年間125万人が訪れるダイビング情報サイト

感動の一瞬はこうして生まれた…… フォト派ダイバー必見!
水中写真家 作品探訪

道城征央 Masao Michishiro

※記事公開までしばらくお待ちください。

道城征央
Masahiro Michishiro

PROFILE
みちしろまさひろ
水中カメラマン/フォトジャーナリスト/ビジュルア環境学。ミクロネシア連邦はジープ島、チューク諸島、ヤップ、ポンペイ、コスラエや同国の離島、小笠原諸島におもむくことから「南海の放浪カメラマン」の異名を持つ。また水中に限らず、陸上や現地の生活風習も撮る。
現在「本来あってはならないものがあるという光景を不自然に感じたから」という想いのもと、マイクロクリーンアップキャンペーンを起ち上げ、ミクロネシア連邦で環境活動(清掃活動、出張授業)をおこなう他、“Think Globally, Act Locally”の理念により地元(東京・中目黒)で中目黒村美化委員会を結成し、海への入り口である川(目黒川)の美化活動(清掃活動)をおこなっている。
また東北の震災以降、「人と自然との関わり」をテーマに講演、セミナー活動を行うと同時に埼玉動物海洋専門学校(大宮)で「自然環境保全論」「海洋環境学」の講師を務める。現在では2012年から続いている自身主宰の自然環境セミナー「エコ・自然塾」をリニューアルさせてRGBlue協力のもと再開、自身で撮った写真と動画を用いて自然環境や海洋環境、生物多様性の話しをおこなっている。

●ミクロネシアでは以下の環境活動を実施中!
https://blueshipjapan.com/crew/masamichishiro

●都内では以下の環境活動を実施中!
https://blueshipjapan.com/crew/nakamebika

公式HP

道城征央

【連載トビラページへ】