年間120万人が訪れるダイビング情報サイト

Marine Diving web

Fromスタッフ2021.04.28

授賞者や審査員のコメントも必見!
地球の海フォトコンテスト2021

49日に発売された『マリンダイビング』56月合併号。たまたまお会いした方などからたくさんのコメントをいただいているのは、贔屓目に見ているからだけではないと思っている編集長・ゴット姉こと後藤です。いつもご愛読、ありがとうございます。
というのは、「地球の海フォトコンテスト2021」の発表ページに関するコメントが多いのですが、
自由部門審査員長の福永友保先生も「昨年、これ以上素晴らしい作品は出ないのではないかと話したけれど、今年はさらに素晴らしい作品ばかりで驚いた」とおっしゃっているように、本当に力作ばかり。

自由部門グランプリ受賞作品
「青に溶ける」
丸岡亜紀さん(沖縄県)

なんと、丸岡さんは今回ビーチフォト部門でもグランプリを受賞。地球の海フォトコンテストでは2年連続グランプリという方もいらっしゃいましたが、同じ年に違う部門で2冠を獲得した方は初めて! これは快挙です!! おめでとうございます。

しかも、今回は上位入賞作品だけでなく、ビギナー部門とショップ部門の全入賞作品を掲載しているのですが、何人かの方々に「レベルが高くなりましたね。みんなスゴイ!」と言われました。こんなコメントをいただけることが素晴らしい。実際、私も両部門の審査に参加しましたが、ビギナー部門の鍵井靖章先生も、ショップ部門の高砂淳二先生も、選ぶのにとっても困っていましたから!

「マリンダイビングWeb」でも入賞作品を紹介していますが、グランプリや上位の方々、そして審査員のコメントがしっかりまとめられている『マリンダイビング』56月合併号は、水中写真を志す方であれば(というか、撮影する皆さんにも)ぜひ読んでいただきたい一冊。これ、宣伝だけじゃなく、心からそう思います! よろしくどうぞ~♪

『マリンダイビング』5・6月合併号の購入はこちら

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

※クリックすると、そのカテゴリーの一覧が表示されます