年間110万人が訪れるダイビング情報サイト

Marine Diving web

現地の海から2020.10.30

八丈島《オーシャンブルヴァード》発信
2020年初水中クジラが登場!
冬にはホエールウオッチング始動

10月28日(水)、東京都・八丈島のビーチダイビングスポット「ナズマド」で、2020年初水中ザトウクジラが撮影されました! まずは激アツ!なこちらの動画をご覧ください↓

現地ダイビングサービス《オーシャンブルヴァード》代表の加藤太朗さんによると、ファンダイビング中、別の生物を観察していて振り返ったら突然ザトウクジラがいたとのこと! およそ15mの成体で、根の周りをぐるぐる、辺りをうろうろしていて、長い時間観察できたそう。しかも、かなり近い! 「ナズマド」は大物出現率が高いことで大人気のスポットですが、もちろん水中でクジラが見られることは非常にレア。ゲストも全員ばっちり見られたとのことで、羨ましい限りです!

八丈島では2015年冬場からザトウクジラが見られるようになり、昨年12月は陸上からであればほぼ毎日観察できていたほど。今年は10月中旬を過ぎた週からたまに見られ始めたそうで、例年と比べても早く現れ始めました。

《オーシャンブルヴァード》では、2020年12月からホエールウオッチングツアーを開始!
「八丈島では、当店だけです。
お帰りの日の午前、飛行機で帰られる方はダイビングができないので、ぜひホエールウオッチングに参加いただき、より八丈島の海の魅力を知っていただければと思っています。」と加藤さん。

東京・羽田から飛行機で1時間足らずでダイビングもホエールウオッチングも楽しめるなんて、贅沢! 冬も魅力いっぱいな八丈島に、ぜひ遊びに行ってみては?

情報・写真提供:《オーシャンブルヴァード》

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

※クリックすると、そのカテゴリーの一覧が表示されます