ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

LINE Facebook Twitter Instagram

ニュース・トピックス

銀座で『ZAN(ジュゴン)』を観よう!

日本自然保護協会(NACS-J)によると、
NACS-Jの支援団体、《中越パルプ工業株式会社》が社会課題をテーマとした映画を上映する
「第50回銀座ソーシャル映画祭」を12月11日(月)に開催する。

上映映画は『ZAN~ジュゴンが姿を見せるとき~』。
沖縄では絶滅したと思われていた伝説の生き物、ジュゴン。
このジュゴンが棲む海で、今、何が起きているのか?
沖縄でジュゴンを探す旅に出たプロデューサーの木佐美有さんが見た辺野古・大浦湾の自然の豊かさと
米軍基地建設に向けた様々な立場の人々の声。沖縄の豊かな自然の中での様々な発見、体験を通して
ジュゴンが暮らすこの海とともに生きていくことの大切さを考えるドキュメンタリーとなっている。
73分、2017年、リック・グレハン監督。

【日時】2017年12月11日(月) 18:30 開場
                      19:00 開演 上映+トークセッション
                                                  21:00 交流会開始(22:00終了)

【会場】ギャラリーアートグラフ銀座
            東京都中央区銀座2-9-14 銀座ビル1F

【ゲスト】リック・グレハン監督、木佐美有プロデューサー

【入場料】1,000円
交流会1,500円 定員30名

詳細は▼
http://www.nacsj.or.jp/partner/2017/12/7483/

トップページへ戻る