ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

LINE Facebook Twitter Instagram

インドネシア メナド・レンベ | エリア情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インドネシア

シーズナリティarea

シーズナリティ

メナド・レンベってどんなところ?What kind of place is Manado-Lembeh

 2万近くもの島々から成るインドネシアは、世界でも有数のダイビング王国。その中でも特にメナド&レンベは、フォト派と生物好きに圧倒的な人気を誇る。
 透明度20㍍以上が当たり前のメナドは、豪快なドロップオフではバラクーダやツバメウオなど大群が続々と現れ、浅瀬では特上の大サンゴ群落が広がる。
 一方、レンベはユニークな生物たちのウオッチング&撮影が中心となるネイチャーダイビング。どちらで潜るか迷う!

大物&サンゴのメナド、ネイチャー派のレンベ
どちらもフォト派パラダイス

メナド・レンベ

人気ダイビングスポットPopular diving spot

Tanjung Kopi

タンジュン・コピ

タンジュン・コピ

メナドのスポットで、メナドトゥア島のすぐ北に位置する。ドロップオフの中腹にある棚で待機していると、バラクーダやギンガメアジの大群、カマスサワラ、ロウニンアジなどが潮に乗ってやってくる。ウメイロモドキやムレハタタテダイなど魚影も濃い。

Pante Parigi

パンテ・パリジ

パンテ・パリジ

海峡のレンベ島側に位置するスポットで、海底はなだらかな砂地。ヘアリーフロッグフィッシュ(たくさんの皮弁が生えたカエルアンコウ)やゼブラバットフィッシュなど珍種の宝庫。水深を深くとるときは、残圧と無減圧潜水時間によく注意すること。

Police Pier

ポリス・ピア

ポリス・ピア

インドネシアの固有種、バンガイカーディナルフィッシュのコロニーが人気のレンベ・スポット。海底を"歩く"ミナミハナイカやオオモンカエルアンコウなど生物ウオッチングが楽しい。海底の砂や泥を巻き上げないよう、フィン先やゲージに注意しよう。

基本情報Basic information

国名
インドネシア共和国
ビザ・パスポート
パスポートの残存期間は、入国時に有効期限が6ヵ月以上、パスポートの余白が3ページ以上あればOK。ビザ代金はインドネシア滞在期間が8日まではUSD10、9日~30日以内の場合はUSD25。
時差
日本より1時間遅い。
言葉
英語インドネシア語。
気候
ベストシーズンは乾季に入る3月中旬~10月。特に、7月中旬までは風もなく、海況も安定。7月末~9月末は南風、10月中旬~11月末は強い西風が吹くことがある。雨季は12~2月初旬。水温は年間通して28度前後とダイビングには最適。ただし、特にレンベではダイビング時間が長くなりがちなので、ウエットスーツは3㍉より5㍉のほうが望ましい。
通貨
インドネシアルピア(Rp)
電圧とプラグ
220V、50Hz。日本の電化製品には変圧器が必要。プラグのタイプは丸ピン2つのCタイプが主流

※2013年6月現在 情報は予告なく変更になる場合があります。事前にチェックをしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連書籍Book concerned

関連するMarineDiving

DIVE IN ASIA ダイブインアジア

DIVE IN ASIA ダイブインアジア

世界のダイビングBOOK

世界のダイビングBOOK

2013年7月号

2013年7月号

2013年4月号

2013年4月号

2013年2月号

2013年2月号

2012年12月号

2012年12月号

2012年8月号

2012年8月号

2012年4月号

2012年4月号

2012年1月号

2012年1月号