年間110万人が訪れるダイビング情報サイト

Marine Diving web

イベント2020.11.24

「UNDERWATER PHOTOGRAPHERS」
清水淳写真教室作品展が
オリンパスプラザ東京で開催!

写真家・清水淳氏の指導の下で水中写真撮影を楽しんでいるメンバーの合同作品展「UNDERWATER PHOTOGRAPHERS」が、東京・新宿区のオリンパスプラザ東京にて、2020年12月4日(金)~2020年12月16日(水)の期間で開催されます。モルディブの海で撮影された美しい作品がずらり。ぜひ足をお運びください。

UNDERWATER PHOTOGRAPHERS
会場:オリンパスプラザ東京 地下1階ショールーム クリエイティブウォール
会期:2020年12月4日(金)~2020年12月16日(水)
※木曜定休、入場無料

清水淳さんからのコメント


この作品展は、写真家・清水淳の指導の下で、水中写真撮影を楽しんでいるメンバーの合同作品展です。

ダイビング歴や水中写真を始めたきっかけは様々ですが、参加者全員が「もっと写真が上手になりたい」「撮りたいと思った写真が撮れるようになりたい」と日々スキルアップに励んでいます。
「自分が良いと思う写真」から「展示するための作品作り」や「見る人を意識した作品作り」へのステップアップを目的とし日々研究と努力を積み重ねています。今回はそのメンバーの中でもさらに一歩進んだ作品を撮りたいという希望者を募ってインド洋のモルディブへ遠征してきました。
「流れの速い環境で照明やカメラのコントロールする」「深深度下での色々な制限の中で撮影をする楽しみを写真にする」「遭遇したシーンでの気持ちをそのまま作品に仕上げる」このようなテーマで取り組んできました。
作品のほとんどが、OLYMPUS社製デジタルカメラの水中モードで撮影されています。OLYMPUS社の水中モードは、『初めて水中写真を撮る人でも、簡単でキレイに撮れる』をコンセプトに開発されています。
しかしながら、ただ簡単で手軽なばかりではなく、個々の撮影シーンに合わせた設定や撮影技法を用いることで、多彩な表現が可能であり、多様な撮影者のニーズに応えることのできるシステムであることが、今回の個性豊かな  作品からもお分かりいただけるのではないでしょうか。
この作品展が、水中写真や水中の世界に関心を持っていただけるきっかけとなれば、幸いです。


◆出展作品:24点
◆参加作家:12人
永井千賀子、原田 清美、佐野 公一、佐野 みゆき、横山 哲三、横山 晶子、三山 美樹、高橋 文行、高橋 純子、島崎 真美子、西村 至、黒部 美巳

永井千賀子さんの作品

永井千賀子さんの作品

高橋純子さんの作品

高橋純子さんの作品

◆講師プロフィール
清水 淳 しみずじゅん。1964年埼玉県生まれ。
「水中から見上げた空」をメインテーマに半水面や海辺の風景撮影を撮り続けている。ダイビング専門誌やカメラ関係誌などで執筆や撮影を行ないながら、沖縄・那覇にて水中写真教室マリーンプロダクトを主宰。著書に「誰にでも撮れる水中写真」「デジタルカメラで簡単水中写真」がある。 オリンパス水中デジカメインプレッション、オリンパスデジタルカレッジ講師、フォトパスマリンの監修をはじめ写真講座やセミナーなどの講演で活躍中!
公益社団法人日本写真家協会会員
⇒清水淳 オフィシャルウェブサイト

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

※クリックすると、そのカテゴリーの一覧が表示されます