年間120万人が訪れるダイビング情報サイト

Marine Diving web

イベント2021.05.19

オンライン開催!エコ・自然塾
「世界遺産 ガラパゴス諸島の自然・保全・社会〜問題解決に動く現地の子供たちによる島への想い」

2020年9月よりスタートした、カメラマン・道城征央さんによるセミナー「エコ・自然塾」の第4回「世界遺産 ガラパゴス諸島の自然・保全・社会〜問題解決に動く現地の子供たちによる島への想い」が、5月29日(土)に開催されます。

概要

世界自然遺産に登録されているエクアドルのガラパゴス諸島。私も2019年に訪れることができ、雄大な火山の島、多種多様な固有種の生き物を見ることができました。
反面漂着するゴミも多く、我々も現地の人たち(特に子供たちと)と海岸清掃などをおこないました。
なぜガラパゴスはこんなにゴミが多く、そしてそれを解決するためにどう動いているのでしょうか?そこには日本にはない現地の意識の高さをうかがい知ることができました。
今回は私に同行してくれたNPO「日本ガラパゴスの会」事務局長・奥野玉紀様をお迎えして、ガラパゴス諸島の基本知識から問題点とその解決策までをお話ししてもらいます。

ガラパゴス諸島は世界的に有名なダイビングエリアでもあります。
その海を守るため、どのような取り組みが行なわれているのでしょうか。

当日は道城さんによるガラパゴス諸島訪問記のお話(道城さんが撮影されたガラパゴス諸島の自然のお写真も)の後、奥野玉紀さんの講演があり、最後に対談という流れで進む予定です。オンラインでの開催となりますので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか? 参加方法は以下をご確認ください。


道城征央
水中写真を中心に撮影を行なうネイチャーフォトグラファー/フォトジャーナリスト。自然との“共存共栄”をコンセプトに、ミクロネシア連邦での清掃活動「マイクロクリーンアップキャンペーン」を主宰。また、東北の震災以降、「人と自然との関わり合い」をテーマに60回近く「エコ・自然塾」を開催。
道城征央さん オフィシャルサイト


第4回「エコ・自然塾」
日時:2021年5月29日(土)
    15:00~17:00
実施方法:Zoomを使ったオンラインのみでの開催になります。参加表明後、入金をしていただき、その後ZoomのミーティングIDとパスコードをお知らせいたします。
参加費:1,500円/人
参加表明:Facebookイベントページで「参加予定」クリックまたはinfo@ordinaryworld.jpまで。

オンライン参加方法・セミナー詳細はこちら

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

※クリックすると、そのカテゴリーの一覧が表示されます