Marine Diving web

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

Facebook Twitter Instagram

ニュース・トピックス

横須賀で開催
戸村裕行氏 水中写真展「群青の追憶」

戦艦長門主砲(ビキニ環礁)

戦艦長門主砲(ビキニ環礁)

 2018年10月20日(土)~2019年1月31日(木)、戸村裕行さんの写真展「『群青の追憶』~海底に眠る大東亜戦争の戦争遺産を追う~」が神奈川県横須賀市・記念艦「三笠」艦内にて開催。
(※本展は2018年夏に東京、靖國神社・遊就館で開催された同展の巡回展示)

 戸村さんは、主に海洋生物を撮影対象としているほか、ライフワークとして現在も海底に眠る日本の船や航空機、潜水艦など、第二次世界大戦の戦争遺産の撮影をしている水中写真家だ。
 本写真展では今まで撮影されたレックの展示が中心となる。今回展示される内容には、終戦後にアメリカ軍によって横須賀で接収され、核実験の標的艦としてビキニ環礁の海底に眠ることになった戦艦「長門」や、横須賀海軍工廠で建造され、現在は同市・ヴェルニー公園にその主砲が展示されている戦艦「陸奥」の現在の海底での姿など、かつて、日本海軍の鎮守府が設置されていた横須賀の地に縁のある艦船も含まれるという。
 夏に開催された東京での同展示では、「レックダイビングをやりたい!」「潜ってみたい」などのコメントが寄せられたそう。11月18日(日)には戸村さん本人によるトークイベントも開催されるので、ぜひ観に行ってみよう。

<写真展概要>
開催期間:2018年10月20日(土)~2019年1月31日(木)
    ※12月28日から31日は休艦日
    ※開館時間 10月 9:00~17:00、 11月~1月 9:00~16:30
会場:記念艦「三笠」艦内特設展示場
入場料:一般600円
    シニア(※65歳以上)500円
    高校生300円
    小・中学生無料
    障碍者:200円(介護者2人まで)

<戸村裕行さん本人によるトークイベント>
2018年11月18日(日)13:30~14:30(13時開場)
会場:記念艦「三笠」艦内講堂
※申込不要・参加無料

戸村裕行 公式HP
写真展詳細はこちら

零式水上偵察機(パラオ)

零式水上偵察機(パラオ)

富士川丸船首(チューク)

富士川丸船首(チューク)

トップページへ戻る