江渕拓磨さん
ミヤコウミウシ
ミヤコウミウシ
スポット:「稲取港」
初夏から見ることができるウミウシ。砂泥に現れる宝石を見つけることができるかな?
《稲取マリンスポーツセンター》五江渕拓磨さん
ニジギンポ
ニジギンポ
スポット:「稲取港」
エントリー直後に見ることができるニジギンポ。ギンポ団地では多い時は5個体以上のギンポが! 近くで見ることもできるので1人1個体楽しめます。
《稲取マリンスポーツセンター》五江渕拓磨さん

10mdeep

10m deep
アオウミガメ
アオウミガメ
スポット:「藤三」
年中目撃例があるアオウミガメ。1度現れると連日で見られることが多い個体です。
多い時には3個体のアオウミガメがいることもあります。ダイバーに人気の生物ですね。
《稲取マリンスポーツセンター》五江渕拓磨さん
イシダイ
イシダイ
スポット:「藤三」
稲取名物のイシダイたちはダイバーに慣れているので最大7尾!皆さんの近くに来ることも!?!?
近寄ってきたら手に持てる石2つをたたいてみてね。
《稲取マリンスポーツセンター》五江渕拓磨さん
アオウミウシ
アオウミウシ
スポット:「藤三」
砂地近くの大きな岩場にいることが多いアオウミウシ。見慣れている人が多いと思いますがやはり人気種。
いろんな角度から撮影が楽しめるウミウシです。
《稲取マリンスポーツセンター》五江渕拓磨さん
ネコザメ
ネコザメ
スポット:「藤三」「稲取港」
藤三には体調1.5m程の大きな個体が優雅に泳いでおり迫力満点の姿を見せてくれます。
稲取港では小さな赤ちゃんがかわいらしい姿を見せてくれます。
《稲取マリンスポーツセンター》五江渕拓磨さん

20mdeep

20m deep
イロカエルアンコウ
イロカエルアンコウ
スポット:「藤三ロープエンド」
ダイバー人気のカエルアンコウ! ロープエンドに1つだけ存在する目立つ岩にいることが多いです。
2018年はなぜか半年以上いついていた個体がいまだに健在中!
《稲取マリンスポーツセンター》五江渕拓磨さん

協力ショップ一覧

稲取マリンスポーツセンター
ダイビングスクールに必要なすべてを提供できるリゾート型ショップ「伊豆店」。
レクチャー、セルフスタディ、ダイビングギアのアフターケアを得意とする「東京店」。
2店舗でご利用いただくすべてのダイバーの皆さまにスクーバダイビングの楽しさをお伝えしております。
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE
トップページへ戻る
海のいきもの図鑑(大)

バックナンバー

関連書籍Book concerned

フィッシュウォッチング500

フィッシュウォッチング500

海の生き物ウォッチング500

海の生き物ウォッチング500

マリンダイビング最新号

マリンダイビング最新号

「La SCUBA」最新号

「La SCUBA」最新号

楽園モルディブ2020

楽園モルディブ2020

沖縄ダイビングガイド2016

沖縄ダイビングガイド2016