年間110万人が訪れるダイビング情報サイト

地球の海フォトコンテスト2021
ビーチフォト部門入賞者発表

月刊『マリンダイビング』主催、世界最大規模の水中写真の公募展「地球の海フォトコンテスト2021」のビーチフォト部門に入賞された皆様を発表します。

入賞者の皆様へ

このたびは「地球の海フォトコンテスト2021」にご応募いただき、ありがとうございました。厳選な審査の結果、入賞作品が決まりましたので結果を発表いたします。

入賞作品タイトルとお名前をご確認ください。応募時にペンネームの記載があった方はペンネームを掲載してあります。
作品掲載や賞状などすべてお名前またはペンネームで統一されますので、ご注意ください。
・旧漢字や記号など表記ができない場合があります。ご了承ください。

・各部門の上位入賞者には当事務局よりご連絡申し上げます。
・マリンダイビングフェア2021会場内での地球の海フォトコンテスト2021入賞作品展では、ネイチャー・環境部門と自由部門の全入賞作品、ビギナー部門、ビーチフォト部門、ショップ部門の上位入賞作品および環境大臣賞、特別協賛賞、エリア賞、指導団体賞、優秀賞を受賞した作品を展示します。
ビギナー部門、ビーチフォト部門、ショップ部門の入選作品の展示はございませんので予めご了承ください。
・『マリンダイビング』5月号で各部門の上位入賞作品とビギナー部門、ショップ部門の全入選作品を掲載、『マリンダイビングウェブ』で全部門の入賞作品を掲載予定です。
⇒『マリンダイビング』5月号先行予約はこちら
・4/2(金)~4(日)開催予定の「マリンダイビングフェア2021」までは、ブログやHP、SNSなどへの入賞作品の画像掲載はお控えください。

タイトル、お名前の修正などは2021年3月10日(水)15:00までに下記アドレスに入賞部門名、お名前をご記載の上ご連絡ください。
E-mail:photo-con@marinediving.co.jp

各部門の上位入賞者の方には4/2(金)~4(日)に東京池袋で開催予定の「第29回マリンダイビングフェア2021」の会場内で表彰式を行なう予定です。事務局からご連絡しますので、楽しみにお待ちください。

ビーチフォト部門入賞者

(敬称略)

青木 裕美 「密漁⁉️」
秋山 拓哉 「広がる青」
明井 良太 「満天」
朝日 亨 「台風接近中の桂浜」
荒川 敏治 「二人のSUNSET」
伊熊 教宏 「復興の海」
池田 記子 「八幡野すてきビーチ♡」
石原 亜起子 「朝焼け」
伊藤 絵美 「ボラボラの休日」
伊藤 貴善 「嵐の日のハート岩」
井上 笑里 「海とシャツと」
エトさん 「心休まるひと時」
遠藤 裕子 「残映」
大鹿 純 「波照間ブルー」
おかちゃん 「夜明け前」
岡本 憲 「今日もお疲れさま」
オケポケ 「一輪の花」
折原 俊哉 「夕暮れのメナド富士」
梶川 海人 「あー、夏休み!」
菅野 美保 「早く海を愛するみんなに会いたい」
北 義尊 「Paradise Beach」
久保 耕平 「流れる中で」
久保山 智子 「Boss」
黒部 ゆみ 「満月の夜に」
児玉 まれお 「幻の島」
齋藤 有弘 「海日和」
齊藤 美紀 「海への憧れ」
齋藤 利奈 「光の羽」
櫻谷 あゆみ 「Sunset」
篠原 孝司 「干潟の煌めき」
篠原 尚登 「虹がきれいだなって誰!!」
清水 卓司 「瀬戸内の凪」
深海 洋 「大瀬の星」
鈴木 俊康 「Let's go home」
大門 洋 「かわいすぎる」
田中 弘文 「堂ヶ島夕景」
田中 実 「船出」
谷 竜二 「朝のひととき」
田之中 彩織 「小さな大冒険」
築地 康介 「どうしよ」
角田 英司 「小麦色に焼けた夏」
長江 英俊 「天草の海蝕窟」
中川 日出明 「楽園落日」
永田 有 「見たい景色」
名塚 麗 「happyなリゾート」
奈良 直樹 「早朝の虹」
西本 幸司 「あれは、マリア様」
野崎 圭 「モルゲンロート」
野崎 真美 「エンボデュー島の昼下がり」
濵石 真実也 「ヨロンの夕日」
藤川 智之 「星空とダイビングボート」
藤田 格 「並走」
藤田 貴美子 「未来への希望」
船引 啓 「夕陽を眺める友人たち」
誉田 康平 「トロピカルビーチ」
松井 靖典 「冬の海と憂鬱」
丸岡 亜紀 「奇跡の海」
三浦 一浩 「OPEN EYES」
水谷 裕佳 「架け橋」
守谷 もも 「マジカルアワー」
矢口 順平 「手乗り太陽」
矢野 大作 「波止場に佇む」
山田 文香 「取る人と見る人」
渡辺 和男 「Bigキャンドル」
Fu ming hin Gigi 「love」
HONG SOONHO 「砂辺の夕日」
MIKI 「宝箱」
Nabejizo 「静かな朝」
polo 「Sunset1;底地ビーチ」

地球の海フォトコンテストとは

1971年に始まった「マリンダイビング水中写真コンテスト」から数えると、40年以上の歴史を誇る、世界最大規模の水中写真のフォトコンテスト。「水中写真を撮るダイバーを一人でも増やしたい」という思いから始まり、デジタルカメラの普及に伴い、気軽に水中写真が撮れるようになり、今ではダイビングを楽しむ上で重要な要素となっています。
今年も「ネイチャー・環境部門」「自由部門」「ビギナー部門」「ビーチフォト部門」の4部門に国内外から数多くの作品が応募され、また、2019年より新設された「ショップ部門」では北海道から沖縄まで全国各地のダイビングショップに参加していただき、大盛り上がりとなりました。

マリンダイビングSHOP