ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

~羽田・名古屋・神戸発のスカイマークがお得♪~
奄美大島で大自然満喫!

奄美大島で大自然満喫!

日本の離島の中でも、沖縄本島、佐渡島に次いで3番目に大きな奄美大島。陸にはまだまだ開発されていない亜熱帯植物林が広がり、大自然を満喫しながら手つかずの海で潜れるのが魅力です。全国各地からのアクセスも便利で、お得な《スカイマーク》を使えばなんと片道1万円前後で行けちゃう! どんな海? 陸の見どころは? 奄美大島の基本をご紹介します。 

※2020年3月現在の情報です。

サンゴ礁に癒しの砂地、地形と
何でもアリ!

サンゴ天国、カメパラダイス!

元気いっぱいのテーブルサンゴが群生する海は、南の島の真骨頂。奄美大島には、そんなエリアが北部太平洋側やその南の笠利湾、南部の大島海峡にもあります。特に太平洋側の「メインランド」や「元カレとニューカレ」などは、ウミガメにとっても居心地がいいらしい。沖の根に近づくと、1、2、3尾……まだまだいる!と、カメの多さにびっくり。ウミガメ三昧を楽しめます。

北部太平洋側の「メインランド」。テーブルサンゴが見事に群生! 中性浮力は必須テクです

北部太平洋側の「メインランド」。テーブルサンゴが見事に群生! 中性浮力は必須テクです

ホワイトサンドが広がる癒しの風景も

北部の「キリスト浜」や「きょらサンド」、南部の「嘉鉄」、「江仁屋」などなど、奄美大島には真っ白な砂地が続くリラクゼーション系スポットもたくさんあります。海底の砂紋に見惚れた後は、ケラマハナダイが乱舞する根やキンメモドキやスカシテンジクダイが大群を成す根をひと巡り。水深もそれほど深くなく、初心者でも南国らしさを満喫できるスポットが多いのも特長です。

北部太平洋側の「メインランド」。テーブルサンゴが見事に群生! 中性浮力は必須テク

まるで宇宙空間を飛んでいるような爽快感を味わえる「キリスト浜」。地形もおもしろい

ダイナミックな外洋のシーズン到来!

ビギナーでも安心して潜れるだけでなく、中上級者にも奄美ファンが多いのは、水中のバラエティの豊かさゆえ。特に海況が安定するこれからの季節は、東シナ海の外洋や、南部のビッグスポットへもアクセスしやすくなります。透明度が高くてダイナミックなスポットが多く、ドロップオフでカスミチョウチョウウオの群れに迎えられたり、巨大なホールを探検したり。ワクワクする体験の連続です。

両方とも、奄美を代表する南部のビッグスポット「奄美ホール」。海が凪ぐ夏がチャンス!
両方とも、奄美を代表する南部のビッグスポット「奄美ホール」。海が凪ぐ夏がチャンス!

両方とも、奄美を代表する南部のビッグスポット「奄美ホール」。海が凪ぐ夏がチャンス!

バリエーションに富んだ奄美大島のダイビングスポットを1本でも多く潜りたいなら、スカイマークがおすすめです! 羽田、名古屋、神戸から午前中に奄美空港へ到着できる便もあるので、北部エリアなら到着日の午後に早速ダイビングできます。

リピーターが多い理由は、
内湾や海峡のマクロ生物

浅めの水深でマクロ生物三昧

一度行くとクセになり、つい通ってしまう……そんなダイバーが、奄美大島には実に多い。その理由は、生物層豊かな北部の笠利湾・龍郷湾など内湾や、南部の大島海峡の存在です。それほど深くない水深に、人気のマクロ生物がザックザク! 例えば青、黒、黄色のハナヒゲウツボやヒレナガネジリンボウ、ヤシャハゼ、ジョーフィッシュ、キチャクガニ、フリソデエビetc......。フォト派がハマる由縁です。

ヤシャハゼもいっぱいいます。南部「赤崎」では、数尾のセットや共生エビとのコラボも撮れました

ヤシャハゼもいっぱいいます。南部「赤崎」では、数尾のセットや共生エビとのコラボも撮れました

4月から6月には
ミステリーサークルも!

海底に、突如現れたミステリーサークル⁉ と一時話題になり、実は魚が作る産卵床だったと判明したのは2011年奄美大島南部でのこと。アマミホシゾラフグがその正体で、オスがメスを呼ぶためにせっせと作り上げる自然の神秘です。毎年4月~6月末ごろ南部「嘉鉄」の沖合や北部「バベル」の水深10~30mほどで見られ、直径約2mとけっこうでかい。奄美大島以外では見られない宝物、ぜひ見に行きたい!

フグは模様に貝の欠片などを乗せ、メスの気を引くための飾りつけにも熱心だそう

フグは模様に貝の欠片などを乗せ、メスの気を引くための飾りつけにも熱心だそう

原生林にマングローブ林etc......
陸の見どころもいっぱい

奄美大島の魅力は、世界遺産クラスの大自然。潜れない最終日午前や前日午後などは、金作原(きんさくばる)の原生林やマングローブ林もぜひ訪れてみてください。金作原へはレンタカーでも行けますが、珍しい動植物を教えてもらえるガイドツアーの参加がおすすめ。マングローブは、カヌーツアーが開催されています。奄美大島ならではの、レアな体験ができるはず。

マングローブのカヌーツアー。スケールの違う、壮大な自然を満喫!

マングローブのカヌーツアー。スケールの違う、壮大な自然を満喫!

金作原原生林。原始を思わせるヒカゲヘゴが繁り、天然記念物のルリカケスなどにも会えます

金作原原生林。原始を思わせるヒカゲヘゴが繁り、天然記念物のルリカケスなどにも会えます

スカイマーク》の奄美大島~鹿児島(乗継)~名古屋、奄美大島~鹿児島(乗継)~神戸は、夕方に奄美空港を出発する便があるので、最終日には島内観光や各種アクティビティへの参加もおすすめです!

羽田・名古屋・神戸発の
スカイマークがお得!

リーズナブルな料金設定に注目!

奄美大島へのアクセスで、最近注目されているのがスカイマークの鹿児島乗り継ぎ便。とにかく、料金がリーズナブル! 都心から近い羽田空港から出発できるのも嬉しいところ。
羽田発は10,800円~、名古屋・神戸からは8,100円~で、いずれも片道料金ですが気軽に行ける価格設定になっています。しかも、乗り継ぎといっても時間の無駄が少なく、朝出発の便なら午後にはダイビングできるスケジュール♪ これなら、奄美大島リピーターになれそう。

スカイマークの翼先端には真っ赤なハートが

スカイマークの翼先端には真っ赤なハートが

預け手荷物が20kgまで無料

ダイバーにとってありがたいのは、預け手荷物がお一人様20kgまで無料なこと。ダイビング器材の運賃にお金がかかって、結局高くついた……なんて残念な旅になる心配はありません。

移動で気になる座席について

スカイマークは座席のシートピッチが約79cmと、ゆったり座れるのもうれしい点。また各座席にコンセントも設置され(※)、携帯やPCの充電も可能と至れり尽くせり!
※一部機材を除きます。

ゆったりと座れる座席

ゆったりと座れる座席

スカイマークの乗継ダイヤ
(2020年3月29日~10月24日)

羽田-鹿児島≪乗継≫-奄美大島

片道10,800円~

往路
SKY303 07:45-09:35≫SKY381 10:10-11:10
SKY307 14:35-16:25≫ SKY387 17:15-18:15
復路
SKY382 11:50-12:45≫ SKY306 15:05-16:50

名古屋(中部)-鹿児島≪乗継≫-奄美大島

片道8,100円~

往路
SKY635 08:05-09:30≫ SKY381 10:10-11:10
SKY637 15:15-16:40≫ SKY387 17:15-18:15
復路
SKY382 11:50-12:45≫SKY636 13:20-14:40
SKY388 18:55-19:50≫SKY638 20:25-21:45

神戸-鹿児島≪乗継≫-奄美大島

片道8,100円~

往路
SKY131 07:25-08:35≫ SKY381 10:10-11:10
SKY135 13:10-14:20≫ SKY387 17:15-18:15
復路
SKY382 11:50-12:45≫ SKY136 14:20-15:30
SKY388 18:55-19:50≫ SKY138 20:50-22:00

鹿児島-奄美大島

片道3,600円~

往路
SKY381 10:10-11:10
SKY387 17:15-18:15
復路
SKY382 11:50-12:45
SKY388 18:55-19:50

※上記運賃額は「いま得」と「乗継運賃」の各最安運賃額の合計額です(鹿児島-奄美大島線は「いま得」の最安運賃額)。「いま得」は空席予測数に応じて運賃額が変動します。「乗継運賃」は鹿児島―奄美大島線に設定し、羽田/名古屋(中部)/神戸―鹿児島線の指定された便との組み合わせを同日に乗り継ぐことが条件となります。時期により運賃額が異なります。「いま得」「乗継運賃」ともに販売座席数には制限があります。羽田空港、中部国際空港をご利用の場合は、航空運賃をご購入の際に空港ビル会社に代わって別途旅客施設使用料を申し受けます。上記運賃額は2020年3月29日~10月24日ご搭乗分に設定しています(1区間片道税込み)。2020年3月現在

スカイマークの詳細・予約は

スカイマーク公式Webサイト

奄美大島にある
ダイビングショップを探す

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE