年間125万人が訪れるダイビング情報サイト

感動の一瞬はこうして生まれた…… フォト派ダイバー必見!
水中写真家 作品探訪

中村武弘 Takehiro Nakamura

※記事公開までしばらくお待ちください。

中村武弘
Takehiro Nakamura

PROFILE
なかむらたけひろ
海洋写真家。1979年、東京生まれ。
幼少期より海や自然に触れて育つ。
海中から海上までの自然を被写体とし、海を幅広く撮影する。
誰でも行ける身近な海の環境に惹かれ、磯や干潟、マングローブ林の干潟は長年のテーマとしている。 生き物目線を意識した撮影を心掛けており、撮影環境に合わせて防水コンデジや小型ミラーレスカメラなども使用し、メイン機材では魚眼から超望遠レンズまでを使い分ける。
また、水族館や船なども撮影し、ヘリコプターやセスナからの空撮も得意とする。
主な著書に『いその なかまたち』(ポプラ社)、『しぜん ひがた』『しぜん たこ』(フレーベル館)、『沖縄美ら海水族館100』(講談社)、『干潟生物観察図鑑』(共著・誠文堂新光社)など共著を含め10冊以上の本を出版。子供向け生物図鑑などにも多くの写真を提供している。
個展は2016年「小笠原への旅」、2018年「海って不思議」、2020年「東京湾の海」を開催。
2022年にも開催予定。
海洋写真事務所(株)ボルボックスに所属。
公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。
一般社団法人 日本自然科学写真協会(SSP)会員。

Instagram

中村武弘

【連載トビラページへ】