年間120万人が訪れるダイビング情報サイト

地球の海フォトコンテスト2021
ネイチャー・環境部門入賞者発表

月刊『マリンダイビング』主催、世界最大規模の水中写真の公募展「地球の海フォトコンテスト2021」のネイチャー・環境部門に入賞された皆様を発表します。

入賞者の皆様へ

このたびは「地球の海フォトコンテスト2021」にご応募いただき、ありがとうございました。厳選な審査の結果、入賞作品が決まりましたので結果を発表いたします。

入賞作品タイトルとお名前をご確認ください。応募時にペンネームの記載があった方はペンネームを掲載してあります。
作品掲載や賞状などすべてお名前またはペンネームで統一されますので、ご注意ください。
・旧漢字や記号など表記ができない場合があります。ご了承ください。

・各部門の上位入賞者には当事務局よりご連絡申し上げます。
・マリンダイビングフェア2021会場内での地球の海フォトコンテスト2021入賞作品展では、ネイチャー・環境部門と自由部門の全入賞作品、ビギナー部門、ビーチフォト部門、ショップ部門の上位入賞作品および環境大臣賞、特別協賛賞、エリア賞、指導団体賞、優秀賞を受賞した作品を展示します。
ビギナー部門、ビーチフォト部門、ショップ部門の入選作品の展示はございませんので予めご了承ください。
・『マリンダイビング』5月号で各部門の上位入賞作品とビギナー部門、ショップ部門の全入選作品を掲載、『マリンダイビングウェブ』で全部門の入賞作品を掲載予定です。
⇒『マリンダイビング』5月号先行予約はこちら
・4/2(金)~4(日)開催予定の「マリンダイビングフェア2021」までは、ブログやHP、SNSなどへの入賞作品の画像掲載はお控えください。

タイトル、お名前の修正などは2021年3月10日(水)15:00までに下記アドレスに入賞部門名、お名前をご記載の上ご連絡ください。
E-mail:photo-con@marinediving.co.jp

各部門の上位入賞者の方には4/2(金)~4(日)に東京池袋で開催予定の「第29回マリンダイビングフェア2021」の会場内で表彰式を行なう予定です。事務局からご連絡しますので、楽しみにお待ちください。

ネイチャー・環境部門入賞者

(敬称略)

