ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

  • ホーム
  • エリア情報
  • シャークダイブと野生動物のサファリツアーで大興奮! 南アフリカ South Africa

シャークダイブと
野生動物のサファリツアーで大興奮!

南アフリカ

シャークダイブと野生動物のサファリツアーで大興奮! 南アフリカ South Africa

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • AQROS
  • 伊豆半島500円引きWEBクーポン
  • 海島ツアー
  • スタッフ募集

1ダイブで数えきれないほどの
サメと遭遇!
プロテアバンクス

© Hajime Ishikawa

南アフリカの東海岸に位置するダーバンを南下、シェリービーチの目の前に広がる岩礁・プロテアバンクス。化石化された砂州で形成された長さ6km、幅800mの大きさで、水深は27~400m。年間を通して、エサを求めてたくさんのサメがやって来るため、ド迫力のシャークダイブが楽しめる。タイガーシャーク、ブルシャーク、シロワニ、そしてハンマーヘッドと大型のサメに接近遭遇できる!

プロテアバンクスで見られるサメは
10種以上!

大型のサメがダイバーのすぐ近くまで寄って来る

ダイビングはシェリービーチから出発。夕陽が美しい

プロテアバンクスは魚影が濃く、サメのエサが豊富

プロテアバンクスになんでそんなにたくさんのサメが集まるかといえば、ここが世界でも有数のマグロが集まる場所だから。オオメジロザメ、ホホジロザメ、ツマグロ、イタチザメ、クロヘリメジロザメは年間を通して見られる。また1~5月はハンマーヘッドシャークのベストシーズン。次から次へと群れで登場する“ハンマーリバー”は迫力満点! 多いときは100匹を超える群れに遭遇できる。また2~5月にはタイガーシャーク、1~3月はジンベエザメに会えることも。

ド迫力のタイガーシャークダイブは
超エキサイティング!

サメの生態を熟知したガイドと潜るから安全。ダイビング中はガイドの指示に従おう

プロテアバンクスに行ったらぜひトライしたいのが、“タイガーシャークダイブ”。ベイト(餌)ステーションといわれるエサとなる魚の血や破片を入れた丸い容器を水深12mほどのところに吊るすと、数分~30分でタイガーシャークやイタチザメなどの大型のサメがその匂いにつられて集まってくる。 専門のガイドが、サメがエサの周りを回り始めるのをチェックしたら、ダイバーはできるだけ静かにエントリー。安全な距離とレベルを保ちながら、ガイドの指示のもと、ド迫力のサメとの接近遭遇が楽しめる。

野生動物と会えるサファリツアーも
楽しめる

サファリツアーでは“ビッグ5”のひとつ、ヒョウとも遭遇できる

シマウマの群れにも近づける。アフリカならではの動物との出会いを楽しもう

プロテアバンクスでシャークダイブを満喫した後は、「ピラネスバーグ国立公園」でのサファリツアーを楽しめる。ピラネスバーグ国立公園は、南アフリカの首都・ヨハネスブルグから車で約2時間半。面積は55,000ヘクタールと広大でゾウ、ライオン、サイ、ヒョウ、バッファローの“ビッグ5”に加え、キリン、カバ、シマウマなどのさまざまな動物、そして野鳥を観察できる。日本人ガイドのアテンド付きなので、英語が苦手な方も、お一人さまも安心だ。

トップページへ戻る

関連書籍Book concerned

2018年1月号

『マリンダイビング』2018年1月号

2017年1月号

『マリンダイビング』2017年1月号

2015年12月号

『マリンダイビング』2015年12月号

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • 久米島観光協会
  • オリオン
  • AQROS
  • マリンダイビングフェア2019
  • MDShop Amazon
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • おすすめダイビングツアー
  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビングクラブ
  • 海のBooks&Goods
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • マリンダイビングフェア2019
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント