ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

新たな魅力を発見!
エリア別にみる 宮古島

新たな魅力を発見! エリア別にみる 宮古島

宮古島というと、地形スポットというイメージを持つ人が多いかもしれない。
もちろん、宮古島の神秘的な地形スポットは世界に誇るバリエーションと美しさを持つ。
しかし、私たちがまだまだ知らない世界がそこにはあるのだ。
今回は、伊良部島&下地島エリア、高野エリア、南海岸エリア、八重干瀬エリアの4エリアごとに宮古島の新たな魅力を探る!
撮影協力/ソニーアクションカム

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • AQROS
  • 伊豆半島500円引きWEBクーポン
  • 海島ツアー
  • スタッフ募集

バリエーション豊富な海!
まだまだ知らない顔がいっぱい!?

宮古島のダイビングエリア

宮古島は大きく分けると4エリアにわかれており、宮古本島の西側に位置する伊良部島・下地島エリア、北側に位置する八重干瀬エリア、東側に位置する東海岸エリア(高野エリア)、南側に位置する南海岸エリアとなる。季節や風向きなどによって、潜れるエリアも異なるが、宮古島のいいところは、どのような風向きでもどこかが必ず島影になり、一年を通してダイビングを楽しめるところ。また、サンゴが隆起してできた宮古島は、川と呼べる川がほとんどない。つまり、雨が降っても赤土などが流入しづらく、透明度の高い“宮古ブルー”を味わうことができる。

入り江に遊歩道や、多目的広場があり、スノーケルスポットとしても親しまれるイムギャーマリンガーデン。丘の上にある展望台からは美しいサンゴ礁の海を見渡せるとあって人気の場所

入り江に遊歩道や、多目的広場があり、スノーケルスポットとしても親しまれるイムギャーマリンガーデン。丘の上にある展望台からは美しいサンゴ礁の海を見渡せるとあって人気の場所

撮影/エミナマリン

琉球石灰岩でできた地形なので、洞窟のなかでダイバーの吐いた泡が、まるでジャクジーのように地上へ湧き出る。泡に巻かれながら地上に出る瞬間も最高に気持ちがいい

豊富なスポットの数々

伊良部島&下地島エリア

スネークホール&ハナダイの根

“スネークホール”の名の通り、ヘビのようにくねった洞窟を進むと、顔を出せるエアドームが! 聞こえてくるのは波音のみ、天井には水の揺らぎが写り、幻想的な世界観を体感できる。沖合側では、カラフルな魚たちが乱舞する“ハナダイの根”を堪能しちゃおう。

クロスホール

穴を見下ろすと、亀裂の形が十字架に見えることからこの「クロスホール」という名が付いた夏におすすめの地形スポット。穴の入り口から横に進んだ先の部屋には、美しい光が射し込む。穴の外にはアカヒメジたちが群れる。

撮影協力/Fish a go go!

神秘的な洞窟のシーンからの、ハナダイの色鮮やかさは見どころ! 宮古島の海をいいとこ取り♪

高野エリア

エビ天

水深17~20m付近に小さな根があり、ミノカサゴやなどの沖縄らしいカラフルな魚たちが乱舞する。根に開いた小さな穴の中を覗けば、スポット名の由来ともなったソリハシコモンエビやミカヅキコモンエビなどがぐっちゃり。

ロックII

根が階段状に深場へと3つ連なり、根のトップは水深20㍍、ボトムは40㍍ほど。エントリーすると、バラクーダやギンガメアジなど大物回遊魚がお出迎え。そのワイルドな景色に見とれていると、キンメモドキの群れが横切り……その魚群の濃さは奥を泳ぐ回遊魚が見えないほど。

