ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

LINE Facebook Twitter Instagram

シンガポール航空でラクラク旅できる
インドネシアのコーラルパラダイス メナド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シンガポール航空でラクラク旅できるインドネシアのコーラルパラダイス メナド

ダイナミックなドロップオフと美しいサンゴ礁 ダイバーを魅了する海

“メナド”という地名を聞いて、どこにあるかすぐにわかる人は少ないかもしれない。しかしその異国情緒な響きの地には、最高におもしろい海が待っている。潜ってまず驚くのが、サンゴの豊富さ。台風や温暖化による海水温の上昇などで世界のサンゴ礁はダメージを受けているが、メナドのサンゴはまさに健康優良児。主に潜りに行くブナケン島の周辺の海には、約70種のサンゴが生息しているという。またウミガメや、ツバメウオやバラクーダなどの群れなど、大物との出会いにも胸が高鳴る。

メナドの海は、ウミガメとの遭遇率が高い。「フクイポイント」や「サチコポイント」、「レクアン」などでは、ウミガメと接近遭遇できる
メナドの海は、ウミガメとの遭遇率が高い。「フクイポイント」や「サチコポイント」、「レクアン」などでは、ウミガメと接近遭遇できる

マクロにワイドに メナドの海の見どころは盛りだくさん

ハードコーラル、ソフトコーラル、ダイナミックなドロップオフ、真っ白な砂地。メナドの海にはいろいろな環境が揃っていて、そこにすむ生物も多種多様。現地には日本人ガイドが常駐するダイビングサービスが何軒もあるので、言葉の心配もなく、じっくりと見られる生物についても教えてもらえる。

メナドから潜りに行く主なダイビングスポットが集まるブナケン島。島の周囲はドロップオフになっていて、「レクアンⅠ」ではカスミチョウチョウウオが壁沿いに群れ泳いでいた
メナドから潜りに行く主なダイビングスポットが集まるブナケン島。島の周囲はドロップオフになっていて、「レクアンⅠ」ではカスミチョウチョウウオが壁沿いに群れ泳いでいた
透明度が常時20㍍を超すメナドの海は、魚群も見どころのひとつ。「フクイポイント」では、ナンヨウツバメウオの群れが高確率で見られる
透明度が常時20mを超すメナドの海は、魚群も見どころのひとつ。「フクイポイント」では、ナンヨウツバメウオの群れが高確率で見られる
サンゴ礁の海は、さまざまな生物のすみかになっている。潮通しがいいリーフには、宝石のように美しいアカネハナゴイが群れ泳ぐ
サンゴ礁の海は、さまざまな生物のすみかになっている。潮通しがいいリーフには、宝石のように美しいアカネハナゴイが群れ泳ぐ

メナドの主なダイビングスポット

メナドの主なダイビングスポットは、ブナケン島を中心としたブナケン国立公園エリアに集中している。カラフルなサンゴ礁の海に、たくさんのコーラルフィッシュが群れる風景が楽しめる。メナドトゥア島やシラデン島、モンテハゲ島、ナイン島の周囲にもスポットが開発されていて、バラクーダの群れなどの大物も期待できる。またメナドの沿岸にもスポットが点在し、“Muck(マック)ダイブ”といわれるマクロ生物狙いのダイビングが楽しめる。

Lekuan Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ

レクアンⅠ、Ⅱ、Ⅲ

 ブナケン島の南東にあるドロップオフを潜る。いいときは透明度が40m以上あることも。サメ、ウミガメ、バラクーダやギンガメアジの群れなど大物との出会いが期待できる。

Fukui Point

フクイポイント

 ブナケン島の南部に位置するリーフの一角。ナンヨウツバメウオの群れやロウニンアジ、ややなだらかなスロープに口を開けるように鎮座するオオシャコガイなど見どころ豊富。

Tanjung Kopi

タンジュン・コピ

 メナドエリア随一のビッグスポットで、イソマグロやカンムリブダイなどの大物が登場。ほかにも潮の流れにのって、ギンガメアジやバラクーダなどの回遊魚が続々と泳いでくる。

Sachiko Point

サチコポイント

サチコポイント

 サンゴが見事なスポットで、ソフトコーラル、ハードコーラルともに元気いっぱい。カスミチョウチョウウオ、ムレハタタテダイなどの魚群も見どころ。
「サチコポイント」はあたり一面に広がるハードコーラルの群生が見事

Tiwoho

ティウォホ

ティウォホ

 ウォリというエリアにある、マクロ狙いのスポット。浅瀬にサンゴが群生している。ニシキフウライウオ、ハナヒゲウツボなどの人気者をはじめ、ウミウシも種類豊富。
マクロ生物もメナドの海では豊富。体色を七変化させるハナイカも「ティウォホ」などで見られる

羽田・成田からひとっ飛び メナドへの旅は、シンガポール航空が便利

メナドへの日本各地発のツアーは最短5日間から組まれているので、長期休暇が取りにくい人でも行きやすい。メナドはシンガポール経由で行くのが一般的だが、羽田深夜発の《シンガポール航空》を利用すれば「仕事帰りにメナドへ」なんてこともできちゃう。もちろん成田、名古屋、大阪、福岡などからもシンガポールへのフライトは豊富なので、アクセスしやすい。
また《シンガポール航空》は、エコノミークラスでも30㎏まで手荷物を預けることができる。ダイビング器材やカメラ器材なども、安心して預けられる。ほかにもさまざまな特典があるので、詳しくは《シンガポール航空》ウェブサイトでチェック!!
※30㎏を超過した場合は、超過手荷物料金を支払うことになるので、ご注意ください。

(C)シンガポール航空
※写真はイメージです

ダイバー向けのホテルが充実! メナドのリゾート事情

メナドにはダイビングサービスが多くあり、そのほとんどがリゾートホテルに併設されている。ツアーの手配時にダイビングも申し込みできるのでラクチンだ。南国情緒あふれるゴキゲンなリゾートホテルに滞在して、朝から夕方まで潜るダイビング三昧なバカンスが過ごせる。
ダイビングが終わってリゾートに戻ってくるのは、夕方4時くらい。夕食までのひとときは、プールサイドやバーでのんびり。スパがあるリゾートでは、疲れた体をリフレッシュするのもおすすめ。またリゾートからメナドの街までは、車で30〜40分。シャトルバスが出ているホテルもある。シーフード、中華など、リーズナブルにおいしい食事ができる店も多い。ショッピングモールでの買い物も楽しいので、時間に余裕があれば足を延ばしてみては?

メナドの沖合に浮かぶメナドトゥア島。島のまわりにはダイビングスポットが点在している。美しい円錐形の山があり、“メナド富士”と呼ばれている
メナドの沖合に浮かぶメナドトゥア島。島のまわりにはダイビングスポットが点在している。美しい円錐形の山があり、“メナド富士”と呼ばれている
西向きに海が広がるメナドでは、海に沈む美しいサンセットが見られる
西向きに海が広がるメナドでは、海に沈む美しいサンセットが見られる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連書籍Book concerned

関連するMarineDiving

DIVE IN ASIA ダイブインアジア

DIVE IN ASIA ダイブインアジア

世界のダイビングBOOK

世界のダイビングBOOK

2013年7月号

2013年7月号

2013年4月号

2013年4月号

2013年2月号

2013年2月号

2012年12月号

2012年12月号

2012年8月号

2012年8月号

2012年4月号

2012年4月号

2012年1月号

2012年1月号

最新号

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK

おすすめサイト

  • オリオン
  • AQROS
  • スタッフ募集

サイト内検索

リンク

  • 5%還元でお得にお買い物 Marine Diving SHOP
  • 地球の海フォトコンテスト
  • おすすめダイビングツアー
  • メルマガ登録解除
  • 海を守ろう 考えよう
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • マリンダイビングフェア2020
  • JLDA
  • OKマリンプロ

最新号

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK

おすすめ特集

今月のプレゼント