年間120万人が訪れるダイビング情報サイト

Marine Diving web

イベント2021.06.28

自然写真家・高砂淳二×環境活動家・武本匡弘
トークセッション「地球の未来を語る」第3回
OCEAN DIALOGUES ~海の今と将来を語る~
2021年7月9日(金)に京橋で開催

自然写真家の高砂淳二さんと環境活動家の武本匡弘さんによるトークセッション「地球の未来を語る」が東京・京橋の《シティラボ東京》で2021年7月9日(金)に開催されます。

昨年2回開催され、3回目を迎える今回は、サステナブル・ブランド ジャパン編集局の小松遥香さんをモデレーターに迎え、「OCEAN DIALOGUES ~海の今と将来を語る~」と題して実施されます。
⇒昨年開催された第2回の模様はこちら

高砂淳二さんは、海をはじめとする地球全体をフィールドとし、自然全体の姿や生き物の繋がり、人との関わり合いなどをテーマに撮影活動を行なっている自然写真家。フォトエッセイ集『光と虹と神話』(山と渓谷社)をはじめ、『PLANET of WATER』『Dear Earth』『night rainbow』ほか著書多数。自然のこと、自然と人間の関係、人間の役割などを、トークショーやさまざまなメディアを通して幅広く伝え続けています。
▶高砂淳二さん公式サイト

武本匡弘さんは、気候変動・海洋漂流ごみ・国際交流を目的に太平洋航海プロジェクトを実施した、環境活動家の第一人者です。2019年には神奈川県・藤沢市に、日本初の「プラスチックフリー・ゼロウエイスト」をコンセプトとしたプロジェクト・ストアー「エコストア パパラギ」を開設。海の素晴らしさ、大切さを広く伝え続けています。
▶エコストア パパラギ

地球の未来をじっくり真剣に考える、貴重な時間になること間違いありません。皆さん、ぜひご参加ください。
※席に限りがあるので、ご予約はお早めに(ソーシャルディスタンスを確保しての開催となりますので、安心してご参加いただけます)

■開催日時:2021年7月9日(金)19:00~20:45 ※18:30開場
■場所:シティラボ東京(東京都中央区京橋3丁目1-1 東京スクエアガーデン6階)
※アクセス:東京メトロ銀座線「京橋駅」3番出口直結、またはJR「東京駅」八重洲南口より徒歩6分
■参加費:2,200円(税込)
■主催:気候危機対策ネットワーク・エコストア パパラギ
■協力:Studio9%、Future Food Japan

※120名収容の会場の約3分の1程度の定員のため、完全予約制となっています。
【お申し込み先】
E-mail:kikoukiki@eco-papa.com

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

※クリックすると、そのカテゴリーの一覧が表示されます