ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

海も陸もたっぷり満喫!
初めてのニューカレドニア・ヌメア

海も陸もたっぷり満喫! 初めてのニューカレドニア・ヌメア

南仏の匂い香るニューカレドニア。おしゃれな街並みにうっとり、でも海はブラックマンタにキラキラ固有種と、ダイナミック&ファンタジック! 朝から晩まで楽しいニューカレドニアの過ごし方をここでCHECK!

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • AQROS
  • 伊豆半島500円引きWEBクーポン
  • 海島ツアー
  • スタッフ募集

新体制! 3ダイブで満喫ダイビング

「アリゼ」と呼ばれる貿易風の影響で午前中2ダイブが定番だったニューカレドニアのダイビング。だが2016年4月から待望の3ダイブ体制がスタート! とはいっても朝が早いので夕方早い時間にはホテルに戻ってゆっくり過ごせるスケジュール。時間を追って見てみよう。

7:00 ホテルにピックアップ

ヌメアの朝は早い。だいたい7:00頃にホテルに迎えが来る。ヌメア地区から船が出航するオルフェリナ湾まではだいたい10~20分程度で到着する。

《アリゼ》はニューカレドニア唯一の日本人経営ダイビングサービス。水着を着て、ホテルの玄関やロビーでお迎えを待とう

《アリゼ》はニューカレドニア唯一の日本人経営ダイビングサービス。水着を着て、ホテルの玄関やロビーでお迎えを待とう

8:30 ダイビング1本目

ゲストが集合したらいざ出航! ヌメアから行くダイビングスポットは20~60分程度。タンクは用意してくれるので、自分でセッティングして(お殿様&お姫様スタイルではない)準備をしておこう。

ボートのステップに下りてジャイアントスタイルでエントリー。後ろからも人が来るのですぐにそばを離れるようにしよう

ボートのステップに下りてジャイアントスタイルでエントリー。後ろからも人が来るのですぐにそばを離れるようにしよう

10:30 ダイビング2本目

休憩をしたら2本目へ。ニューカレドニアといえば世界屈指のブラックマンタの生息地。流れがないときには初心者でも行けるので、行きたい人はぜひリクエストしてみて。

ブラックマンタの遭遇率が一番高いのは「パス・ドゥ・ブーラリアウト」

ブラックマンタの遭遇率が一番高いのは「パス・ドゥ・ブーラリアウト」

11:30 ランチタイム♪

楽しいランチのお時間! さすがフランス領、ニューカレドニアはフランスパンがかなりおいしいのだが、《アリゼ》でのランチももちろんフランスパンのサンドウィッチ。1人1本、結構大きいのでお腹いっぱいに!

船の2階デッキの上で食べると気持ち良くておいしさも倍増。それにしてもローカルがフランスパンを持つと絵になること……

船の2階デッキの上で食べると気持ち良くておいしさも倍増。それにしてもローカルがフランスパンを持つと絵になること……

13:00 ダイビング3本目

ランチを食べたらオプションで3本目のダイビングへ。3本目はメトル島の付近で潜るのが定番。風を避けてスポットを選ぶ。

「セシュ・クロワッサン」「テパバ」「タートル・スポット」などのスポットを潜ることが多い3本目

「セシュ・クロワッサン」「テパバ」「タートル・スポット」などのスポットを潜ることが多い3本目

14:45 帰港&ログづけ

港に戻ったら器材の片づけを。船の前に水が溜められた桶があるのでそこで洗って、レンタル品は返却。ログづけは港にある《アリゼ》のお店にて。

自分で使ったものは自分で洗おう!

自分で使ったものは自分で洗おう!

晴れた日にはお店の外にテーブルとイスを並べてログづけをする

晴れた日にはお店の外にテーブルとイスを並べてログづけをする

16:00 ホテルに戻る

どんなにゆっくりしても、16:00頃にはホテルに戻れるスタイル。シャワーを浴びて着替えたら、ショッピングやサンセットを見に街へ繰り出そう!

バスやタクシーに乗ってヌメアの中心街に行くのもあり、アンスヴァタ地区滞在なら徒歩でビーチに行くのもあり

バスやタクシーに乗ってヌメアの中心街に行くのもあり、アンスヴァタ地区滞在なら徒歩でビーチに行くのもあり

夕方~夜はヌメアを散策

ゆっくりシャワーを浴びてもサンセットには十分間に合うダイビングスケジュール。その前にショッピングでお土産を買ったり、ビーチでくつろいだり。夜にはおいしい地元料理を! 素敵なバーで一杯、なんていうのもいい感じ。

素敵なビーチがそここに

ヌメアにはアンスヴァタビーチ、シトロン湾などのビーチや、オルフェリナ湾などヨットがたくさん並んだハーバーがいくつもある。ビーチではローカルが日光浴していたりマリンスポーツをしていたり。日本にはない、見ているだけでうっとりな光景がたくさん見られる。

