年間110万人が訪れるダイビング情報サイト

Marine Diving web

ニュース2020.12.01

12月25日(金)公開!
『ジョゼと虎と魚たち』がアニメ映画化
リアルなダイビングシーンにも要注目!

2003年に実写映画化された芥川賞作家・田辺聖子さんの小説『ジョゼと虎と魚たち』が、アニメーション映画となってこの冬登場します。原作を読んだことがある、または実写映画を観たことがあるという方も多いのでは? 
2020年12月25日(金)に公開となるアニメーション映画は、なんとダイビングシーンがたくさん! 
気になるPVがこちら。

あらすじ

趣味の絵と本と想像の中で、自分の世界を生きるジョゼ。幼いころから車椅子の彼女は、ある日、危うく坂道で転げ落ちそうになったところを、大学生の恒夫に助けられる。
海洋生物学を専攻する恒夫は、メキシコにしか生息しない幻の魚の群れをいつかその目で見るという夢を追いかけながら、バイトに明け暮れる勤労学生。
そんな恒夫にジョゼとふたりで暮らす祖母・チヅは、あるバイトを持ち掛ける。
それはジョゼの注文を聞いて、彼女の相手をすること。
しかしひねくれていて口が悪いジョゼは恒夫に辛辣に当たり、恒夫もジョゼに我慢することなく真っすぐにぶつかっていく。そんな中で見え隠れするそれぞれの心の内と、縮まっていくふたりの心の距離。その触れ合いの中で、ジョゼは意を決して夢見ていた外の世界へ恒夫と共に飛び出すことを決めるが……。

実は恒夫のバイトというのが、ダイビングショップのスタッフなのです。今回編集部も試写会にお邪魔したのですが、恒夫の愛する海が、リアルに、非常に美しく描かれていて、こちらのダイビング欲も掻き立てられてしまうほど。心を揺さぶられる物語の中、度々登場するダイビングシーンについ注目してしまいます。ジョゼが海への憧れから描く、幻想的な海の世界も必見です。

恒夫を演じるのは若手人気実力派俳優の中川大志さん、ジョゼは2021年前期の朝ドラヒロインを演じる、活躍目覚ましい清原果耶さん。監督は『おおかみこどもの雨と雪』助監督や、『ノラガミ』シリーズの監督を手掛けたタムラコータローさん、脚本を桑村さや香さん、キャラクターデザイン・総作画監督を飯塚晴子さん、アニメーション制作を『鋼の錬金術師』や『僕のヒーローアカデミア』など数多くの人気作を手掛けてきたボンズ、主題歌はEveと、キャスト&スタッフも超豪華!

原作とも実写映画ともまた違った、新たな『ジョゼと虎と魚たち』。
ぜひ映画館の大きなスクリーンで楽しんでくださいね。

恒夫の海への愛、そしてジョゼの海への憧れの持つ意味とは……?
なぜ、原作にはないダイビング要素が満載なのか……?
次回は監督・タムラコータローさんのインタビューをお届けします!

■アニメーション映画『ジョゼと虎と魚たち』
公式サイト:https://joseetora.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/joseetora_movie
公式Instagram:https://www.instagram.com/joseetora_movie/

原作:田辺聖子『ジョゼと虎と魚たち』(角川文庫刊)
監督:タムラコータロー
脚本:桑村さや香
キャラクター原案・コミカライズ:絵本奈央
キャラクターデザイン・総作画監督:飯塚晴子
コンセプトデザイン:loundraw (FLAT STUDIO) 
音楽:Evan Call
アニメーション制作:ボンズ
主題歌・挿入歌:Eve「蒼のワルツ」/「心海」(TOY’S FACTORY)

配給:松竹/KADOKAWA 
製作:『ジョゼと虎と魚たち』製作委員会 

オリジナルブックカバーとプレスシートを
セットで10名さまに

『ジョゼと虎と魚たち』のオリジナルブックカバーとプレスシートをセットで10名さまにプレゼント。どちらも、一般では手に入れることのできない限定品です!
応募はこちらから

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

※クリックすると、そのカテゴリーの一覧が表示されます