年間120万人が訪れるダイビング情報サイト

Marine Diving web

Fromスタッフ2021.05.17

春の串本はフォト派必見の生態行動が満載!

本州最南端の町、串本は黒潮の恩恵を受け、生物相豊かな海を楽しめるエリア。今回、『マリンダイビング』の取材でお世話になった《バブルリングダイバーズ》では、ダイナミックな外洋からじっくりマクロを楽しむ内海まで、自社のダイビング専用ボートで串本の海を縦横無尽にガイドしてくれます。

アザハタとキンメモドキの群れは串本を象徴するような水中風景。ワイドレンズを用意して潜りに行こう

アザハタとキンメモドキの群れは串本を象徴するような水中風景。ワイドレンズを用意して潜りに行こう

アオリイカの産卵床も設置され、オス同士の争いやメスが卵を産むシーンなど、生命力を感じる生態を観察できます。ガイドの指示に従ってゆっくり近づけば、近い距離で産卵行動を見ることができます。

アオリイカの産卵はそっと近寄れば、間近で観察できる

アオリイカの産卵はそっと近寄れば、間近で観察できる

春は幼魚が多く見られる季節です。成魚と幼魚で違う模様の魚や、かわいらしい指先サイズの小さな幼魚など、マクロ派にはたまらない季節だと思います。最近のコンパクトデジカメはマクロ機能が充実していますので、ぜひチャレンジしてみてください。

小さなウデフリツノザヤウミウシも見つかるかも

小さなウデフリツノザヤウミウシも見つかるかも

串本で潜ったことのある人も、まだ串本で潜ったことのない人も、今シーズンはぜひ串本で潜ってみてください。
もっと詳しい特集は『マリンダイビング』5・6月合併号をご覧ください。

『マリンダイビング』5・6月合併号の購入はこちらから

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

※クリックすると、そのカテゴリーの一覧が表示されます