年間110万人が訪れるダイビング情報サイト

Marine Diving web

ニュース2020.04.08

ZOOMなどのオンラインミーティングツールで
PADIコースの受講が特例で可能に!

新型コロナウイルスの感染拡大により、7都府県に緊急事態宣言が発令され、より一層の外出自粛が求められるなど厳しい状況が続いていますが、なんとダイビング指導団体のPADIが、家にいながらPADIの各種コースを受講できるよう、ZOOMGoToMeetingSkypeといったオンラインミーティングツールを使った講習を期間限定の特例で可能にしました!

これは、PADIのすべてのコースが対象となっており、ウェブカメラを使って店や器材の紹介をしたり、スクリーン共有機能を使ってクイズ、エグザムまで実施することが可能(もちろん、必須の教材は使用する必要があります)。アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コースや各種スペシャルティ・コースの知識の開発部分をオンラインミーティングツールで実施できるだけでなく、認定条件にダイビングが含まれていない下記のスペシャルティは、オンラインでコースを完結させることができ、家にいながら認定を受けることも可能となっています。

プロジェクトAWAREスペシャルティ・コース
サンゴ礁の保護スペシャルティ・コース
器材スペシャルティ・コース

この機会に、興味のあるPADIコースの知識の開発(学科)部分を受けておき、また気持ちよくダイビングが楽しめる日に備えて準備しておくのもいいのでは? まずはお近くのPADIショップに連絡してみましょう!

※オンラインミーティングツールを使用しての受講には、スクリーン共有機能の有無やファイル共有機能の有無など、事前に確認しておく必要があります。詳しくはPADIショップにてご確認ください。

PADI Prosブログ

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

※クリックすると、そのカテゴリーの一覧が表示されます