ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

地球の海フォトコンテスト2021
ショップ部門 応募方法

地球の海フォトコンテスト2021 ショップ部門

協力指導団体

「ショップ部門」とは

今回で3回目となる人気部門。事前エントリーしているショップを通して3人一組でチームを組んで応募する。個々の写真の技術はもちろん、3点並んだ際の構成力、総合力が審査対象となります。

※事前エントリーはまだまだ受け付け中。エントリーはこちらまで!

参加の流れ

  • ① 3人が一組となり、タイトルを決めて撮影を行なう(または既に撮影した写真からタイトルに沿った写真を選ぶ)。
  • ② 3人それぞれが水中写真を1枚ずつ用意できたら、同一ショップを通じて応募する(応募するショップは事前エントリーが必要です。エントリーはこちら)。作品の応募締め切りは2021年1月20日(水)。
  • ③ 「ショップ部門」審査員長の高砂淳二先生(と昨年は本誌編集長)が審査を行なう。(2月を予定)

審査員長紹介

高砂淳二

高砂淳二
Junji TAKASAGO

自然写真家。撮影フィールドは、海を中心に地球全域に及び、自然全体の姿や生き物の繋がり、人との関わり合いなどをテーマに撮影活動を行なう。フォトエッセイ集『光と虹と神話』(山と渓谷社)をはじめ、『Planet of Water』『Dear Earth』『night rainbow』ほか著書多数。

ルールと概要

  • ●応募写真は「水中写真」に限ります。
  • ●撮影年月日は問いません。
  • ●同一ショップで撮影をした3人(スタッフも参加可)を一組として、タイトルを決めて応募してください。
  • ●タイトル内容は自由です。
  • ●同一ショップから複数組の応募も可能です。
  • ●同一人物が複数ショップ、複数組に属しての応募は不可となっております。
  • ●個人からの応募は不可です。下記エントリーショップを通して一組ごとにデータでのみ受け付けます。
    新規ショップエントリーはこちらからできます。
  • ●作品の応募締め切りは2021年1月20日(水)です。
  • ●入賞数はグランプリ(1組)、準グランプリ(1組)、入賞(25組)と、BSAC賞、CMAS=JEFF賞、JP賞、NAUI賞、PADI賞、SSI賞を別途選出予定です。
  • ●応募手数料は無料です(ショップ部門のみ)。
  • ●ほかの4部門(ネイチャー・環境/自由/ビギナー/ビーチフォト部門)への個人での別途応募は可能です。
  • ●すでに発表済みの作品(個人のSNSは除く)、ほかの4部門へ応募した(する)作品、ほかのフォトコンテストへ応募した作品での応募は不可です(発覚した場合、審査対象から除外されます)。

2020年の
ショップ部門入賞作品を見る

全国より多くのショップがエントリー!

2020年10月29日 現在

【北海道】

【宮城県】

【茨城県】

【千葉県】

【東京都】

【神奈川県】

【新潟県】

【静岡県】

【三重県】

【京都府】

【大阪府】

【兵庫県】

【奈良県】

【和歌山県】

【広島県】

【高知県】

【福岡県】

【佐賀県】

【長崎県】

【熊本県】

【宮崎県】

【鹿児島県】

【沖縄県】

「ショップ部門」に応募するといいことは……

① 仲間と味わう達成感!

同じショップを利用する仲間と協力してフォトコンテストに挑戦できるから仲も深まる!
“一人で撮る水中写真”→“仲間と撮る水中写真”が「ショップ部門」でできる‼

② 水中写真のスキルを高め合える

応募を通して、仲間と意見交換をしながら撮影を行なえば、お互いに水中写真のスキルアップができる!
上手くなる近道につながる。

応募締め切りは
2021年1月20日(水)!

エントリーショップへ急げ‼

「ショップ部門」応募を希望する個人または
「地球の海フォトコンテスト」全般に関するお問い合わせ

㈱水中造形センター
【地球の海フォトコンテスト】事務局宛て
photo-con@marinediving.co.jp
TEL:03-3222-0317
FAX:03-3222-0310

エントリーを希望するショップからのお問い合わせ

㈱水中造形センター
【地球の海フォトコンテスト2021】ショップ部門宛て
photo-shop@marinediving.co.jp
TEL:03-3222-0314
FAX:03-3222-0344
※件名に「ショップ部門について」とご記入ください

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE