年間110万人が訪れるダイビング情報サイト

Marine Diving web

ニュース2020.09.18

スマホが水中カメラになる!
「WEEFINEスマートハウジング」に注目!

水中撮影機材を取り扱う《フィッシュアイ》から発売されているスマートフォン用ハウジング「WEEFINEスマートハウジング」、皆さんはご存じですか? これまでのスマートフォン用ハウジングの問題を解決し、さらに+αの楽しみを提供してくれることで、注目を集めています。その魅力を詳しく紹介します。

1)幅広い機種のスマートフォンに対応!

WEEFINEスマートハウジングは、さまざまなサイズのスマートフォンに使用できるのが魅力。スマートフォンを機種変更しても使い続けることができます。iPhone/Androidどちらにも対応している無料の専用アプリ「Dive+」をダウンロードし、Bluetoothで連動させることで撮影が可能となっています。撮影した写真はそのままスマホで編集でき、SNSへ投稿することができます。一般的な水中カメラセットに比べて安価なのも魅力です。

「WEEFINEスマートハウジング」に注目!

「WEEFINEスマートハウジング」に注目!

2)「圧力センサー」で水につけずにリークチェック!

スマートハウジング内蔵の圧力センサーと付属のバキュームポンプにより、陸上で陰圧状態のリークチェックができ、より信頼できる防水チェックが可能になっています。また内部のくもり防止効果もあります。ボディは耐腐食アルミ合金製で、耐圧水深80m。スマホをしっかり守ります。

「WEEFINEスマートハウジング」に注目!

「WEEFINEスマートハウジング」に注目!

3)ワイドにもマクロにも対応。楽しみが広がります

超広⾓撮影⽤のワイドコンバージョンレンズとマクロ撮影⽤のマクロコンバージョンレンズが⽤意されており、コンデジに引けを取らない⽔中撮影が楽しめます。オプションレンズ取り付けには、別売りの「WFレンズホルダーSH」が必要。
また、お手元にあるワイドレンズ、マクロレンズを使うことも可能です。M52マウントなので、52㎜径のレンズか、他の径のレンズであれば、変換リングをお使いいただくことで使用できます。

「WEEFINEスマートハウジング」に注目!

「WEEFINEスマートハウジング」に注目!

【作例】
●ワイド(WEEFINEスマートハウジング+ワイドコンバージョンレンズUWL-28M52R
撮影:《ブルーライン田後》山崎さん

作例1

作例2

マクロ(WEEFINEスマートハウジング+マクロコンバージョンレンズSMC-1
撮影:《ブルーライン田後》山崎さん

作例3

作例4

●動画(WEEFINEスマートハウジング+ワイドコンバージョンレンズUWL-28M52R
撮影:《ブルーライン田後》山崎さん

4)撮影・編集・記録(ログ)を楽しめるAll in Oneアプリ

無料の専用アプリ「Dive+」のカメラ機能は、シャッタースピードやISO、色温度などを設定することが可能。ボタンひとつで青被りした写真を自動補正してくれる編集機能もあります。さらにログデータと一緒に撮影した写真やダイブサイトをまとめることもできるAll in Oneです。

《ボタン一つでキレイに青被りを補正》

注目ポイント!
WEEFINEスマートハウジングPRO WFH03は標準装備の水圧/温度センサーにより、深度(現在・最大・平均)、時間、水温などを表示する「ダイブコンピュータモード」に対応。撮影中につい忘れがちな深度/時間の管理を撮影画面モニター上で確認できます。撮影だけでなく、安全管理もできるアプリとなっています。
※ダイブコンピュータモードで表示される「無減圧潜水時間」は実際の潜水計画の管理には使用できません。必ず潜水用のダイブコンピュータをお持ちの上、安全に水中撮影をお楽しみください

《ダイブコンピュータモード時の表示》
※WEEFINEスマートハウジングPRO WFH03のみ

◆WEEFINEスマートハウジングPRO WFH03:49,800円(税別)
◆WEEFINEスマートハウジングWFH04:39,800円(税別)

⇒詳細情報はこちら

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

※クリックすると、そのカテゴリーの一覧が表示されます