撮影協力/タイムマリン宮古島

アクションカムを使って、根に開いた小さな穴を覗いてみると……ソリハシコモンエビがいっぱい! かな~り近寄っても逃げないので、撮りがいがある

南海岸エリア

ミャーグンイナウ

サンゴを楽しみたいならここ! 宮古で一番の大きさを誇るアザミサンゴや、見渡すかぎり一面に広がるサンゴ礁は圧巻。水深も6~13mと浅く、水面がキラキラと輝いていてとっても綺麗。体験ダイビングやビギナーにもおすすめ。

フタニーホール

水深10mほどに広がるサンゴ礁を通り、ぽっかり空いた穴を潜りぬけるとダイナミックなホールが現れる。真上に光が射し込む11~13時くらいの時間帯を狙えば、光のカーテンの美しさを体感できる地形スポット。

撮影協力/DIVE 宮古島

どこを切り取っても、元気なサンゴだらけ! まさに楽園そのもの。巨大なアザミサンゴや、光が射し込む洞窟にも注目

八重干瀬エリア

ユラビジ

八重干瀬のなかでも、魚の数がダントツで多いともいわれている。ウミガメの寝床にもなっており、サンゴの周りにキンギョハナダイや、スズメダイが群れる景色は、どこを見渡してもカラフルな色が目に入る贅沢な癒し空間。

ハナダイアーチ

アカネハナゴイやキンギョハナダイなどの色鮮やかな魚がアーチを囲うように群れている。アーチの水深は10mほど。天気のいい日は、その隙間から、透明度バツグンの“八重干瀬ブルー”を体感できる。

撮影協力/Fish a go go!

池間大橋の下をくぐってたどり着いたのは八重干瀬。見上げれば満天のキンギョハナダイ! 宮古一の癒し空間で潜った後は、おいしいランチで心も体も大満足

アフターダイビングは
ここがおすすめ!

2015年の1月に開通したばかりの伊良部大橋は、長さ3540mの橋で、無料で通行できる橋として日本一の長さ。島と島を結ぶ橋なので視界を遮るものがなく、コバルトブルーの海が見渡せる。伊良部島に沈む夕日も素敵♪

まだまだ海で遊びたい!という人には、スノーケルなどのマリンスポーツも楽しめる与那覇前浜ビーチがおすすめ。その美しさは東洋一ともいわれ、昨年の「ダイブ&トラベル大賞2016」では、ベストビーチ部門に第2位に選ばれるほどの人気。

宮古島フォトコンテスト2016開催決定!

今年は審査員にむらいさちさんを迎え、「宮古島フォトコンテスト2016」を開催。グランプリには、参加店共通ダイビング金券10万円分など豪華賞品も♪ 詳細は「宮古島フォトコンテスト」HPへ!
■応募期間:2016年10月1日~10月20日の20日間
■応募条件:2015年11月1日~2016年10月10日の間に参加サービスで撮影された写真

参加サービスはこちら!(7/31現在)

  • アイランドエキスパート
  • アクアスター
  • アクアストーリー
  • 伊良部島観光ガイドゆうむつ
  • インカディいらぶじま
  • エミナマリン
  • カピリナ
  • カラカラ先生のダイビングスクール宮古島
  • サマーパーティー
  • タイムマリン
  • 24°NORTH
  • Fish a go go!
  • ブルーフォレスト
  • ブルースペース
  • マナファクトリー
  • マリンサービスMIYAKO
  • MARINE SHOP IRAFU
  • マリンズプロ宮古
  • マリンハウス ホロホロ
  • マールプロモーション
  • 宮古島潜水
  • 山本大司潜水案内
トップページへ戻る

関連書籍Book concerned

2016年9月号

2016年9月号

2015年9月号

2015年9月号

2014年11月号

2014年11月号

2013年7月号

2013年7月号

沖縄ダイビングガイド2016

沖縄ダイビングガイド2016

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • 久米島観光協会
  • オリオン
  • AQROS
  • マリンダイビングフェア2019
  • MDShop Amazon
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • おすすめダイビングツアー
  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビングクラブ
  • 海のBooks&Goods
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • マリンダイビングフェア2019
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント