年間120万人が訪れるダイビング情報サイト

  • ホーム
  • その他
  • 海を感じるワインSelection Vol.4海から遠い村で造られる「ギョタク」とは?

ジャケ買いワインソムリエ・スージー&メイの
海を感じるワインSelection
Vol.4
海から遠い村で造られる
「ギョタク」とはこれいかに?

ジャケ買いワインソムリエ・スージー&メイの海を感じるワインSelection

皆様、こんにちは! 日本橋茅場町にあります《ジャケ買いワインのセレクトショップ Wine and Weekend》のスタッフ、メイです。

海にまつわるストーリーのあるジャケ買いワインのご紹介、第4回はフランス・アルザス地方、海からは遠~いユナヴィール村で造られる「ギョタク」のお話です。

海からは程遠い村で造られるギョタク!

(アルザス地方コルマールの旧市街)

(アルザス地方コルマールの旧市街)

中世からルネサンス期に建てられた木組みの建物が可愛らしい旧市街で有名なフランス・アルザス地方。その代表的な街コルマールから北に10Km、ユナヴィール村に1930年頃創業したワイナリーが「DOMAINE MITTNACHT FRERES(ドメーヌ・ミットナット・フレール)」です。1995年には創業家から3代目となるマルクとクリストフの従兄弟コンビが継承しました。

2002年、クリストフ・ミットナット氏は日本人の由佳さんと結婚。由佳さんは長年、赤坂のレストランでシェフを務めていました。

(写真:由佳さんとクリストフさん。輸入元ヌーヴェル・セレクション株式会社HPより)

(写真:由佳さんとクリストフさん。輸入元ヌーヴェル・セレクション株式会社HPより)

結婚を機に由佳さんはマダムとしてドメーヌを切り盛りしながら、ワインメーカーのクリストフ氏と共に、「お寿司に本当に合うワインは何か?」というテーマに取り組んできました。

長年の研究の末、ご夫婦が辿り着いた結論は、リースリング、ゲヴュルツトラミネール、ミュスカ、ピノ・グリ、ピノ・ブランの5つのブドウ品種のブレンド。

アルザス地方における“高貴品種”を50%以上使用し、基準をクリアしたブレンドワインのことを伝統的にgentil(ジャンティ)と呼べるのですが、そのジャンティとして完成させたのが、「キュヴェ・ギョタク」です。

「ブレンド比率は企業秘密です(笑)。ヴィンテージによって比率も変わります」。(由佳さん)

企業秘密!? 気になりますね!

お寿司やお刺身に合うように考え抜かれたワイン

キュヴェ・ギョタク・・・そのネーミングから、ラベルはもちろん魚拓!

(何のお魚なのか気になる…)

(何のお魚なのか気になる…)

口に含むと優しい口当たりで、その後にくる奥行きのある深い味わいに心を打たれます。

お魚に合う白ワインは数あれど、キュヴェ・ギョタクの特筆すべきは、お魚だけでなく、酢飯、ワサビ、醤油、ガリとの相性も考え抜いて造られているということです。

本当にお刺身やお醤油、わさびに合うのか?

その美味しさに、単体でも十分楽しめるワインですが、せっかくお寿司とお刺身に合うようにブレンドされているので、いざ実証してみたいと思います。買ってきたのは目鯛のお刺身。

目鯛のお刺身

皆さんご存知のとおり、白ワインはお魚に合うとよく言われますね。でも、生魚に合わせる時には魚の生臭さを助長させるワインもありますので気をつけなければなりません。

このキュヴェ・ギョタクは、まずはブドウ品種のブレンドによるお出汁のような風味を感じ、それがお魚の味をぐいっと引き立ててくれます。程よい酸と魚の脂とが合わさって、奥行きのある爽やかな味わいに。お醤油を含むと、まるでお吸い物です。そして、わさびがツーンときた後に一口飲むと、すぐにアロマティックな心地よい刺激に緩和してくれます。

実証結果:完璧なマリアージュでした。(笑)

人の味覚は様々なので、以上は個人の感想ですが、ご参考になれば幸いです。

厳格なオーガニック認定の自然派ワイン

ワイナリーのブドウ畑は、1998年には化学肥料や農薬を使用しないビオロジック(オーガニック)栽培を開始し、翌1999年よりビオディナミ農法(※)に転換、14年後の2013年にビオディナミの中でも認定が非常に厳しい「demeter(デメテール)」の認定を取得しています。

(※)ビオディナミとは、哲学者ルドルフ・シュタイナーの【農業講座】に基づいて設立された農法で、宇宙的な生態系の原理にしたがうことで、土地や植物の活力を最大限に引き出すことを目的としており、その成果は非常にゆっくりと現れてくるため、強固な意志がなければ継続できないと言われます。

(裏ラベルにはデメテール認証印とEUのオーガニック認証印ユーロリーフも)

(裏ラベルにはデメテール認証印とEUのオーガニック認証印ユーロリーフも)

由佳さんによると、農法をビオディナミにしてから、畑に野生のチューリップが咲いたり、野いちごが実るようになったり、鹿やイノシシが畑に入ってくるようになったそうです。

野生のチューリップ!!! 一体、球根はどこからきたのでしょうか。自然の力とは偉大ですね。

「アルザスはぶどう品種のバラエティが豊かで、和食はもちろん、多種多様なお料理に合わせることができます。そのマリアージュの楽しさ、そして美味しさを、ひとりでも多くの方に知っていただければと思います」(由佳・ミットナット)。

実はこの生産者である「ドメーヌ・ミットナット・フレール」を継いだ従兄弟同士は、2019年8月に別々の道を歩むことに。由佳さんとクリストフさんご夫妻は、新ワイナリーを設立します。その名は「テール・デトワール」=「星々きらめく土地」の意味。彼らのリリースする数種類のワインのうちキュヴェ・ギョタク以外のラベルは、惑星がモチーフになっています。

「キュヴェ・エスプリ・リーブル」(「自由な精神」の意)

「キュヴェ・エスプリ・リーブル」(「自由な精神」の意)

星々きらめく土地で生まれた「ギョタク」を、ぜひ味わってみてください。

「キュヴェ・ギョタク」は、当店Wine and Weekendオンラインショップでもご購入いただけます。

『ジャケ買いワインのセレクトショップWine and Weekend』

東京都中央区日本橋蛎殻町1-6-9-103
TEL:03-6661-1845
E-mail:info@wandw.tv
⇒オンラインショップはこちら

Facebook LINE youtube

【メイ・松田:プロフィール】

松田まゆみ

松田まゆみ

JSA認定ソムリエ。
昨年コロナの影響を受け、大手外資系航空会社を退職。かねてより興味のあったワインの世界にダイブし、日本橋茅場町にあるWine and Weekendを手伝う。フランス・プロヴァンス出身の夫と高校生の息子2人の4人家族。好きなワインはグルナッシュ主体の赤ワイン。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE