ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

Marine Diving web

Fromスタッフ2020.07.17

担当:『マリンダイビング』編集長 後藤ゆかり
10日に発売された2冊、もう購入されました?

令和2年7月豪雨で甚大な被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。
お手伝いしたいのはやまやまなのですが……、復旧するまでにまだまだ時間がかかると思います。
住民の皆さま、くれぐれも熱中症などにかからないよう頑張ってください。ボランティアの皆さまもくれぐれもお気をつけください。

ということで、ご挨拶が遅れました、
『マリンダイビング』編集長のゴット姉さん、こと後藤です。

前回レポートしたように解除後、私はすぐにダイビングに行きましたが、
まだ行っていない、潜っていないという方も多いのでは?
ということで、7月10日発売の『マリンダイビング』8月号には
久しぶりのダイビング♪という方のためのスキルアップおさらい特集が付いています!
また、ダイバーの感染症対策特集も必見です!!

大特集は“今すぐ行きたいそこにある海”。
直行便が再開した石垣島や、東京など関東・東海からすぐ行ける伊豆半島、そして房総半島全9エリア、
そして関西圏や名古屋の皆さま必見の紀伊半島(南紀白浜と南勢)、四国の日和佐をクローズアップ。
行きたい! 行ける!!と思ったらぜひ行けるよう、心の準備をしておきましょう。

ほかにもおもしろくてためになる、役立つ企画が盛りだくさん。まだ読んでいない方はぜひお買い求めを!

また、同じ日には書籍『耳鼻咽喉科領域の潜水医学』(北島尚治先生著)も発売されています!!
こちらは、MD201711月号から201912月号に掲載されていた連載を加筆・修正したもの。
昨年秋ぐらいから準備を始めたのですが、まさかの新型コロナウイルスの影響で、4月の発売予定日が延期に。
かなり心が折れましたが、MDが6・7月合併号になったおかげで、集中的に続きを制作することができました。
内容が専門的なので難解なのですが、例えば、耳に何らかのトラブルを抱えていてお悩みの方は
耳鼻咽喉科にこの本を持参して、見せるとか、
お医者さんにこの本を買って読ませるかしていただくという使い方もあるんじゃないかなと。
対処法のほか、実例もたくさん掲載されているので、本当に困っている方にはとても役立つはずです。

こちらもぜひご購入いただきたいです(こちらは電子書籍がありません)。

ということで、長雨で外に出たくない方は、読書で海や潜水医学の知識を得てはいかがでしょう?

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

※クリックすると、そのカテゴリーの一覧が表示されます

関連書籍Book concerned

マリンダイビング2020年8月号

マリンダイビング2020年8月号

耳鼻咽喉科領域の潜水医学

耳鼻咽喉科領域の潜水医学