青島 豊 「アイコンタクト」
明井 良太 「トルネード」
朝日 亨 「大きく口を開けて!」
阿部 展也 「北限を生きる〜房州勝浦の越冬クマノミ」
安藤 光代 「季節限定、一糸乱れぬ華麗な舞」
飯田 順造 「タンデム」
伊熊 教宏 「道半ば」
池田 記子 「み...見つかっちゃった!?」
伊澤 健 「カクレンボ み~つけたっ!」
石原 亜起子 「守ってみせる」
市村 賢二 「黒潮の恩恵」
伊藤 絵美 「魚ギョッ!」
伊藤 貴善 「マーシャルはヤシもサンゴも元気!」
伊藤 幹 「大きく育て!」
井上 裕 「消えゆくサンゴの群生」
岩橋 真司 「大事な宝物」
植之原 英彦 「そこに命あり」
ウリ坊 「水中樹」
遠藤 裕子 「水深3メートルの奇跡」
大平 実 「DINOSAUR」
大塚 智彦 「空を飛ぶカメ達」
大松 友美 「血流」
海底奉行 「ど根性ミジンベニハゼ」
影山 正伸 「復興の息吹き」
梶川 海人 「まちぶせ」
河田 啓奨 「日差しの中で」
川野 敬彦 「夏の御蔵島」
菊地 三男 「カラフトマスの末路」
岸 かおり 「洒落堂記」
北野 圭 「神出鬼没」
木村 幸成 「深海のRock」
木元 伸彦 「せいくらべ」
久保 耕平 「チンアナゴの森に」
窪田 守信 「目に入れてもいたくない」
熊野 宏一 「ウメイロの沈船」
黒部 ゆみ 「喜び」
小池 幸彦 「母なる触手に抱かれて」
こいさんマン 「子の命は親の命」
コーヤジャーニー 「親子」
小谷 明日香 「生命(いのち)のスタート」
近藤 文夫 「未来へ繋ぐ命」
定来 厚 「起こさないで」
佐藤 永 「子孫繁栄を願って」
佐野 妙子 「新しいいのち」
佐野 直之 「コノハガニとフィコカリス・シムランス」
篠原 孝司 「いざ勝負」
島田 暢 「ちっちゃい命」
島田 弘康 「それでも「密」」
シロヤマン 「密」
深海 洋 「アミアミ・アミーゴス」
菅野 悦紫 「KISS」
鈴木 崇哉 「宇宙遊泳」
隅野 晴雪 「登頂」
添野 剛永 「頭隠して・・・」
大門 洋 「PREDATION」
髙橋 大輔 「イカ、コウフン!」
高柳 恵太 「針の行末」
武内 泰範 「人間の忘れ物」
田中 清子 「生命の営み」
田中 信彦 「獲物を狙う目」
谷口 亜沙子 「わが家は中古物件」
谷口 たけ子 「獲物」
塚本 晃子 「いざ外の世界へ!」
塚本 泰通 「新たな命の希望」
土屋 佳乃 「それがネイチャー」
角田 英司 「Crystal of Marin」
鳥海 貴之 「The Mother Tree」
中川 徹也 「お二人さん」
中川 日出明 「僕のねぐら」
永田 有 「愛を込めて」
中村 美音代 「未来のはじまり」
西原 憲一 「錦上に花々を添える」
西本 幸司 「オジサン大好き!」
野崎 真美 「子煩悩父さん」
肌色潜水 「擬態 -contrast&elegant-」
ぱてぃ 「Re:Re:」
平間 葉子 「ねえ、遊ぼう!!」
福海 直 「ゼブラ擬態」
藤川 智之 「地球外生物?」
藤田 格 「マングローブ林の朝」
藤野 二沙子 「Secret」
古谷 久樹 「美しい隙間」
細田 督博 「激流」
誉田 康平 「生命の誕生」
松尾 怜 「薄暮に集う」
丸岡 亜紀 「マングローブ」
丸屋 勇貴 「あともうひと踏ん張り」
三尾母 孝惠 「母」
ミホンヌ 「パクっ?ぺっ??」
村口 智一 「もうすぐ旅立ち」
矢野 大作 「狩りの時間」
山岸 信明 「越前の使者」
山田 多嘉子 『「密集・密接OKだい!」』
山本 敏治 「見上げれば」
米本 俊一 「捕食」
和田 渉 「紅葉狩り」
Caron WONG 「共生」
d.naomi 「珊瑚Love」
D4iki 「生きるために」
Humpty Dumpty 「Social distancing」
JET BAKA57 「come on!」
LAU PONG WING ATIM 「shy angel」
Leung Kin Chung Kevin 「S Model」
Neko Wang 「竜の落とし子」
NO-VOL 「未来のために」
TANG TSZ YAN 鄧子欣 「Hanging with my Buggy Buddies」
TANG WAI CHUNG 鄧衛中 「Symbiosis」
TA-RA 「新城のマンタ」
TKT 「余命」
YIU WAI HONG姚偉康 「Be Free!」

地球の海フォトコンテストとは

1971年に始まった「マリンダイビング水中写真コンテスト」から数えると、40年以上の歴史を誇る、世界最大規模の水中写真のフォトコンテスト。「水中写真を撮るダイバーを一人でも増やしたい」という思いから始まり、デジタルカメラの普及に伴い、気軽に水中写真が撮れるようになり、今ではダイビングを楽しむ上で重要な要素となっています。
今年も「ネイチャー・環境部門」「自由部門」「ビギナー部門」「ビーチフォト部門」の4部門に国内外から数多くの作品が応募され、また、2019年より新設された「ショップ部門」では北海道から沖縄まで全国各地のダイビングショップに参加していただき、大盛り上がりとなりました。

マリンダイビングSHOP