ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

Marine Diving web

環境保護2020.06.08

6月8日は世界海洋デー
海の環境について考えよう

6月8日は「ワールドオーシャンズデイ」! 
「ワールドオーシャンズデイ(世界海洋デー)」とは、1992年にブラジルのリオデジャネイロで開かれた「環境と開発に関する国連会議」(地球サミット)で提案され、2009年に国連で定められた世界の海の日のことです。

さらに、6月は環境庁が定めた「環境月間」。ということで、毎年、この時期には海岸・海底清掃が多く実施されますが、今年は新型コロナの影響で自粛しているところがほとんど。「例年はビーチクリーンアップに参加していたのに……」という方も多いのではないでしょうか。

実際に海に行くことはできなくても、海のためにできることはたくさんあります。
マイボトルを使ったり、エコバッグを持ち歩いたり、環境に優しい製品を使うようにしたり。

海にたどり着いてしまったゴミを拾うことももちろん大事ですが、そもそもゴミをなるべく出さないようにすることも大切です。「海のゴミの8割が街から(陸から)来ている」ともいわれています。
ゴミを出さないこと、街中のゴミを拾うことも、海を守ることに繋がりますよね。

改めて、自分には何ができるのか。考えてみる一日にしてみませんか?

「マリンダイビングWeb」の、海の環境保護特設ページもぜひチェックしてみてくださいね。
自粛期間が終了したら、海の中のクリーンアップ活動「1 Dive 1 Cleanup プロジェクト」にもぜひご参加を!

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

※クリックすると、そのカテゴリーの一覧が表示されます