ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

LINE Facebook Twitter Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE

タイガーシャーク&グレートハンマーが狙える!
サメの楽園・バハマクルーズ

タイガーシャーク&グレートハンマーが狙える! サメの楽園・バハマクルーズ

※2019年7月現在の情報です。

次々とやって来るサメに大興奮!

カリブ海屈指のダイビングエリア、バハマ諸島。この海域は大西洋からの潮流と、温かいメキシコ湾の潮流が混ざり合うため、サメの餌となる魚が豊富。そのためタイガーシャーク(イタチザメ)、レモンシャーク、グレイリーフシャーク、そしてシュモクザメ科としては最大で6mにも達することがあるグレートハンマーヘッドシャーク(ヒラシュモクザメ)など、たくさんのサメと遭遇できる!

Movie by Hajime Ishikawa

「タイガービーチ」では透明度のいい海で
迫力のシャークダイブが楽しめる!

「タイガービーチ」では、その名の通り、タイガーシャーク(イタチザメ)が流線形の体をくねらせるように泳ぎながら集まってくる。また、レモンシャークもかなりの高確率で登場する。水深5mほどの真っ白な砂地で、スタッフがサメを呼び寄せるのを待っていると、続々とサメたちが近づいてきて、ダイバーのすぐ近くまで泳いでくる。こんなシーン、ほかの海では見られない!!

透明度の高いバハマの海では、ノーストロボでもサメの写真が撮れる

透明度の高いバハマの海では、ノーストロボでもサメの写真が撮れる

間近でサメが見られるので、その表情までがよく見て取れる

間近でサメが見られるので、その表情までがよく見て取れる

バハマ海域を知り尽くしたクルーズ船
「ドルフィン・ドリーム」号

サメの楽園「タイガービーチ」へ行くには、ダイブクルーズがおすすめ。フロリダのウエストビーチ、またはグランドバハマから船でアプローチする。
2005年に就航した「ドルフィン・ドリーム」号は、全長25m、全幅8m、最大12名まで乗れるクルーズ船。キャビンは6部屋あり、2段ベットがそれぞれ備え付けられている。バス・トイレは共同だが、2つ用意されている。
スコット船長は1986年からバハマの海を航海している大ベテラン。元々は野生のマダライルカと泳げる海を開拓、同じグループのイルカを三世代にわたって識別し、本も出版しているイルカ博士でもある。

「ドルフィン・ドリーム」号は、ダイバーの使い勝手がよく考えられているので、エントリー、エグジットもしやすい

「ドルフィン・ドリーム」号は、ダイバーの使い勝手がよく考えられているので、エントリー、エグジットもしやすい

青い船体がカリビアンブルーの海とよくマッチしている「ドルフィン・ドリーム」号

青い船体がカリビアンブルーの海とよくマッチしている「ドルフィン・ドリーム」号

サメを知り尽くしたガイドが一緒だから、
安全・安心に潜って、撮れる!!

「野生のサメと泳ぐなんて、危険はないの?」と思う人もいるかもしれないが、サメの生態をよく知っているガイドが、安全にダイビングする方法を事前にしっかりレクチャーしてくれるので、心配はいらない。ちなみにタイガーシャークは視覚が発達していて、カラフルなものに興味を持つので、器材はすべて黒で揃えるようにしたい。カリビアンブルーの海の中でのサメとの接近遭遇は、一生モノの感動となるはずだ。

「スコットウォール」というスポットでは、グレートハンマーヘッドシャーク(ヒラシュモクザメ)と遭遇できる。彼らの好物であるアカエイがたくさんいるからだ

「スコットウォール」というスポットでは、グレートハンマーヘッドシャーク(ヒラシュモクザメ)と遭遇できる。彼らの好物であるアカエイがたくさんいるからだ

サメの楽園・バハマでは、一度に複数のサメたちと泳げる。こんな海、世界を見渡してもほとんどない

サメの楽園・バハマでは、一度に複数のサメたちと泳げる。こんな海、世界を見渡してもほとんどない

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE
トップページへ戻る

関連書籍Book concerned

「マリンダイビング」2019年1月号

「マリンダイビング」2019年1月号

「マリンダイビング」2018年8月号

「マリンダイビング」2018年8月号

世界のダイビングBOOK

世界のダイビングBOOK