ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

Facebook Twitter Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE

国内各地発
奄美大島へのダイビング旅は
スカイマークがオススメな理由ワケ

日本各地発奄美大島へのダイビング旅はスカイマークがオススメな理由

人気急上昇中の奄美大島へ
国内各地から飛べるスカイマークが便利!

今ダイバーから熱い視線が注がれている、奄美大島。アマミホシゾラフグが創り出した芸術的な産卵床・ミステリーサークルは世界でここだけでしか見られないし、冬から春にかけてザトウクジラがやってきて、一緒に泳ぐことも可能! 海の魅力をあげていくとキリがないほどなのだ。
そんな奄美大島へ行くのにおすすめなのが、国内各地からの便があり、料金お手頃、サービス充実とコスパ抜群なエアライン《スカイマーク》を使っての旅! 今回はそんな《スカイマーク》オススメの理由をご紹介!

どこまでも青く澄んだアマミブルーの海にゆったり泳ぐウミガメ。水中のすばらしさは世界トップクラスだ

どこまでも青く澄んだアマミブルーの海にゆったり泳ぐウミガメ。水中のすばらしさは世界トップクラスだ

ホエールウオッチングや
ミステリーサークルの季節到来!
奄美大島・龍郷の最新特集はこちら→

理由その①
羽田、名古屋、神戸からの
鹿児島乗り継ぎが便利!

2018年9月に就航20年を迎えた《スカイマーク》。国内各地を結ぶ空の便を運航しているが、2018年8月1日からは、名古屋-鹿児島線、鹿児島-奄美大島線を就航! 羽田、名古屋、神戸から鹿児島へ。そこから乗り継いで奄美大島へと、国内各地から奄美大島への旅を可能にしてくれる。

地図

《スカイマーク》では、羽田-鹿児島線1日4往復8便、名古屋-鹿児島線1日2往復4便、神戸-鹿児島線1日2往復4便、鹿児島-奄美大島線は1日2往復4便が飛んでいる(2018年10月28日~2019年3月30日)。

理由その②
乗継運賃がおトク! 出発地ごとの運賃と
おすすめスケジュールを紹介!

  • 名古屋発(乗継)
    7,600円~
  • 羽田発(乗継)
    11,600円~
  • 神戸発(乗継)
    7,600円~
  • 鹿児島発
    3,600円~

条件によってさまざまな航空運賃があるが、各地から奄美大島までの最安運賃は上記の通り。すご~くリーズナブルだ!

詳しいダイヤ&料金はこちら≫
※《スカイマーク》HPへ

名古屋発なら、奄美大島午前着も可能!
到着日ダイビングを楽しもう!

名古屋(中部空港)から朝7時20分発の便で行けば鹿児島乗り継ぎで、奄美大島へは午前10時25分に到着! 到着した日の午後には余裕でダイビング可能。午後発の便を選べば、朝はゆっくりスタートできる。
帰りの便も、奄美大島を18時50分に出発しても、名古屋には21時45分とその日のうちに到着! 昼間、奄美大島観光を楽しんだり、お土産を買う時間もしっかりとれる。 早目に帰りたい人は午前発の便もあり、都合に合わせて選べるのがうれしい。

乗り継ぎダイヤ

名古屋⇄鹿児島(乗継)⇄奄美大島

往路 SKY635 7:20 ー 8:50 SKY381 9:25 ー 10:25
SKY637 14:50 ー 16:20 SKY387 17:00 ー 18:00
復路 SKY382 11:10 ー 12:05 SKY636 12:50 ー 14:05
SKY388 18:50 ー 19:45 SKY638 20:30 ー 21:45

※2018年10月28日~2019年3月30日の運航ダイヤ

いま得+乗継運賃 7,600円~ ご予約はこちら≫
※《スカイマーク》HPへ

関東からはゆったり羽田午後発で
奄美大島には夕方到着
南部へ行くのにも便利

午後便で鹿児島へ向かうので朝はゆっくりできるし、また多少羽田から遠いところからでも十分間に合う。
奄美大島に到着するのは18時なので、空港から離れた南部まで移動するのもありだし、北部滞在なら空港から宿まで近いので、翌日からのダイビングにゆっくり備えられる。
帰りは昼便で鹿児島へ向かい、鹿児島で乗り継ぎ時間が少しあるので、昼食をとってから羽田へ向かうと16時40分には羽田へ。翌日が仕事でも、疲れを残さず体が楽な時間。

乗り継ぎダイヤ

羽田⇄鹿児島(乗継)⇄奄美大島

往路 SKY305 14:00 ー 16:05 SKY387 17:00 ー 18:00
復路 SKY382 11:10 ー 12:05 SKY306 15:05 ー 16:40

※2018年10月28日~2019年3月30日の運航ダイヤ

いま得+乗継運賃 11,600円~ご予約はこちら≫
※《スカイマーク》HPへ

神戸発なら、乗り継ぎの鹿児島で
温泉や観光を楽しんで!

神戸からは朝は早すぎず、手ごろな時間に出発して11時には鹿児島へ。乗り継ぎまでの時間は近場の観光もできる。“西郷どん”ゆかりの地を訪れる? それとも温泉につかる? 1度の旅で2カ所を楽しめるので、ダイビング+鹿児島観光を楽しみたい欲張り派にはぴったり。
帰りはたっぷり1日奄美大島を楽しんで夜便で鹿児島、そして神戸へ。

乗り継ぎダイヤ

神戸⇄鹿児島(乗継)⇄奄美大島

往路 SKY131 9:50 ー 11:00 SKY387 17:00 ー 18:00
復路 SKY388 18:50 ー 19:45 SKY138 20:25 ー 21:30

※2018年10月28日~2019年3月30日の運航ダイヤ

いま得+乗継運賃 7,600円~ご予約はこちら≫
※《スカイマーク》HPへ

鹿児島発なら1時間で奄美大島へ!
日帰りホエールウオッチングもできる⁉

九州ダイバーの皆さんなら、朝の便で鹿児島から奄美大島へ飛んで、その日の午後からダイビング。翌日1日奄美大島を満喫してから鹿児島へと、1泊2日でも奄美大島のダイビング旅を楽しめる。ダイビングをしなくてもよいなら、最短日帰りだって可能だ。地の利を生かして、春夏秋冬、それぞれの奄美大島の海を楽しむ旅を計画するのもいい。

運航ダイヤ

鹿児島→奄美大島

往路 SKY381 9:25 ー 10:25
SKY387 17:00 ー 18:00

奄美大島→鹿児島

復路 SKY382 11:10 ー 12:05
SKY388 18:50 ー 19:45

※2018年10月28日~2019年3月30日の運航ダイヤ

いま得 3,600円~ご予約はこちら≫
※《スカイマーク》HPへ

※上記運賃額は2018年10月28日~2019年3月30日ご搭乗分に設定している最安運賃です。鹿児島~奄美大島は「いま得」、羽田~鹿児島~奄美大島、名古屋~鹿児島~奄美大島、神戸~鹿児島~奄美大島は「いま得」と「乗継運賃3000円」の合計額です。「いま得」は空席予測数に応じて運賃額が変動します。「乗継運賃3000円」は鹿児島~奄美大島線に設定。上記乗継ダイヤにのみ適用されます。「いま得」「乗継運賃」は販売座席数に制限があります。羽田空港、中部国際空港をご利用のお客様につきましては、航空運賃をご購入の際に空港ビル会社に代わって別途旅客施設使用料を申し受けます(1区間片道税込)。2019年1月現在。

詳しいダイヤ&料金はこちら≫
※《スカイマーク》HPへ

理由その③
スカイマークならではの
充実サービスもうれしい!

《スカイマーク》だからこそ、サービスの内容も充実していて、快適なフライトが楽しめる!

座席指定が無料でOK

予約の際に希望の席を無料で指定できる。

お預け手荷物が20kgまで無料

20kgまで無料なので、ダイビング器材も気にせず持っていける!

座席が広い!

座席は広く、シートピッチ(座席の前後間隔)は31インチ(79cm)

座席は広く、シートピッチ(座席の前後間隔)は31インチ(約79cm)

各座席にコンセント付き

携帯やタブレットの充電ができて便利!

携帯やタブレットの充電ができて便利!
※一部機材を除く

奄美大島や沖縄の
旅情報コンテンツも!
スカイマーク公式ホームページを要チェック!

スカイマークのサイトを要チェック!

《スカイマーク》の公式ホームページでは、運航ダイヤや運賃といった基本情報だけでなく、美しい写真と情報が楽しめる「奄美、ひとりじめ」「冬の沖縄」といったページもあって、旅へのワクワクをぐっと盛り上げてくれるので、必見!
さぁ! 奄美大島へ旅立とう!

★2019年1月現在の情報です。

2019年3月31日以降の運賃、運航ダイヤについては、《スカイマーク》公式ホームページをご確認ください。

奄美大島・龍郷の最新特集はこちら≫

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE
トップページへ戻る

関連書籍Book concerned

「マリンダイビング」2019年2月号

「マリンダイビング」2019年2月号

「マリンダイビング」2018年9月号

「マリンダイビング」2018年9月号

「マリンダイビング」2018年7月号

「マリンダイビング」2018年7月号

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • AQROS
  • マリンダイビングフェア2019
  • MDShop Amazon
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • 地球の海フォトコンテスト
  • おすすめダイビングツアー
  • 海のBooks&Goods
  • メルマガ登録解除
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

最新特集The special feature

Present今月のプレゼント