ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

久米島ダイビング&旅ガイド

久米島ダイビング&旅ガイド

忙しい日々を忘れてリフレッシュしたい! そんなあなたにぜひ、次の旅先としてオススメしたいのが久米島。一年中暖かな島ではマリンアクティビティが充実しており、特にダイビングはとっても盛ん! サンゴ礁、地形、ジンベエザメやマンタなどの大物から、クマノミやギンポ、ハゼやエビ・カニなどマクロにもあふれ「これぞ沖縄!」な魅力がギュギュっと凝縮。気候だけでなく人も温かく歓迎してくれ、なんだかほっこり優しい気分に。一度訪れれば、久米島の虜になってしまうこと間違いなし!

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • AQROS
  • 伊豆半島500円引きWEBクーポン
  • 海島ツアー
  • スタッフ募集

久米島ってこんなとこ

 沖縄本島から西に約100km。那覇空港からは《日本トランスオーシャン航空》、《琉球エアーコミューター》の便で約30分という、沖縄諸島の中でも特に身近な島。那覇の泊港から《久米商船》の船で行くこともできる。その場合は直行便で約3時間、渡名喜島経由便で約4時間だ。海のきれいさもさることながら、島には緑がたくさんで、大自然あふれるエコアイランドだ。島はコバルトブルー、スカイブルー、エメラルドグリーン……さまざまな「久米ブルー」に360度を囲まれてとても爽やか。久米島外周を道路が通っていて、距離は約40km。寄り道しながらのドライブでも2時間程度で一周することができる。海を見ながらのドライブは気持ちがいい。

迎えてくれるのは、近代的な久米島空港

車エビの生産量は日本一!

サトウキビ畑が広がるのどかな風景もそこここに

島全体が県立自然公園に指定

島には意外にも森や森林が多く、「ラムサール条約」に登録された貴重な湿地帯もある緑豊かな久米島。島名の由来として、サンゴ礁に浮かび上がる緑の島がまるで球のように美しいとされ「球美の島」と呼ばれたという説がある。そんな大自然あふれる久米島は、実は島全体と周辺海域が県立自然公園に指定され、保護されている。

島の随所に景勝地

目を見張るような美しいビーチをはじめとして、ぜひ目に焼き付けておきたい絶景が島内中に散らばっている。

イーフビーチ
島の東海岸にある約2kmにおよぶビーチは、「日本の渚100選」に選ばれている

ミーフガー
子宝祈願の地として有名。迫力満点の巨岩の名所

畳石
噴出した溶岩が冷え固まり、まるでカメの甲羅のよう

美しい海でマリンアクティビティ

一年を通して温暖で、平均水温も高い久米島では、たくさんのマリンアクティビティが行なわれている。

スノーケリング
水面からのぞいただけで、海の中はフィッシュパラダイス!

SUP
海の上に立っている感じが楽しめるSUPがついに久米島でも楽しめるように

ハテの浜は久米島が誇る絶景

久米島の泊フィッシャリーナから送迎船で約15分。見えてくるのは美しいラグーンに浮かび上がる、白砂だけの無人島。サンゴの欠片が集まってできた砂州に上陸することができる。ハテの浜の全長は約7kmで、ただひたすらに真っ白な砂浜が続く光景はまさに絶景だ。大きさは日本で最大。まさにここ久米島でしか見られない、まるで天国のような場所。

驚くほどさらさらの砂浜に、最高級の海。至福の時を体感して

リゾートホテルもあれば民宿も

 プールや大きなレストランを備えた大きなリゾートホテルから、地元の人の手作りご飯が味わえ、まるで実家に帰った時のようなホッとする感じがする民宿まで、宿泊施設はより取り見取り。久米島内で宿泊施設が集中しているのは、イーフビーチ周辺やじんじんロード(新興通り)周辺。居酒屋などの飲食店も多くある。

目の前にイーフビーチが広がり、ロケーション最高の《イーフビーチホテル》

空港から至近の、全室オーシャンビューホテル《サイプレスリゾート久米島》

南国情緒あふれる《リゾートホテル久米アイランド》

久米島の陸と海を動画でチラ見

バラエティ豊かな海の中

ジンベエも!マクロも! サンゴ礁群に地形と贅沢づくし

久米島ダイビングの魅力を一言でいえば、「沖縄の魅力をギュッと凝縮」したような海であること。辺り一面に広がるサンゴ礁群や、かわいらしいクマノミやカメたち。自分より大きな体のマンタやジンベエザメなど、沖縄の海と聞いて想像するすべてのものが詰まっていると言っても過言ではない。しかも、透明度の高さもピカイチ! とても贅沢なダイビングを堪能することができる。

マンタのハイシーズンは11~4月

ほっこりするクマノミたちのコロニー

オススメのダイビングスポット

トンバラ

比較的浅い水深10m台でのハンマーヘッドシャークや、時にジンベエザメも現れる、可能性無限大のスポット。大物好きにはたまらない!

イマズニ

なんといっても、ギンガメアジの群れが名物。一つの塊のように何百、何千ものギンガメアジが目の前を行く光景はまさに圧巻。

カメパラダイス

エントリーしてすぐカメ、行けば行くほどカメ、カメ、カメ! 30尾以上現れることもよくあるという、まさにカメ天国!

鳥島沖

水深4~5mの棚に、モンツキカエルウオが数えきれないほど生息。穴の中で卵を守っている個体も見られる。

キンメの根

スポット名にもあるように、真っ白な砂地にキンメモドキが根付いている根がある。岩の割れ目にはアカシマシラヒゲエビなどのマクロも多彩!

ウーマガイ

豪快なドロップオフがあり、カスミチョウチョウウオやハナゴイ、キンギョハナダイなどが群れる。マンタにも出会えるチャンス大! 

アフターダイブも充実!

疲れた体を癒す

水深612mからくみ上げた海洋深層水を利用したスパ《バーデハウス久米島》は、ダイビングで疲れた体を癒すには最適! 体に負担がかからない水温35~36℃のプールに浸かれば、体もじんわりとほぐれていく。海洋深層水は雑菌が少なく、ミネラルが豊富な上、肌への吸収率がいいので、お肌にもとてもいい。

オーシャンビューで、吹き抜ける風も気持ちがいい野外プールも

久米島料理を堪能

やっぱり食事は久米島料理をチョイス! 新鮮な海ブドウ(島内に海洋深層水を利用した養殖施設もあり)や、ゴーヤ、一番の名物の車エビなど、全部がおいしい!

ダイビングサービスのスタッフにも常連が多い《たか家》。豪華な海鮮盛り合わせに舌鼓

リーズナブルな価格で沖縄料理や、定食も楽しめる《寛ぎ屋 南美花》

美しい夕焼けに心奪われる

沈みゆく夕陽を眺める贅沢な時間。またこの島にやってきたいと思える瞬間である

《サイプレスリゾート久米島》の目の前にあるシンリ浜から見る夕焼けは絶景。時間を狙えば飛行機とのコラボレーションも。チャンスは一日一回

トップページへ戻る

関連書籍Book concerned

「マリンダイビング」2017年1月号

「マリンダイビング」2017年1月号

「マリンダイビング」2016年7月号

「マリンダイビング」2016年7月号

沖縄ダイビングガイド2016

沖縄ダイビングガイド2016

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • 久米島観光協会
  • オリオン
  • AQROS
  • マリンダイビングフェア2019
  • MDShop Amazon
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • おすすめダイビングツアー
  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビングクラブ
  • 海のBooks&Goods
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • マリンダイビングフェア2019
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント