ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

LINE Facebook Twitter Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE

「GULL」のフィンが世界中のダイバーに
愛されている理由
―スキンダイビング用・スーパーソフトミュー登場―

「GULL」のフィンが世界中のダイバーに愛されている理由 ―スキンダイビング用・スーパーソフトミュー登場

ダイビング器材の「定番」を次々と生み出していくダイビングメーカー《株式会社キヌガワ(GULL)》。フィンの定番と言えば「MEW(ミュー)」シリーズ。2019年夏、GULLからスキンダイビング用のフィンが発売された!

ゴムメーカーから誕生したからこその
「ラバー(ゴム)」へのゆるぎなきこだわり

誰もが知るGULLはゴムメーカーから誕生した

GULL

現在の《株式会社キヌガワ(GULL)》は、日本有数のゴムメーカーである《鬼怒川ゴム工業》が発端。1955年、水中スポーツ用品の販売を担うために独立したのが《鬼怒川商事》。さらに1967年《鬼怒川パシフィック》へと社名を変更し、きたる1983年、ダイバーであれば耳にしたことがない人はいないブランドGULLが誕生した。

こだわり1
ラバー(ゴム)フィン
トップクラスの人気を誇るGULLフィン

普段から使用しているマスク、フィンなどのダイビング器材には多くのラバー(ゴム)素材が使用されている。人気ブランドGULLでは、半世紀以上ゴムにかかわり、加工の難しい天然ゴムにこだわりを持つ《鬼怒川パシフィック株式会社》(製造元)の「KINUGAWAラバー」を使用している。高レベルな加工技術で作られたラバーを用いたダイビング器材は、国内だけでなく世界中から確固たる信頼を得ているからこそ、市場においてラバーフィンのトップブランド”GULL”として広く愛用されている。

こだわり2
GULLのフィンは「速く」「しっかり」
「疲れない」。その技術とは?

GULLのフィンは、「早く泳ぐ」「しっかりとした蹴り心地」「女性でも疲れない」など目的別に選ぶことができるフィンが揃っている。それを可能にしているのは、天然ゴム特有の性質を理解し、フィンの特性に合わせたゴムを配合する知識と技術。気温や水温の寒暖差も考慮し、長年の実績とノウハウに裏打ちされた開発力を注ぎ込むことで、より高品質で耐久性の高いフィンがダイバーの手元に届いている。

こだわり3
実は「カラーバリエーション」も技術の賜物

フィンを選ぶ楽しみの1つがカラー。好きな色をカスタマイズしてダイビング器材をコーディネートできるのもGULLの技術があってこそ

フィンを選ぶ楽しみの1つがカラー。好きな色をカスタマイズしてダイビング器材をコーディネートできるのもGULLの技術があってこそ

フィンを選ぶとき「何色がいいかな~?」と選んだダイバーも多いのではないだろうか。実は「天然ゴムに色を着ける」というのは非常に難しく、これを可能にしているのもゴム製品製造会社の歴史と技術、そしてメーカーとしてのこだわり。GULLのフィンには積み重ねられてきたノウハウがたくさん詰め込まれている!

ダイバーだけでなく「海を好きなすべての人」が
海を全力で楽しめるフィンが新登場

最注目! スキンダイビング用フィン
「スーパーソフトミュー」

ついにGULLより「スキンダイビング用」のフィンが開発・発売された。これでより多くの海好きが楽しめる

ついにGULLより「スキンダイビング用」のフィンが開発・発売された。これでより多くの海好きが楽しめる

スキンダイビングユーザーの声を聞いて開発に着手

「ミュー」はもともと、スクーバダイビング・スキンダイビングともに根強い人気のあるフィン。しかし、タンクを背負わないスキンダイビングでのみ使用するには若干硬く感じるというユーザーの声を聞いたGULLでは「より快適なスキンダイビングができるように、特化させたフィンを作ろう」と開発に着手した。

スキンダイビング基準の
「ちょうどいい」を徹底研究!

スキンダイビングにちょうど良いフィンは何なのか、さまざまな硬さのミューフィンを作り、スキンダイビング(水面遊泳、垂直潜水&浮上)を繰り返し行い、スキンダイビングに適したフィンを研究。そして完成したのが、足への負担も少なくし、楽に推進力を得られるよう設計された「スーパーソフトミュー」。ブレード部分は足が疲れないように軽い蹴り心地を得られるソフトなつくりに。かといって柔らかすぎてはフィンの機能性が損なわれてしまうので、リブやソール部分はある程度の硬さをキープすることで推進力を確保。まさに、「ミュー」の形状と「スーパーミュー」のハイブリッド技術で完成したまったく新しいフィンが発売された。

新製品 SUPER SOFT MEW

SUPER SOFT MEW

SUPER SOFT MEW(スーパーソフトミュー)
¥13,000+税
■カラー
ホワイト(White)・ホワイト × ローズピンク(White × R Pink)・ホワイト × ネオンブルー(White × NE Blue)
■サイズ
S・MS・M・L・XL
※ホワイト × ローズピンク(White × R Pink)は、S、MS、Mのみ
※ホワイト × ネオンブルー(White × NE Blue)は、S、MS、Mのみ

日本人のためのモノづくり。
多種多様なGULLのフィンたち

日本人の足に合うフィンを作りたい!
原点「ミュー(MEW)」フィンの誕生

初心者や上級者からインストラクターまで幅広いダイバーが使いやすいオールラウンドなフィン。サイズ展開も豊富

初心者や上級者からインストラクターまで幅広いダイバーが使いやすいオールラウンドなフィン。サイズ展開も豊富

ダイビングが日本に入ってきた当初使用されていた海外製フィンは、幅が細めで、甲の高さも日本人にとっては充分と言えない形状をしていたため、フィット感はイマイチ。足に合わないフィンは擦れや筋肉の過剰な疲労などを引き起こし、場合によっては安全性を損なう可能性だってある。そこで「日本人に合う日本製のフルフットラバーフィンを作りたい!」という熱い思いから、日本人の足の長さや幅、甲の高さなどを研究し、日本人ダイバーのために誕生したのがこの「ミュー」。男性はもちろん、女性の脚力に合ったブレードのデザイン、やわらかさが多くのダイバーにウケ、約40年経つ今でもダイバーに愛されるロングセラー商品となった。

超長いラバーフィンを作ってやろう!
遊びから始まった「バラクーダ」

スクーバダイビング・スキンダイビングのエキスパート向けの世界最長ロングブレードラバーフィン。

スクーバダイビング・スキンダイビングのエキスパート向けの世界最長ロングブレードラバーフィン

「ミュー」や「ワープ」の性能を超えるロングフィンをテーマに開発された「バラクーダ」。これまで主流だったロングフィンの素材ではなく、世界初のラバー製のロングフィンの製造に挑戦し完成した。脚力のあるダイバーやガンガン泳ぎたいダイバー、流れが強いスポットで活躍!

超人気ロングラバーフィン
「バラクーダ」誕生秘話

ダイバーの要望にもっと応える商品を!
原点「ミュー」を派生させた商品展開

注目1
瞬発力・力強さを向上したフルフットフィン「スーパーミュー」

蹴り心地と力強さの両方を兼ね備えたフルフットタイプのフィン。脚力が若干必要になるがしっかりとした蹴り心地が特徴

蹴り心地と力強さの両方を兼ね備えたフルフットタイプのフィン。脚力が若干必要になるがしっかりとした蹴り心地が特徴

当時、世に送り出されていたGULLのフィンは「ミュー」「ワープ」「バラクーダ」の3種類。『「ミュー」の蹴り心地、使い心地のまま、「ワープ」のような推進力、パワフルさが欲しい!』というニーズがダイバーの中で大きくなる。そうして誕生したのが「スーパーミュー」。異なるフィンの特徴をミックスさせるという難しいコンセプトであった。そこでダウンキックに特化していた「ミュー」をアップキックでもバランスが取れるように設計し直し、ブーツ使用を前提としたフットポケットに改良。また、独自のゴム配合により、部分的にゴムの硬度を変えることにも成功。これにより、「ミュー」と同じ形状でも、しなり具合やパワフルさが進化したフィンが誕生する。

注目2
ドライスーツでも同じ性能のフィンを!
「ストラップフィン スーパーミューXX」

フルフットフィンのようなフィット感はGULL史上最高のストラップフィン

フルフットフィンのようなフィット感はGULL史上最高のストラップフィン

このフィンが開発される前のGULLのストラップフィンと言えば「マンティスドライフィン」がメインだった。フルフットフィンのラインナップに比べて、GULLにはストラップフィンの種類が少ない……。「新製品を!」とアイデアを練っていたところ、発売直後の「スーパーミュー」が大好評であることに注目。「この蹴り心地を、ストラップフィンでも再現できないだろうか」と開発された。ストラップフィンはドライスーツでの使用、初心者ダイバーの利用率も高いことを考慮し、ブレードの長さや、ラバーの硬度を調整。フルフットフィンのようなフィット感を実現するべく、ソールにも工夫が施されており、GULL史上最高のフィット感を持ったストラップフィンが誕生した。

注目3
生まれて初めてのフィンでも安心を!
「ミュー・サイファー」

初めてフィンを扱う人が使いやすいことを念頭に開発されたフィン。カラーバリエーションも豊富

初めてフィンを扱う人が使いやすいことを念頭に開発されたフィン。カラーバリエーションも豊富

フルフットフィンの「ミュー」のように、初心者から扱いやすいオールラウンドのストラップフィンを作ろうと、世に送り出されたのが「ミュー・サイファー」。初めてフィンを履く人や、最近足が疲れやすくなってきたという方にぜひオススメのフィン。
「軽い蹴り心地でも推進力が得られるように」「初めてフィンを履く人が正しいフィンキックを覚えられるように」と、ブレード全体は短くしつつも、しっかりと水をホールドするために先端が丸く出っ張っている。ブレードが短い分、足への負担も小さく、小回りもききやすいし、疲れにくい。小回り・取り回しのよさは、フォト派ダイバーやテックダイビングに求められる要素でもあるのでまさに、「誰でも」使いやすいストラップフィン。

GULLが目指すものは!!

海好きスタッフたちが掲げた
「世界一のダイビング器材を作る!」
というスローガンは現実に

海を愛していたスタッフは、毎週伊豆に通いダイビングに興じていた。そんなスタッフたちが掲げた一大スローガンは「世界一のマスク、フィン、スノーケルをつくる!」。GULLでは企画から製造まですべての工程を東京に集約させて、いち早く行動できる体制が整っている。ダイビング時の器材トラブルはダイビングに悪影響をもたらすが、軽減することができればダイビングをより楽しく、快適にできる。一切妥協しないモノづくりがこれを実現している。

さまざまな商品ラインナップは海で
全力で遊べる“道具”を提供し続けるため

GULL

スクーバダイビング、スキンダイビング、スノーケリングなど、陸とは異なる環境でのアクティビティをより安全に、そして全力で楽しんでほしいという信念から、様々な製品開発がされている。「日本人に合ったフィンを」という思いから発売されたロングセラー「ミュー」。そこからダイバーの細かいニーズに合わせてラインナップが増えて、今年、ダイバーに限らず「海を楽しんでいるすべての人」のために新製品「スーパーソフトミュー」が開発された。これからもGULLの製品へのあくなき探究心はとまらない。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE
トップページへ戻る

関連書籍Book concerned

「マリンダイビング」最新号

「マリンダイビング」最新号

「LaSCUBA」vol.12

「LaSCUBA」vol.12

DIVING スタート&スキルBOOK2020

DIVING スタート&スキルアップ2020