年間120万人が訪れるダイビング情報サイト

Marine Diving web

現地の海から2016.06.28

“虹の魚”シイラってどんな生き物?

シイラはスズキの仲間で、主に外洋の表層を泳ぐ大型種。ハワイでは「マヒマヒ」と呼ばれ、高級魚として取り扱われています。海から揚がると金や青、緑などめまぐるしく色が変わることが「虹の魚」といわれる所以。オスは額が出っ張ったようなユニークな形が特長です。

ダイビングでは夏~秋にかけて外洋のスポットで見られることがあり、伊豆半島のダイビングエリアでもしばしば目撃されています。水中を悠然と泳ぐシイラの姿は迫力たっぷり。ぜひダイビング中に出会ってみたいですね。

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

※クリックすると、そのカテゴリーの一覧が表示されます