季節は日本と反対で冬もあるが、年間平均気温は24度程度と温暖な気候。こうしてのんびりくつろぐローカルがうらやましい

季節は日本と反対で冬もあるが、年間平均気温は24度程度と温暖な気候。こうしてのんびりくつろぐローカルがうらやましい

ショッピングを楽しむ

ヌメア市街地・サントルヴィルでフランス仕込みのコスメを見たり、シトロン湾沿いではアクセサリーやリゾートワンピなどが格安で買えたり、話題のアイスクリームを食べてみたり。明るいうちに積極的に動いてみて。

海の生物や国鳥・カグーのイラストが描かれていたりなどかわいらしい切手を取り扱う《カレドスコープ》。切手モチーフのお土産もたくさん

海の生物や国鳥・カグーのイラストが描かれていたりなどかわいらしい切手を取り扱う《カレドスコープ》。切手モチーフのお土産もたくさん

ローカルの台所、スーパー《カジノ》では新鮮な魚介類を発見。特に中央のエビは「天使のエビ」と言われ絶品

ローカルの台所、スーパー《カジノ》では新鮮な魚介類を発見。特に中央のエビは「天使のエビ」といわれ絶品

美しい夕日を見る

水平線に沈む夕日を平地で見るだけでも美しいのだが、ヌメアにはウエントロの丘など高台が多く(坂も多い)美しい夕日を望むことができるスポットがたくさんある。ぜひ時間を合わせて絶景を見てほしい。

ヴィーナスの丘から望む夕日。ポートモゼル港がオレンジに染まり、さらにロマンチックな光景に

ヴィーナスの丘から望む夕日。ポートモゼル港がオレンジに染まり、さらにロマンチックな光景に

おいしいディナーを堪能

ニューカレドニアは日本と同じ島国。海に囲まれているのでもちろん魚介類がおいしい! フレンチやイタリアンをはじめ、中華、和食とバラエティあふれる食事が食べられるが、滞在中少しは贅沢をして絶品海鮮料理を堪能して。

アンスヴァタビーチ沿いにある《ヌバラ・パーク・ホテル》内にある《マヌイア》ではボリュームたっぷりのシーフードプレートが名物

アンスヴァタビーチ沿いにあるホテル《ヌバタ》に隣接する《マヌイア》ではボリュームたっぷりのシーフードプレートが名物

海沿いのバーで一杯

地元の若者に人気、ちょっと大人な雰囲気などヌメアにはいくつかバーがあり、観光客の姿もよく見られる。地ビールの「マンタ」はすっきりとした味で定番。おしゃれなカクテルを片手に語らうのも素敵な時間。

シトロン湾沿いにある《MVラウンジ》にて、夕焼けをバックに一杯。聞こえてくる波の音も相まってロマンチックなひと時に

シトロン湾沿いにある《MVラウンジ》にて、夕焼けをバックに一杯。聞こえてくる波の音も相まってロマンチックなひと時に

2つの超お得なキャンペーン実施中!

①カグーのビーチBAGをもらっちゃおう
 「パシフィック・ハート・キャンペーン」実施中

キャンペーン期間2016年10月1日~2017年3月31日

ニューカレドニア観光局》では、2016年10月より「パシフィック・ハート・キャンペーン」を実施する。キャンペーン対象ツアーをご購入の方(先着8,000名)に、ニューカレドニアの国鳥であるカグーのイラストが描かれた特製ビーチバッグをプレゼント(3月31日出発分まで。大人料金1名分につきビーチバッグ1個)!

プレゼント対象ツアーの詳細につきましては、キャンペーンサイトをご確認ください。

ボートは自社か複数ショップでの乗りあい。スタッフが丁寧にブリーフィングしてくれるから安心

②ニューカレドニア往復航空券&SASのダイビングフル器材が当たる!
「マイ器材を持ってニューカレドニアに行こう」

応募締め切り:2016年11月末

成田&関空~ヌメアまで唯一の直行便を運航する《エア・カレドニア・インターナショナル(エアカラン)》とダイビング器材ブランド「SAS」のコラボ企画。クイズに答えてニューカレドニア往復航空券+SASダイビングギアフルセットを当てよう! 月刊『マリンダイビング』2016年6月号~12月号に付いているアンケートはがきにクイズの答えを書いて応募(締め切りは2016年11月30日必着)。クイズの問題やキャンペーン詳細は『マリンダイビング』2016年6月号~12月号をご参照。

ウエットスーツ、3点セット、レギュレーター類、BC、ブーツ、フィンとニューカレドニアまでの往復航空券をプレゼント!
トップページへ戻る

関連書籍Book concerned

2016年9月号

2016年9月号

La SCUBA ラ・スクーバ Vol.1

La SCUBA ラ・スクーバ Vol.7

世界のダイビングBOOK

La SCUBA ラ・スクーバ Vol.5

2015年10月号

2016年8月号

2015年6月号

2016年6月号

2015年4月号

2015年12月号

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • 久米島観光協会
  • オリオン
  • AQROS
  • マリンダイビングフェア2019
  • MDShop Amazon
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • おすすめダイビングツアー
  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビングクラブ
  • 海のBooks&Goods
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • マリンダイビングフェア2019
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント