ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

LINE Facebook Twitter Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE

現地の海から~水深別魚ッチング!~
サイパン

サイパン

「ここのエリアでは一体何が見られるの?」という疑問はここで解決!
現地ガイドから、水深別に見られるおすすめの生き物を教えてもらいました。
定番の生き物はもちろん、今まで知らなかった生き物情報も満載! 次に行ったらリクエストしてみよう。

 

サイパン

水面
水深10m

クジャクスズメダイ

 サイパンでは普通種だが、日本国内だとあまり見られない浅場の代表的魚。水深10m以深ではまず見られない。シーラカンスのようなフォルムと、ギラギラと輝く美しい体色が特徴。

Comment:《MOCダイブセンター》HIROさん

モンツキカエルウオ

 まさに浅場のアイドルといった感じの顔の表情がたまりません。驚くと穴に引っ込んでしまうシャイな感じもかわいらしいですが、愛想の良い子ならまたすぐ出てきてくれちゃう意外とサービス精神旺盛なところもかわいいです。

Comment:《S2CLUBサイパン》若杉忠昭さん

 穴に隠れることが多いですが、深度が浅いので辛抱強く待っていればシャッターチャンスがあります。

Comment:《MSCサイパン》Shunjiさん

 何だかんだといっても多くのダイバーに人気ですからね。 スポットによってはこれでもか〜!というくらいたくさんいるのです。

Comment:《SIRENA MARINE SERVICE ROTA》林万記さん

 ダイバーに人気なのはかわいい顔をしてるのもあるが、よーく顔を見ると鼻毛のように出ている鼻皮弁がさらにかわいさに拍車をかけています☆

Comment:《MAKESURE DIVING》高橋卓さん

 岩にできた小穴に隠れて、周りの様子をうかがう姿がカワイイ。

Comment:《ブルージャスパー・サイパン》皆川治彦さん

レッドバンディッド

 サイパンでは、どこのスポットでも見ることができます。真っ赤なラインが最高にきれい!! 写真も撮りやすいです。

Comment:《AQUASOUL SAIPAN》穐丸宏樹さん

サンゴ群

 ロタ島のサンゴはパラオハマサンゴ、コブハマサンゴ、ハナヤサイサンゴ、シカツノサンゴと種類、色も豊富です。特に水深の浅いスポットではカラフルなサンゴに魚が群れてきれい。水深1mでも透明度は30m位あります。

Comment:《ROTA SCUBA CENTER RUBIN》山本博さん

アジの群れ

 ラウラウビーチにいるアジ玉は、ファンダイブはもちろん体験ダイビングやCカード講習中にも出会うことができます! いきなり豪快なアジのトルネードを見るとダイビングにハマりますよ♪

Comment:《PeaceDivers》廣木大志さん

サンゴの先っちょ

 日光がバンバン当たる浅瀬のサンゴ……の先っちょ。デジカメの進化と共に非常に簡単に、肉眼では確認できない世界に突入できます。

Comment:《アクアデルレイ・サイパン》小島輝秋さん

メアジの群れ

 通称アジ玉と呼ばれるほどの大量のメアジの群れがビーチダイビングにて見られます!

Comment:《AQUACONNECTIONS,INC.》星野真男さん

クマノミ

 水深が浅いので、水中観察には最適。種類もオレンジフィンアネモネフィッシュやダスキーアネモネフィッシュなどのミクロネシア固有種もたくさん見られます。

Comment:《PAL DIVERS CLUB》吉村香さん

チョウチョウウオの仲間

 浅いところはサイパンの得意とする深度だと思います。透明度が良く、太陽の光がいっぱいの浅い海は魚本来の色をそのまま見ることができるでしょう。チョウチョウウオなどの色のきれいな魚はよりきれいに。

Comment:《アクアマリン》押領司蘭子さん


水深20m

アオウミガメ

 透明度の高いロタではウミガメとの遭遇率も高いです。ゆっくり泳いでいればカメを間近で観察することもできます。クリスタルブルーに溶けてゆくカメをじっくりご覧ください。

Comment:《ROTA SCUBA CENTER RUBIN》山本博さん

コガネヤッコ

 サイパンでは普通種だが、ミクロネシアのほかの水域、沖縄などでも稀少種のコガネヤッコ。パラオでもほんど確認されていない。英名はレモンピールというかわいい名がついている。

Comment:《MOCダイブセンター》HIROさん

イエローカーディナルフィッシュ

 光り輝く体色が目立ち、群れているのでダイバーの目につきやすいです。また、ミクロネシア地域の固有種でもあるのがポイントです。

Comment:《MSCサイパン》Shunjiさん

カスミチョウチョウウオの群れ

 これだけ魚に囲まれてしまう体験もなかなかできないと思います。青い海に黄色と白の体色がとても鮮やかで、写真映えも最高! ダイバーが隠れてしまうので、「泳ぎながら撮影するね」とバディ同士で相談してから潜ってみてください。

Comment:《S2CLUBサイパン》若杉忠昭さん

 サイパン近辺のスポット「ディンプル」でカスミチョウチョウウオの群れが見られます。

Comment:《ブルージャスパー・サイパン》皆川治彦さん

ホソカマスの群れ

 「ナフタン」や「スポットライト」で観察でき、透明度の高い海で見る群れは宙に浮いているように見え、迫力もありますよ! あまり動き回らないので、カメラ初心者でも撮りやすい被写体です。

Comment:《PeaceDivers》廣木大志さん

マンジュウヒトデの裏側

 ヤドリエビ狙いで撮影される方が多いのですが、ヒトデの裏側の一つ一つの突起の色にはさまざまなバリエーションがあり、かわいいです。

Comment:《アクアデルレイ・サイパン》小島輝秋さん

ベニゴンベ

 サイパンのサンゴ礁は枝が広く、サンゴの中に隠れているベニゴンベを見つけやすく、撮りやすいんです。こんなにベニゴンベが見やすく、撮りやすいのはサイパンだけではないかと勝手に思っています。

Comment:《AQUASOUL SAIPAN》穐丸宏樹さん

ガーデンイール

 とても臆病で敏感な魚なので、そっと近づいて見ることができれば感動です。

Comment:《PAL DIVERS CLUB》吉村香さん

マダラトビエイ

 特に透明度の上がる冬のシーズンによく見られ、単体でときには50枚以上で発見することもあります。透明度がいいのでコンパクトデジカメでも簡単にマダラトビエイを撮影できます。

Comment:《AQUACONNECTIONS,INC.》星野真男さん

 冬が近づくといくつかのスポットで数十枚、時には100枚近くの群れが乱舞する様子は何にも代えられないほど美しい光景です。

Comment:《MAKESURE DIVING》高橋卓さん

アオマスク

 通常ならもう少し深くいるようですが、あるスポットでは18mくらいのところで見られます。
ガイドとしても楽ですし、ゲストも深く行かなくても見られるのでリスクが少ないですし、ゆっくり観察できますからおすすめです。

Comment:《SIRENA MARINE SERVICE ROTA》林万記さん


水深30m

アオスジスズメダイ

 水深27m付近、水温がパキッ!と移り変わる(下がる)深度から急にたくさん現れるスズメダイ。光り輝くブルーが美しく、水深30mでも発光しているかのごとくはっきりと見える。

Comment:《MOCダイブセンター》HIROさん

ニラミハナダイ

 写真はメスですが、深場の個体独特の鮮やかな体色で、イエロー×ピンクのカラーリングがオシャレ♪ 見た目は青ですが、ストロボを当てた瞬間に見えるキレイな色は感動的です。

Comment:《PeaceDivers》廣木大志さん

 「テニアンフレミング」は30〜40m付近と深いのですが、深い場所まで行った甲斐があったな〜と心から感じられるほどの色彩の美しさです。スキルなどを見てから行くスポットで、毎回はお連れできませんのでご了承くださいませ。

Comment:《S2CLUBサイパン》若杉忠昭さん

 残念ながら写真はメスです。オスのほうが何十倍もきれいなのですが……。ぜひご自分の目で見にいらしてください。

Comment:《AQUASOUL SAIPAN》穐丸宏樹さん

シコンハタタテハゼ

 紫・黄色のグラデーションの妙。そこに背ビレの赤が絶妙な色合いを演出しています。そんなヘルフリッチがほかの地域よりも多数見られます。

Comment:《MAKESURE DIVING》高橋卓さん

 これもダイバーに人気ですね。さらに30mを超えないところにいるので、シコンハタタテハゼ(ヘルフリッチ)にしてはゆっくり観察や写真が撮れるのです。

Comment:《SIRENA MARINE SERVICE ROTA》林万記さん

 深海のアイドルといっても過言ではないでは?? 「ナフタン」では数尾いることが多く、グループでダイビングしても1人1個体を独占して撮影できます。淡い体色が日本人の心に響きます。

Comment:《MSCサイパン》Shunjiさん

 深い場所にいるので写真に納めるのも困難なシコンハタタテハゼ。ですが、サイパンでは比較的浅めの水深にて遭遇しやすく、見る時間、写真を撮る時間もゆっくりとれて楽しめます。

Comment:《AQUA CONNECTIONS,INC.》星野真男さん

 頭部から尾にかけてのグラデーションがキレイ!

Comment:《ブルージャスパー・サイパン》皆川治彦さん

アオマスク

 水深20mから見られるアオマスクは警戒心もあまりなく落ち着いているので、撮影も可能です。

Comment:《ROTA SCUBA CENTER RUBIN》山本博さん

協力ショップ一覧

AQUA CONNECTIONS,INC.
サイパン島のダイビングから器材販売、マニャガハ島での体験ダイビング、スノーケリングまで幅広く対応! 4店舗展開しているので大勢での旅行にもぴったり。
AQUASOUL SAIPAN
2005年オープンのサイパンで一番やさしいガイド穐丸宏樹さんが海をご案内。のんびり、ゆっくりスタイルでキッズからシニアまで安心して楽しめる。お子様連れダイビングでも気軽に相談できるので家族旅行にもピッタリ♪
アクアデルレイ・サイパン
1984年創業、29年目を迎えたサイパン老舗ダイビングサービス。テルさんの丁寧なガイディングが好評で、リピーターが多く集う。
アクアマリン
押領司(おりょうじ)ご夫婦が経営されているダイビングサービス。アットホームな雰囲気で、学生からご年配の方まで幅広く受け入れ可能!
ブルージャスパー・サイパン
少人数制で安心、ガイドのハルさんはダイビングスポットの開拓にも熱心で、フォト派も多く通い詰める。じっくりまったり潜りたい方におすすめ!
MAKESURE DIVING
ゲストの方にサイパンの海を「確実に」安全なダイビングを、スキルアップのお手伝いができるようにをモットーに代表の卓(すぐる)さんが案内してくれる。
MOCダイブセンター
サイパンガイドのパイオニア的存在のヒロさんが率いるダイビングサービス。初めての方からハイレベルなフォト派ダイバーまで楽しめる。
MSCサイパン
1972年設立以来、無事故でガイディングしているダイビングサービス。「安全」「安心」にサイパンを楽しめる。ガイドの山口仁さんをはじめ、楽しませてくれるガイドばかり!
PeaceDivers
サイパン在住10年目の廣木大志さんがサイパンの海を楽しくガイディング! 自他共に認めるほどのサイパン1の元気なガイドがウリ。
S2CLUBサイパン
体験ダイビングからベテランダイバーまで皆さんがもう一度来たいと思えるサービスを! をモットーとして掲げており、居心地の良さにきっとリピーターになってしまうはず!
ROTA SCUBA CENTER RUBIN
世界中の海をガイドし、ロタ島の魅力に惹かれた山本さんがロタの海の魅力をガイドしてくれる。ロタの海を快適、ラクチンに楽しもう!
SIRENA MARINE SERVICE ROTA
ロタの海を知り尽くした林さんをはじめ、経験豊富なガイドが案内してくれる。「安全に楽しく」をモットーに透明度抜群のロタブルーを楽しめる。
PAL DIVERS CLUB
1981年から潜るベテランガイドがサイパンの海をご案内。安全第一、少人数制のダイビングサービスで、ガイドは全員日本人なので初めての海外ダイビングでも安心して楽しめること間違いなし!
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE
トップページへ戻る

バックナンバー

関連書籍Book concerned

フィッシュウォッチング500

フィッシュウォッチング500

海の生き物ウォッチング500

海の生き物ウォッチング500

マリンダイビング最新号

マリンダイビング最新号

「La SCUBA」最新号

「La SCUBA」最新号

楽園モルディブ2020

楽園モルディブ2020

沖縄ダイビングガイド2016

沖縄ダイビングガイド2016