年間120万人が訪れるダイビング情報サイト

Marine Diving web

レポート2020.12.02

医療従事者に海からエールを!
チャリティコラボイベントが伊豆海洋公園で開催!

5ショップから総勢70名が参加し大盛況!

5ショップから総勢70名が参加し大盛況!

去る10月25日(日)に伊豆海洋公園にて、イベントチーム《MOALUA(モアルア)》によるチャリティイベントが開催されました!

今回参加したショップは、
I GROOVY(アイグルービー)
AXSY(アクシー)
be dive(ビーダイブ)
fiz(フィズ)
LIKKLE MORE(リコモ)
の5店で総勢70名が参加。所属するダイビング指導団体はバラバラながら、同じ志を持つショップが集まりました。

大塚製薬からはリポビタンDと日焼け止めの協賛も

大塚製薬からはリポビタンDと日焼け止めの協賛も

《AXSY》の森脇さんによると、


コロナの影響はレジャーであるダイビング業界にもしっかりと出て、僕らも営業自粛や、海外・沖縄へのトリップツアーの中止など、様々なことを我慢しないといけなくなりました。震災の時も同様でしたが、ダイビングは窮地において生活には必要ないものだと判断されることが多々ありました。ですが、ダイビングが普段から海を楽しみにしてくれているお客様の活力になり得ることも、自粛が長く続いた今回の体験の中で、改めて実感できたことでもあります。

ダイビング業界には医療関係の方が多くいらっしゃいます。
当たり前に行けていた海に行けない、当たり前に会えていた仲間に会えない、そんな中でも日々前線で皆んなのために活動してくださっている医療従事者の方々に向けて、「みんなの思いを一つにしてコロナを乗り越えるんだ」というエールを海から発信していこうと、そんな想いから今回のイベントを開催することを決めました。

そして、その想いに共感してくださった、たくさんのダイバーが集まってくれたことが本当に嬉しかったです。今回のイベントだけで終わることなく、ダイバーから発信できるパワーとエネルギーを、ダイバーにしかできないエールを、もっともっと形にしていきたいと思っています。皆んなで「海からエールを」!!!


とのこと。

今回のイベントでは、「COV IS OVER」デザインTシャツを参加者全員で着用し、医療従事者の方々に少しでも手助けできるようにと、今ツアーの収益金&Tシャツ売上の一部を、日本赤十字社へ全ショップ連名で寄付。また、今回ツアーにご参加いただいた医療従事者の方々にはツアー代金の割引などの特典もありました。

みんなで「COV IS OVER」デザインTシャツを着用。売上の一部は日本赤十字社へ

みんなで「COV IS OVER」デザインTシャツを着用。売上の一部は日本赤十字社へ

Tシャツをデザインした大阪のダイビングショップ《SORA》の北嶌さんからは


毎日毎日、たくさんのニュースを目にするけれど、「悲しみ」「憤り」「不安」「迷い」、こんな感情でできているものが多い気がします。もちろんそれを否定するわけではなく、その中にも必要な情報もたくさんあるし、実際みんな大変な思いで毎日過ごしています。

でも僕はダイビングのインストラクター。みんなが楽しくなる事を考えないと。

新型コロナウイルス感染症収束後のお客様との楽しみの共有になればという思いで、大阪の仲間と主催しているONE SEAというコミュニティと先輩のTシャツ屋さんの協力をもらってこのTシャツをつくりました。

COV IS OVER!IF YOU WANT IT
みんなが望めばコロナウイルスは終わる!


という想いも届けられました。

当日は、ダイビングにクリーンアップにと、大いに盛り上がったようです。来年もまたこのようなコラボイベントを実施予定とのことなので、ダイバー全員で盛り上げていきたいですね。

美味しい干物バーベキューもふるまわれました♪

美味しい干物バーベキューもふるまわれました♪

●写真・情報提供/イベントチーム《MOALUA(モアルア)》参加ショップ一同

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

※クリックすると、そのカテゴリーの一覧が表示されます