Marine Diving web

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

Facebook Twitter Instagram

現地の海から~水深別魚ッチング!~
雲見

雲見

「ここのエリアでは一体何が見られるの?」という疑問はここで解決!
現地ガイドから、水深別に見られるおすすめの生き物を教えてもらいました。
定番の生き物はもちろん、今まで知らなかった生き物情報も満載! 次に行ったらリクエストしてみよう。

Recommendおすすめサイト

  • オリオン
  • AQROS
  • マリンダイビングフェア2019
  • MDShop Amazon
  • スタッフ募集
海のいきもの図鑑(大)

雲見編

0mdeep

トウシマコケギンポ
トウシマコケギンポ
フサフサと生える前髪が愛らしいトウシマコケギンポ。小さな鏡で自分の姿を見せると大きな口を開けて威嚇するのですが、迫力というよりも可愛らしく見えてしまうのがまたキュート♪
《ダイビングショップコリンズ》毛利佑さん
ハナタツ
ハナタツ
ダイバーに大人気の被写体です。雲見では通年観察でき、一度に数個体を見ることができます。岩礁域のオーバーハングなどを好むので、「牛着岩」周辺や「黒崎」で多く見られます。さまざまなカラーバリエーションがあって、とってもかわいいですよ。
《DDSデュークダイビングサービス》木村多葉紗さん
雲見ではいつもどこかしらにいて、ダイバーを楽しませてくれます。ただ、写真を撮ろうとするとくるりと背を向けるので、よく目にする割にはなかなかいい写真が撮れない被写体でもあります。
《アイダイブ》金子裕昭さん
アカネテンジクダイ
アカネテンジクダイ
伊豆で普通種のネンブツダイなどの仲間。でも暗い洞窟の中に生息しているので見ることは難しいです。洞窟限定、ということで雲見ならではの魚と言えますね。美しい体色とハート形のしっぽが特徴です。
《アイダイブ》金子裕昭さん
キンギョハナダイ
キンギョハナダイ
春終わりから秋にかけて、浅場で数を増やすキンギョハナダイ。「牛着岩」の裏にある浅い棚では大きな群れとなり乱舞します。辺り一面を染めるオレンジ色の花びら。その光景に思わずウットリしてしまいます。
《ダイビングショップコリンズ》毛利佑さん
キンメモドキ
キンメモドキ
時に数百匹の巨大な群れを成すキンメモドキ。外敵から身を隠すために穴を好むので、雲見ではよく見かけることできる。密集して群れる習性があるのでまるで雲や竜巻のように見えることもしばしば。みるみると大きな群れが形を変えていく光景はずーっと見てても飽きません♪
《ダイビングショップコリンズ》毛利佑さん
イサキ
イサキ
食卓でお馴染み?のイサキ。雲見でも春から秋終わりまで定番の魚となりますが、特に外洋ポイントではものすごい数のイサキが群れます。時には数千匹の群れとイサキの壁を作ることも。その光景は圧巻の一言!! 1匹1匹は地味ですが、群れると凄いんですよ!
《ダイビングショップコリンズ》毛利佑さん
イロカエルアンコウ
ベニカエルアンコウ
通年見られる雲見のマクロ生物代表格の一匹。特に秋は生まれたてのベイビーカエルアンコウを見られるチャンス♪ 小指の爪サイズもいることも! よ~く見ていると頭からエスカ(疑似餌)を出して小魚を狙っていることもあり、運がいいと捕食の瞬間も見られるかも! その他オオモンカエルアンコウやイロカエルアンコウなども現れます。
《ダイビングショップコリンズ》毛利佑さん
タツノオトシゴ
タツノオトシゴ
こちらも雲見のマクロ生物代表格。通年、湾内のスポットで見ることができます。多いときには一つの壁に5~6匹くらいいることも♪ オスがメスの産んだ卵をくっつけて守るという独特の生態をもち、春先に見られることがあります。夏、秋は小さなベイビータツと遭遇することがあるのでよ~く目を凝らして探してみてください♪
《ダイビングショップコリンズ》毛利佑さん

10mdeep

クマドリカエルアンコウ
イロカエルアンコウ
カエルアンコウの仲間でもキュートさはトップクラス! 小柄な個体は表情もかわいさ抜群です。主に「牛着岩」周辺の観察例が多いですが雲見のスポット全域で観察できます。エスカ(疑似餌)を振ってハンティングする光景は見ものです。
《DDSデュークダイビングサービス》木村多葉紗さん
マツカサウオ
マツカサウオ
黄色のボディがひと際目立つマツカサウオ。岩の割れ目など暗がりを好むので、雲見の地形ポイントではよく見られます。身を守るためにウロコを固くするという進化をしたのですが、その分泳ぎが下手くそ(笑)。そんな姿がまた愛らしいお魚です♪
《ダイビングショップコリンズ》毛利佑さん
クエ
クエ
雲見の主と言わしめる巨大魚です。穴をねぐらにするので、穴の多い雲見では通年出会うことができます。その時々で穴を変えているので、しばらくいないなぁと思って入った穴で鉢合わせすると思わずドキっ!っとしてしまいます。大きいと1mを越すサイズのクエも……。ゆっくり近づいていけば接近して写真を撮ることができるので、見つけたら慌てずゆっくりと近づいて行きましょう♪
《ダイビングショップコリンズ》毛利佑さん
トビエイ
トビエイ
まるで飛んでいるかのように優雅に泳ぐ、その名にふさわしいエイ。湾内では単体でいることが多いですが、8月中旬から9月中旬にかけて外洋のスポットでは大きな群れとなることがあります。多いときには40枚を超え、辺り一面を埋め尽くすトビエイの群れは必見ですよ!
《ダイビングショップコリンズ》毛利佑さん

20mdeep

テングダイ
テングダイ
トンネルの出口付近に漂っていることが多いです。大きい割に近くまで寄れ、色もきれいなことから人気の被写体です。
《アイダイブ》金子裕昭さん
雲見のアイドル的存在です。「水深24mのアーチ」にいることが多いですが「水深26mのアーチ」、「牛着岩水路出口」などでも見ることがあります。あまりダイバーを恐れないので、静かにアプローチすれば驚くほど近くまで寄れますよ。
《DDSデュークダイビングサービス》木村多葉紗さん
雲見の定番魚とも言えるテングダイ。「水深24mのアーチ」というところで通年見ることができます。雲見の場合、サイズがとにかくデカイ! 大体ペアで仲良く岩の隙間でまったりしているのですが、たまに1匹だけになっていたり、2匹ともいなくなったり、きっと喧嘩でもしたのかなぁ?とか旅行にでも出掛けたのかなぁ?とか考えながら見ていると、人間らしくて親近感がわきますよ(笑)。ちなみにアゴをよく見ると無精ひげが生えている珍しい魚です。
《ダイビングショップコリンズ》毛利佑さん

協力ショップ一覧

アイダイブ
地形はもちろんのこと、濃い魚影やかわいい生き物など1回のダイビングで二度も三度も楽しめる雲見。そんな雲見の海を多くの人に堪能してもらうべく、日夜努力を惜しまない。店舗は宿泊も可能で、アフターダイブもゆっくり過ごせると評判。せっかくならば、泊りがけで雲見の海を満喫しよう!
ダイビングショップコリンズ
“お客さま一人一人を大切に、末長くお付き合いさせて頂く”がモットー。雲見の海の中はもちろん、自社ボートでのサンセットクルーズや釣り、ウエイクボードなどのマリンスポーツ、陸上の観光などのアフターダイブも楽しめる。直営の宿もあり、雲見を丸々満喫できる。一人でも気軽に行けるのがうれしい。
DDS デュークダイビングサービス
西伊豆・雲見のPADIダイブリゾート。“また来たいと思って頂けるお店作り”をモットーに、雲見の海を楽しく案内してくれる。宿泊施設併設、器材レンタル無料、女性スタッフ常勤などダイバーにやさしいダイビングサービス。
トップページへ戻る
海のいきもの図鑑(大)

バックナンバー

関連書籍Book concerned

フィッシュウォッチング500

フィッシュウォッチング500

海の生き物ウォッチング500

海の生き物ウォッチング500

マリンダイビング最新号

マリンダイビング最新号

「La SCUBA」最新号

「La SCUBA」最新号

楽園モルディブ2019

楽園モルディブ2019

沖縄ダイビングガイド2016

沖縄ダイビングガイド2016

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • AQROS
  • マリンダイビングフェア2019
  • MDShop Amazon
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • 地球の海フォトコンテスト
  • おすすめダイビングツアー
  • 海のBooks&Goods
  • メルマガ登録解除
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

人気連載POPULAR SERIES

最新特集The special feature

Present今月のプレゼント